5 月 26 日に開催される Data Cloud Summit に登録して、データ分析の専門家や組織の変革を行っているお客様による講演をお聴きください。

オープン クラウドを選ぶ理由

Google のオープン クラウドが、迅速に行動して変革を推進するための選択肢、柔軟性、アジリティを提供することで、どのように組織のニーズを満たせるかをご確認ください。

オープン クラウド アプローチでお客様を支援

Google のオープン クラウドは、オペレーション、ガバナンス、さまざまなサービスの進化を Google Cloud が担い、Google Cloud サービスをオンプレミス、複数のパブリック クラウド、エッジなどのさまざまな物理的場所に提供します。Google のオープン クラウド アプローチを利用すると、ソフトウェアの迅速な開発、イノベーションの加速、さらに効率的なスケーリングを実現しながら、テクノロジー リスクを軽減できます。

#1

CNCF オープンソース プロジェクトへの貢献

出典: Stackalytics

オープンソースでのリーダーシップ

オープン クラウドはオープンソースを基にしています。Google は、Kubernetes、TensorFlow などのプロジェクトから、長い間オープンソースでのリーダーシップを発揮してきました。オープンソースにより、パブリック クラウド プラットフォームの内外に重要なワークロードをデプロイする(さらに、必要に応じて移行する)柔軟性が得られます。

場所を問わない柔軟なアプリの構築と実行

アプリケーションはさまざまな場所にあり、その場所に維持したり、必要に応じて移動したりする自由度が必要なことを Google は認識しています。Anthos は、Google Cloud サービスとエンジニアリング手法をハイブリッド環境やマルチクラウド環境に拡張する最新のアプリケーション プラットフォームです。ポータビリティを持たせることで、アプリケーションを迅速にモダナイズし、アプリ間の動作の一貫性を確立します。

インフラストラクチャとデータの自律性と管理性

インフラストラクチャとデータを全面的に制御しつつ、どこでも Google Cloud のテクノロジーを利用できます。オープン クラウドは、主権のニーズを満たしながら、レガシーとクラウド ネイティブのすべてのアプリを管理できるようにします。この自律性と管理性により、規制やポリシーの要件を満たす完全な管理者としてのユーザーの立場が保たれます。

パートナー エコシステムを支持する

オープン クラウドは、パートナーと競合するのではなく、パートナー エコシステムを支持しています。この点を踏まえ、Google は Google Cloud に緊密に統合されているパートナーが運用するマネージド オープンソース サービスを提供し、管理、請求、サポート全体でシームレスなユーザー エクスペリエンスをお届けします。これにより、企業のお客様はオープンソース テクノロジーを簡単に活用できるようになります。

MongoDB、Elastic、GitLab を使用したロゴ ロックアップ