転送構成のトラブルシューティング

このドキュメントは、転送を設定する際に特に多く発生する問題のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。考えられるすべてのエラー メッセージや問題がこのドキュメントに記載されているわけではありません。

このドキュメントに記載されていない問題が発生している場合は、サポートを依頼できます。

実行履歴からエラーを調べる

初期転送が失敗した場合は、実行履歴の詳細を調べます。実行履歴に表示されるエラーは、このドキュメントを使用して適切な解決策を特定するのに役立ちます。

Google Cloud サポートに連絡する前に、実行履歴からエラー メッセージなどの関連情報を取得してください。

一般的な問題

一般的な転送の問題を診断する場合は、次の点を確認してください。

  • 該当する転送タイプのドキュメント ページの「始める前に」のセクションにあるすべての手順を完了していること。
  • 転送構成のプロパティが正しく設定されていること。
  • 転送を作成するために使用されたユーザー アカウントに、基になるリソースへのアクセス権が付与されていること。
  • BigQuery ウェブ UI を使用して転送を作成する場合は、権限ウィンドウが表示されるように、bigquery.cloud.google.com からのポップアップを許可します。転送を成功させるには、BigQuery Data Transfer Service 権限でデータを管理できるようにする必要があります。

転送構成が適切で、適切な権限が与えられている場合は、以下に示すよくある問題の解決方法を参照してください。

エラー: An unexpected issue was encountered. If this issue persists, please contact customer support.
解決策: このエラーは、通常、一時的な停止または BigQuery 内に問題があることを示します。問題が解決するまで約 2 時間待ちます。問題が解決しない場合は、サポートを依頼してください。
エラー: Quota Exceeded.
解決策: 転送は、BigQuery 読み込みジョブの割り当ての対象となります。割り当てを増やす必要がある場合は、クラウド営業担当者にお問い合わせください。詳細については、転送割り当て使用量の計算を参照してください。

Campaign Manager の転送に関する問題

Campaign Manager の転送を作成する際によくあるエラーは次のとおりです。

エラー: Import failed - no data was available for import. Please verify that data existence was expected.
エラー: No data available for the requested date. Please try an earlier run date or verify that data existence was expected.
解決策: 転送に正しい ID を使用していることを確認してください。正しい ID を使用している場合は、指定した日付範囲の Data Transfer V2.0 ファイルが Campaign Manager Cloud Storage バケットに含まれていることを確認します。ファイルが存在する場合は、該当する日付範囲のバックフィルをスケジュールします。Campaign Manager のバックフィル リクエストの作成の詳細については、バックフィルの設定を参照してください。
エラー: A permission denied error was encountered: PERMISSION_DENIED. Please ensure that the user account setting up the transfer config has the necessary permissions, and that the configuration settings are correct.
解決策: Campaign Manager の転送を作成するユーザーには、Data Transfer V2.0 ファイルを含む Cloud Storage バケットへの読み取りアクセス権が必要です。Cloud Storage バケット、およびアクセスのリクエストに関する情報は、Google アド マネージャー管理者から取得できます。

Google 広告の転送を作成する際によくあるエラーは次のとおりです。

エラー: Import failed - no data was available for import. Please verify that data existence was expected.
エラー: No data available for the requested date. Please try an earlier run date or verify that data existence was expected.
解決策: このエラーが Google 広告の転送を作成しているときに発生した場合は、サポートをリクエストし、エラー メッセージの画面キャプチャを含めます。
エラー: AuthenticationError.NOT_ADS_USER.
解決策: Google 広告の転送を構成するユーザーには、Google 広告アカウントおよびログイン情報が必要です。
エラー: ERROR_GETTING_RESPONSE_FROM_BACKEND.
解決策: Google 広告の転送が失敗して ERROR_GETTING_RESPONSE_FROM_BACKEND が返された場合は、転送構成で [Exclude Removed/Disabled Items] オプションを有効にし、バックフィルを設定して、失敗した転送の影響を受けた日のデータを取得します。

Google アド マネージャーの転送を作成する際によくあるエラーは次のとおりです。

エラー: No data available for the requested date. Please try an earlier run date or verify that data existence was expected.
エラー: Import failed - no data was available for import. Please verify that data existence was expected.

解決策: Google アド マネージャーの Cloud Storage バケットに、指定した日付範囲のデータ転送ファイルが含まれていることを確認します。Google アド マネージャー管理者は、ユーザーの Data Transfer ファイルが含まれている Cloud Storage バケットを管理します。Google アド マネージャーの転送を作成するユーザーは、バケットの読み取りアクセス権を持つ Google グループのメンバーである必要があります。

Cloud Storage のアクセス許可は、Google アド マネージャーの Data Transfer バケット内のファイルの読み込みを試してみることで検証できます。Google アド マネージャーの Cloud Storage バケットの詳細については、Google アド マネージャーのストレージ バケットにアクセスするを参照してください。

注: 現在、BigQuery Data Transfer Service では、
サービス アカウントがサポートされていません。各ユーザー アカウントを使用して Google アド マネージャーの転送を
構成する必要があります。

ファイルが Data Transfer バケットに存在しており、読み取り権限がある場合は、影響を受ける日付範囲のバックフィルをスケジュールします。Google アド マネージャーのバックフィル リクエストの作成の詳細については、バックフィルの設定を参照してください。

エラー: AuthenticationError: NO_NETWORKS_TO_ACCESS.

解決策: Google アド マネージャー ネットワークへの読み取りアクセス権があることを確認してください。ネットワーク アクセスに関してご不明な点がありましたら、Google アド マネージャーのサポートにお問い合わせください。

エラー: Error code 9 : Field [FIELD_NAME]?[FIELD_NAME]?[FIELD_NAME]?RefererURL is unknown.; Table: [TABLE_NAME]

解決策: ソーン(þ)区切り文字を使用していないことを確認します。ソーン区切り文字は現在サポートされていません。ソーンが使用されていることは、エラー メッセージの中で ? により示されています。

YouTube の転送に関する問題

YouTube 転送を作成する際によくあるエラーは次のとおりです。

エラー: Import failed - no data was available for import. Please verify that data existence was expected.
エラー: No data available for requested date. Please try an earlier run date or verify that data existence was expected.

解決策: 以前に YouTube のレポート作成ジョブを作成していない場合は、BigQuery Data Transfer Service によってレポートが生成されるまで、少なくとも 2 日間お待ちください。追加のアクションを行う必要はありません。転送は最初の 2 日間は失敗し、3 日目に成功するはずです。以前に YouTube のレポート作成ジョブを作成した場合は、そのレポートを作成したユーザーに、レポート読み取りアクセス権限があることを確認します。

また、転送が正しいアカウントに設定されていることを確認します。正しい YouTube ページ ID を指定するだけでは不十分です。OAuth ダイアログで、データを読み込むチャンネルを選択する必要があります。

エラー: No reports for reporting job with name [NAME].

解決策: これはエラーではありません。指定したレポートのためのデータが見つからないことを示す警告です。この警告は無視できます。今後の転送は引き続き実行されます。

問題: 転送によって作成されたテーブルが不完全または結果が
期待したものではない。
解決策: 複数のアカウントをお持ちの場合は、YouTube の権限ダイアログが表示されたら、正しいアカウントを選択する必要があります。正しいアカウントを選択せずに正しい YouTube ページ ID を指定すると、予期しない結果が発生します。

YouTube 権限の問題

YouTube コンテンツ マネージャ レポートの場合、転送を設定するユーザーには(少なくとも)CMS user 権限が必要です。CMS user 権限は、転送を作成する対象となる各コンテンツ マネージャに付与する必要があります。

割り当ての問題

エラー: Quota exceeded: Your project exceeded quota for imports per project.
解決策: プロジェクトで大量の転送をスケジュールしていないことを確認します。転送によって開始された読み込みジョブの数の計算については、転送割り当てをご覧ください。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。