Amazon S3 転送

BigQuery Data Transfer Service for Amazon S3 を使用すると、Amazon S3 から BigQuery への定期的な読み込みジョブを自動的にスケジュールし、管理できます。

始める前に

Amazon S3 転送を作成する前に:

制限事項

Amazon S3 転送には、次の制限があります。

  • 現時点では、Amazon S3 URI のバケット部分はパラメータ化できません。
  • Write disposition パラメータを WRITE_TRUNCATE に設定した Amazon S3 からの転送では、実行のたびに一致するすべてのファイルが Google Cloud に転送されます。これにより、追加の Amazon S3 の下り費用が発生する場合があります。実行時に転送されるファイルの詳細については、接プレフィックス マッチングまたはワイルドカード マッチングの影響 をご覧ください。
  • AWS GovCloud(us-gov)リージョンからの転送はサポートされていません。
  • Amazon S3 のソースデータの形式によっては、追加の制限が適用される場合があります。詳細については、次のトピックをご覧ください。

  • 定期的な転送の最小間隔は 24 時間です。デフォルトの定期的な転送間隔は 24 時間です。

必要な権限

Amazon S3 転送を作成する前に:

  • 転送を作成するユーザーに、BigQuery で必要な次の権限が付与されていることを確認します。

    • bigquery.transfers.update(転送を作成する権限)
    • bigquery.datasets.getbigquery.datasets.updateの両方(ターゲット データセットに対する権限)

    bigquery.transfers.update 権限、bigquery.datasets.update 権限、および bigquery.datasets.get 権限は IAM 事前定義ロール bigquery.admin に含まれています。BigQuery Data Transfer Service での IAM ロールについて、詳しくはアクセス制御をご覧ください。

  • 転送を有効にするために必要な権限が構成されたことを確認するには、Amazon S3 のドキュメントをご覧ください。少なくとも、Amazon S3 ソースデータには AWS 管理ポリシー AmazonS3ReadOnlyAccess が適用されている必要があります。

Amazon S3 データ転送を設定する

Amazon S3 データ転送を作成するには:

コンソール

  1. Google Cloud コンソールの [BigQuery] ページに移動します。

    [BigQuery] ページに移動

  2. [転送] をクリックします。

  3. [転送を作成] をクリックします。

  4. [転送の作成] ページで、次の操作を行います。

    • [ソースタイプ] セクションの [ソース] で、[Amazon S3] を選択します。

      転送のソース

    • [転送構成名] セクションの [表示名] に、転送名(例: My Transfer)を入力します。転送名には、後で修正が必要になった場合に簡単に識別できる任意の名前を使用できます。

      転送名

    • [スケジュール オプション] セクションで:

      • [繰り返しの頻度] を選択します。[時間]、[]、[]、[] を選択する場合は、頻度も指定する必要があります。[カスタム] を選択して、より具体的な繰り返し頻度を作成することもできます。[オンデマンド] を選択した場合、この転送は手動で転送をトリガーした場合にのみ実行されます。

      • 必要に応じて、[すぐに開始可能] を選択するか、[設定した時刻に開始] を選択して開始日と実行時間を指定します。

    • [転送先の設定] セクションの [宛先データセット] で、データを保存するために作成したデータセットを選択します。

      転送データセット

    • [データソースの詳細] セクションで、次の操作を行います。

      • [Destination table] に、BigQuery でデータを保存するために作成したテーブルの名前を入力します。宛先テーブルの名前では、パラメータがサポートされています。
      • [Amazon S3 URI] に、s3://mybucket/myfolder/... の形式で URI を入力します。URI でもパラメータがサポートされています。
      • [Access key ID] に、アクセスキー ID を入力します。
      • [Secret access key] に、シークレット アクセスキーを入力します。
      • [ファイル形式] で、データ形式を選択します。JSON(改行区切り)、CSV、Avro、Parquet、ORC のいずれかを選択できます。
      • [Write Disposition] で、次のいずれかを選択します。

        • WRITE_APPEND: 既存の宛先テーブルに新しいデータを段階的に追加します。WRITE_APPEND は [書き込み設定] のデフォルト値です。
        • WRITE_TRUNCATE: 各転送の実行時に宛先テーブル内のデータを上書きします。

        BigQuery Data Transfer Service が WRITE_APPEND または WRITE_TRUNCATE を使用してデータを取り込む方法の詳細については、Amazon S3 転送のデータ取り込みをご覧ください。writeDisposition フィールドの詳細については、JobConfigurationLoad をご覧ください。

        S3 ソースの詳細

    • [Transfer Options] の [All Formats] セクションでは、以下のように設定します。

      • [Number of errors allowed] に、無視できる不良レコードの最大数にあたる整数値を入力します。
      • (省略可)[Decimal target types] に、ソースの 10 進数値を変換できる、有効な SQL データ型のカンマ区切りのリストを入力します。変換にどの SQL データ型を選択するかは、次の条件によって決まります。
        • 変換に選択したデータ型は、ソースデータの精度とスケールをサポートする次のリスト内の最初のデータ型になります。順序は NUMERIC、BIGNUMERIC、STRING の順になります。
        • リストされたデータ型が精度とスケールをサポートしていない場合は、指定されたリストの最も広い範囲をサポートするデータ型が選択されます。ソースデータの読み取り時に、値がサポートされている範囲を超えると、エラーがスローされます。
        • データ型 STRING では、すべての精度とスケールの値がサポートされています。
        • このフィールドが空の場合、ORC ではデータ型はデフォルトで「NUMERIC、STRING」、その他のファイル形式では「NUMERIC」になります。
        • このフィールドに重複するデータ型を含めることはできません。
        • このフィールドでリストするデータ型の順序は無視されます。

      すべての形式の転送オプション

    • ファイル形式として CSV または JSON を選択した場合、スキーマに適合しない値を含んだ行を許容するには、[JSON, CSV] セクションで [Ignore unknown values] をオンにします。こうすると、不明な値は無視されるようになります。CSV ファイルでは、行の末尾の余分な値も無視されます。

      不明な値を無視

    • ファイル形式として CSV を選択した場合は、[CSV] セクションでデータを読み込むための追加の CSV オプションを入力します。

      CSV のオプション

    • (省略可)[通知オプション] セクションで、次の操作を行います。

      • 切り替えボタンをクリックしてメール通知を有効にします。このオプションを有効にすると、転送の実行が失敗した場合、転送管理者にメール通知が送信されます。
      • [Pub/Sub トピックを選択してください] で、トピック名を選択するか、[トピックを作成する] をクリックしてトピックを作成します。このオプションで、Pub/Sub の転送実行通知を構成します。
  5. [保存] をクリックします。

bq

bq mk コマンドを入力して、転送作成フラグ --transfer_config を指定します。

bq mk \
--transfer_config \
--project_id=project_id \
--data_source=data_source \
--display_name=name \
--target_dataset=dataset \
--params='parameters'

ここで

  • project_id: 省略可。Google Cloud プロジェクト ID を指定します。--project_id で特定のプロジェクトを指定しない場合は、デフォルトのプロジェクトが使用されます。
  • data_source: 必須。データソース amazon_s3 を指定します。
  • display_name: 必須。転送構成の表示名を指定します。転送名には、後で修正が必要になった場合に簡単に識別できる任意の名前を使用できます。
  • dataset: 必須。転送構成のターゲット データセット。
  • parameters: 必須。作成される転送構成のパラメータを JSON 形式で指定します。(例: --params='{"param":"param_value"}')。Amazon S3 転送のパラメータは次のとおりです。

    • destination_table_name_template: 必須。宛先テーブルの名前を指定します。
    • data_path: 必須。次の形式で Amazon S3 URI を指定します。

      s3://mybucket/myfolder/...

      URI でもパラメータがサポートされています。

    • access_key_id: 必須。アクセスキー ID を指定します。

    • secret_access_key: 必須。シークレット アクセスキーを指定します。

    • file_format: 省略可。転送するファイルの種類(CSVJSONAVROPARQUETORC)を指定します。デフォルト値は CSV です。

    • write_disposition: 省略可。WRITE_APPEND は、前回の転送実行後に変更されたファイルのみを転送します。WRITE_TRUNCATE は、前回の実行時に転送されたファイルを含む、すべての一致ファイルを転送します。デフォルトは WRITE_APPEND です。

    • max_bad_records: 省略可。許可する不良レコードの数を指定します。デフォルトは 0 です。

    • decimal_target_types: 省略可。ソースの 10 進数値を変換できる、有効な SQL データ型のカンマ区切りのリスト。このフィールドが指定されていない場合、ORC ではデータ型はデフォルトで「NUMERIC、STRING」、その他のファイル形式では「NUMERIC」になります。

    • ignore_unknown_values: 省略可。file_formatJSON または CSV でない場合は無視されます。データ内の不明な値を無視するかどうかを指定します。

    • field_delimiter: 省略可。file_formatCSV の場合にのみ適用されます。フィールドを区切る文字を指定します。デフォルト値はカンマ(,)です。

    • skip_leading_rows: 省略可。file_formatCSV の場合にのみ適用されます。インポートの対象外にするヘッダー行の数を指定します。デフォルト値は 0 です。

    • allow_quoted_newlines: 省略可。file_formatCSV の場合にのみ適用されます。引用符で囲まれたフィールド内で改行を許可するかどうかを指定します。

    • allow_jagged_rows: 省略可。file_formatCSV の場合にのみ適用されます。末尾のオプションの列が欠落している行を許可するかどうかを指定します。欠落した値には NULL が入力されます。

たとえば、次のコマンドは、data_path の値に s3://mybucket/myfile/*.csv を使用し、ターゲット データセットとして mydatasetCSV として file_format を指定した、My Transfer という名前の Amazon S3 転送を作成します。この例では、file_format の CSV 値に関連するオプションのパラメータとして、デフォルト以外の値を使用しています。

この転送はデフォルトのプロジェクトで作成されます。

bq mk --transfer_config \
--target_dataset=mydataset \
--display_name='My Transfer' \
--params='{"data_path":"s3://mybucket/myfile/*.csv",
"destination_table_name_template":"MyTable",
"file_format":"CSV",
"write_disposition":"WRITE_APPEND",
"max_bad_records":"1",
"ignore_unknown_values":"true",
"field_delimiter":"|",
"skip_leading_rows":"1",
"allow_quoted_newlines":"true",
"allow_jagged_rows":"false"}' \
--data_source=amazon_s3

コマンドを実行すると、次のようなメッセージが表示されます。

[URL omitted] Please copy and paste the above URL into your web browser and follow the instructions to retrieve an authentication code.

指示に従って、認証コードをコマンドラインに貼り付けます。

API

projects.locations.transferConfigs.create メソッドを使用して、TransferConfig リソースのインスタンスを指定します。

Java

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した BigQuery クイックスタートJava の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

BigQuery に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

import com.google.api.gax.rpc.ApiException;
import com.google.cloud.bigquery.datatransfer.v1.CreateTransferConfigRequest;
import com.google.cloud.bigquery.datatransfer.v1.DataTransferServiceClient;
import com.google.cloud.bigquery.datatransfer.v1.ProjectName;
import com.google.cloud.bigquery.datatransfer.v1.TransferConfig;
import com.google.protobuf.Struct;
import com.google.protobuf.Value;
import java.io.IOException;
import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

// Sample to create amazon s3 transfer config.
public class CreateAmazonS3Transfer {

  public static void main(String[] args) throws IOException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    final String projectId = "MY_PROJECT_ID";
    String datasetId = "MY_DATASET_ID";
    String tableId = "MY_TABLE_ID";
    // Amazon S3 Bucket Uri with read role permission
    String sourceUri = "s3://your-bucket-name/*";
    String awsAccessKeyId = "MY_AWS_ACCESS_KEY_ID";
    String awsSecretAccessId = "AWS_SECRET_ACCESS_ID";
    String sourceFormat = "CSV";
    String fieldDelimiter = ",";
    String skipLeadingRows = "1";
    Map<String, Value> params = new HashMap<>();
    params.put(
        "destination_table_name_template", Value.newBuilder().setStringValue(tableId).build());
    params.put("data_path", Value.newBuilder().setStringValue(sourceUri).build());
    params.put("access_key_id", Value.newBuilder().setStringValue(awsAccessKeyId).build());
    params.put("secret_access_key", Value.newBuilder().setStringValue(awsSecretAccessId).build());
    params.put("source_format", Value.newBuilder().setStringValue(sourceFormat).build());
    params.put("field_delimiter", Value.newBuilder().setStringValue(fieldDelimiter).build());
    params.put("skip_leading_rows", Value.newBuilder().setStringValue(skipLeadingRows).build());
    TransferConfig transferConfig =
        TransferConfig.newBuilder()
            .setDestinationDatasetId(datasetId)
            .setDisplayName("Your Aws S3 Config Name")
            .setDataSourceId("amazon_s3")
            .setParams(Struct.newBuilder().putAllFields(params).build())
            .setSchedule("every 24 hours")
            .build();
    createAmazonS3Transfer(projectId, transferConfig);
  }

  public static void createAmazonS3Transfer(String projectId, TransferConfig transferConfig)
      throws IOException {
    try (DataTransferServiceClient client = DataTransferServiceClient.create()) {
      ProjectName parent = ProjectName.of(projectId);
      CreateTransferConfigRequest request =
          CreateTransferConfigRequest.newBuilder()
              .setParent(parent.toString())
              .setTransferConfig(transferConfig)
              .build();
      TransferConfig config = client.createTransferConfig(request);
      System.out.println("Amazon s3 transfer created successfully :" + config.getName());
    } catch (ApiException ex) {
      System.out.print("Amazon s3 transfer was not created." + ex.toString());
    }
  }
}

プレフィックス マッチングまたはワイルドカード マッチングの影響

Amazon S3 API では、プレフィックス マッチングはサポートされていますが、ワイルドカード マッチングはサポートされていません。プレフィックスに一致するすべての Amazon S3 ファイルは Google Cloud に転送されます。ただし、実際に BigQuery に読み込まれるのは、転送構成の Amazon S3 URI に一致するファイルのみです。このため、転送はされても BigQuery に読み込まれないファイルのために、Amazon S3 の下り料金が余分に発生する可能性があります。

たとえば、次のデータパスを考えてみます。

s3://bucket/folder/*/subfolder/*.csv

ソースのロケーションには次のファイルがあります。

s3://bucket/folder/any/subfolder/file1.csv
s3://bucket/folder/file2.csv

この場合、プレフィックスが s3://bucket/folder/ のすべてのファイルが Google Cloud に転送されます。この例では、file1.csvfile2.csv の両方が転送されます。

ただし、実際に BigQuery に読み込まれるのは、s3://bucket/folder/*/subfolder/*.csv に一致するファイルのみです。この例では、file1.csv だけが BigQuery に読み込まれます。

転送の設定に関するトラブルシューティング

転送の設定に問題がある場合は、Amazon S3 の転送に関する問題をご覧ください。

次のステップ