サステナブル IT をデコードする方法について学習したい方は、マスタークラスにご参加ください

クラウドの持続可能性

業界で最もクリーンなクラウドを使用した環境影響の低減

遠くに風力タービンが見える Google Cloud データセンターの航空写真

Google の最も野心的な 10 年間

Google は現在、カーボン ニュートラルですが、その上を目指しています。Google の目標は、2030 年までにすべてのデータセンターを 24 時間 365 日、カーボンフリーで稼働させることです。さらに、Google は技術、方法、資金を提供して、世界中の組織がカーボンフリーで持続可能なシステムに移行できるよう取り組みを行っています。

持続可能性の取り組みの詳細を読む

81%


埋立地から廃棄された廃棄物

100%


すべてのクラウド リージョンで使用する再生可能エネルギー

2 倍


一般的なエンタープライズ データセンターよりも効率的

1.1


電力使用効率(PUE)

デベロッパー アドボケイトの Steperie Wong が、新しいカーボンフリー エネルギー スコアについて説明します

二酸化炭素排出量のプロダクト インターフェース

Carbon Sense スイートのご紹介

Google は、Google Cloud の使用に関連する二酸化炭素排出量を正確に報告し、二酸化炭素排出量を削減するための措置を講じるために役立つツールを用意しています。Carbon Sense スイートは、Active Assist や Carbon Footprint などの複数の Google Cloud プロダクトの機能を統合し、世界中のユーザーがより健康な地球環境の実現を支援できるようにします。

クラウドの二酸化炭素排出量を推定する

よりスマートで効率的なデータセンター

Google のデータセンターは一般的なエンタープライズ データセンターの 2 倍のエネルギー効率を実現しているほか、5 年前と比較すると同じ電力消費で 6 倍の演算能力を達成しています。そして、今後もさらなる改善を目指します。Google は、業界全体の推進とビジネスのグリーン化支援のため、パフォーマンス データを提供しています。

Google が効率化を実現する方法をご覧ください
風力タービンが散在する緑豊かにうねる丘

より健康的なサプライ チェーンへのソリューション

Google のサーキュラー原則は、プロダクト、ビルディング、インフラストラクチャの設計に影響を及ぼし、地球のリソースをより有効に活用するのに役立ちます。Google は、廃棄物、汚染物質を排除する設計、使用素材の逸失防止、持続可能なサプライ チェーンの促進を進めています。

Google のサーキュラー エコノミー原則を学ぶ
夜間の Google データセンターの写真のグラフィックです。このグラフィックは、円を中心とした 4 つのポイントを示しており、サーキュラー エコノミーを表しています。上段のポイントは、「維持 / 延命」。右側のポイントは、「改造 / 再生産」。下段のポイントは、「再利用 / 再配分」。左側のポイントは、「リサイクル」。
巣箱の世話をする養蜂服を着た 2 人の写真。巣箱はソーラーパネルも兼ねる。

ともに地球を復元する

Google のパートナーたちは Google の AI と ML を使用して、海、森林、野生生物の復元など、重要な気候と環境の保護にすでに取り組んでいます。

その他のパートナー事例を見る

地球環境の改善に寄与するテクノロジー

すべてのユーザー(企業、政府、非営利団体、コミュニティ、個人)が Google のテクノロジーを利用してより持続可能な世界を作り出せるようにすることで、気候変動の課題に取り組みながら、リソースの効率化への要求に対応します。