BigQuery Data Transfer Service

このドキュメントでは、Google BigQuery Data Transfer Service について説明します。

概要

BigQuery Data Transfer Service は、YouTube、Google AdWords、DoubleClick から BigQuery にデータを自動的に読み込みます。

データ転送の作成は、BigQuery ウェブ UI またはパートナー レベルの REST API で行います。現在、CLI ではデータ転送を作成できません。 BigQuery Transfer Service API の使用方法については、BigQuery Data Transfer Service API をご覧ください。

データ転送を設定すると、BigQuery Data Transfer Service がソース アプリケーションから BigQuery への定期的なデータ読み込みを自動的に設定し、スケジュールを管理します。また、日付範囲を指定してデータを読み込み、更新することもできます。ソース アプリケーションが新しいレポートを追加したり、既存のレポート フォーマットを変更したり、API を更新したりすると、BigQuery Data Transfer Service が変更を反映します。

サポートされるデータソース

現在、BigQuery Data Transfer Service は次のレポートをサポートしています。

データソースからのデータ転送を作成する方法については、以下のいずれかをご覧ください。

料金

Google BigQuery Data Transfer Service の料金については、BigQuery Data Transfer Service の料金をご覧ください。

データが BigQuery に転送されると、BigQuery のストレージクエリの標準料金が適用されます。

サポート

BigQuery Data Transfer Service のサポートが必要な場合には、bq-dts-support@google.com までメールをお送りください。できる限り詳細な情報(エラー メッセージ、画面キャプチャなど)を収集し、問題を具体的にご説明ください。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

BigQuery のドキュメント