BigQuery Data Transfer Service

このドキュメントでは、Google BigQuery Data Transfer Service について説明します。

概要

BigQuery Data Transfer Service は、YouTube、Google AdWords、DoubleClick から BigQuery にデータを自動的に読み込みます。

データ転送の作成は、BigQuery ウェブ UI またはパートナー レベルの REST API で行います。現在、CLI ではデータ転送を作成できません。BigQuery Transfer Service API の使用方法については、BigQuery Data Transfer Service API をご覧ください。

データ転送を設定すると、BigQuery Data Transfer Service がソース アプリケーションから BigQuery への定期的なデータ読み込みを自動的に設定し、スケジュールを管理します。自動的に繰り返されるデータの読み込みに加えて、ユーザーが指定した日付範囲でデータの読み込みを手動でトリガーすることができます。ソース アプリケーションが新しいレポートを追加したり、既存のレポート フォーマットを変更したり、API を更新したりすると、BigQuery Data Transfer Service が変更を反映します。

サポートされるデータソース

現在、BigQuery Data Transfer Service は次のレポートをサポートしています。

データソースからのデータ転送を作成する方法については、以下のいずれかをご覧ください。

サポートされるリージョン

BigQuery と同様に、BigQuery Data Transfer Service はマルチリージョン リソースです。BigQuery Data Transfer Service は、BigQuery と同じリージョンをサポートしています。

BigQuery Data Transfer Service のデータを格納するデータセットを作成する際には、適切なデータのロケーションを選択します。詳細については、BigQuery サービス固有の規約を参照してください。

権限

次の表に、Google BigQuery API IAM の役割と、各役割に含まれている BigQuery Data Transfer Service のすべての権限のリストを示します。

役割 含まれている権限 リソースタイプ
roles/bigquery.user
bigquery.transfers.get プロジェクト
roles/bigquery.admin

bigquery.transfers.get

bigquery.transfers.update

プロジェクト

詳しくは、アクセス制御をご覧ください。

料金

BigQuery Data Transfer Service の料金については、BigQuery Data Transfer Service の料金をご覧ください。

データが BigQuery に転送されると、BigQuery のストレージクエリの標準料金が適用されます。

サポート

BigQuery Data Transfer Service のサポートをリクエストする前に、BigQuery Data Transfer Service の転送設定のトラブルシューティング ガイドをご覧ください。

追加のサポートが必要な場合は、できるだけ多くの詳細を収集してください。

  • エラー メッセージ
  • 関連する画面キャプチャ
  • 失敗した転送実行の実行名([実行履歴] で転送実行をクリックし、[ログメッセージ] セクションの上にある実行名の詳細を確認してください)

サポートをリクエストするには:

  • レポートの権限、設定、フォーマット、コンテンツなど、YouTube、DoubleClick、Google AdWords のレポートに関する問題については、ソース アプリケーションのサポートチームにお問い合わせください。
  • 請求、権限、停止、および一般的な Google Cloud Platform の使用に関する問題については、Google Cloud Support のページをご覧ください。
  • ベータ期間後の BigQuery Data Transfer Service の価格については、Google Cloud 営業担当者にお問い合わせください。

フィードバックを送信...