Google Play 転送

BigQuery Data Transfer Service for Google Play を使用すると、Google Play レポートデータを繰り返し読み込むジョブのスケジュールと管理を自動化できます。

は、

サポートされるレポート

BigQuery Data Transfer Service for Google Play では現在、次の月次レポート オプションがサポートされています。

詳細レポート

集計レポート

Google Play レポートがどのように BigQuery テーブルに変換されるかについては、Google Play レポートの変換をご覧ください。

レポート オプション サポート
サポートされている API バージョン

なし

スケジュール

毎日、転送が最初に作成される時刻(デフォルト)

時刻を設定できます。

Refresh window

過去 7 日間

構成不可

最大バックフィル期間

制限なし

Google Play にはデータ保持期間の制限はありませんが、BigQuery Data Transfer Service には、1 回のバックフィルでリクエストできる日数に制限があります。バックフィルの詳細については、バックフィルの設定をご覧ください。

始める前に

Google Play 転送を作成する前に、以下を行います。

  • BigQuery Data Transfer Service を有効にするために必要なすべての操作が完了していることを確認します。
  • Google Play データを保存する BigQuery データセットを作成します。
  • 次の権限があることを確認します。
    • BigQuery: bigquery.transfers.update 権限が必要です。事前定義されたプロジェクト レベルの IAM 役割 bigquery.admin には、bigquery.transfers.update 権限が含まれています。BigQuery での IAM 役割の詳細については、アクセス制御をご覧ください。
    • Google Play: Google Play Console におけるレポート アクセス権が必要です。

      Google Cloud チームには、ユーザーに代わって Google Play ファイルを生成したり、このようなファイルに対するアクセス権を付与したりする権限はありません。Google Play ファイルのアクセスについては、Google Play サポートへのお問い合わせページをご覧ください。

  • Cloud Storage バケットを確認します。

    • レポート ファイルは、Google Play チームによって Cloud Storage バケットに配信されます。Cloud Storage バケットを特定するには、まずレポートをダウンロードする方法(Cloud Storage からレポートをダウンロードするに記載)のいずれかにより、手順を完了する必要があります。

    • Google Play Console で、レビューなどのレポートを選択します。Cloud Storage バケットの ID は、ページの下部で確認できます。バケット ID の先頭は gs:// です。たとえば、レビュー レポートの場合は次のようになります。

      gs://pubsite_prod_rev_01234567890987654321/reviews
      転送を設定するには、gs:///reviews の間にある一意の ID のみをコピーします。
      pubsite_prod_rev_01234567890987654321

  • 従来の BigQuery ウェブ UI を使用して転送を作成する場合は、権限ウィンドウが表示されるように、bigquery.cloud.google.com からのポップアップを許可します。転送の成功には、Google Play レポートデータを管理するための権限を BigQuery Data Transfer Service に付与しておく必要があります。

  • 転送実行通知は、現時点ではアルファ版です。Cloud Pub/Sub に対する転送実行通知を設定する場合は、pubsub.topics.setIamPolicy 権限が必要です。メール通知の設定のみを行う場合は、Cloud Pub/Sub の権限は必要ありません。詳細については、BigQuery Data Transfer Service の実行通知をご覧ください。

Google Play 転送の設定

Google Play 転送を設定するには以下が必要です。

  • Cloud Storage バケット: Cloud Storage バケットを確認する手順は、始める前にで説明されています。Cloud Storage バケットの先頭は pubsite_prod_rev です。例: pubsite_prod_rev_01234567890987654321
  • テーブル サフィックス: 同じデータセットに読み込まれるすべてのデータソース用のわかりやすい名前です。別の転送で同じテーブルに書き込まれないようにするために、このサフィックスが使用されます。テーブル サフィックスは、同じデータセットにデータを読み込むすべての転送で一意である必要があり、生成されるテーブル名の長さが短くなるように、サフィックスは短くする必要があります。

Google Play 転送を設定するには:

従来の UI

  1. BigQuery ウェブ UI に移動します。

    BigQuery ウェブ UI に移動

  2. [転送] をクリックします。

  3. [Add Transfer] をクリックします。

  4. [New Transfer] ページで次の操作を行います。

    • [Source] で、[Google Play] を選択します。
    • [Display Name] に転送名(例:「My Transfer」)を入力します。転送名には、他の転送と簡単に区別できる任意の名前を使用できます。必要であれば、後で修正できます。
    • [Schedule] はデフォルト値(転送の作成時刻に 24 時間ごと)のままにするか、[Edit] をクリックして時刻を変更します。

      Google Play 転送のカスタム スケジュール

    • [Destination dataset] で、該当するデータセットを選択します。

    • [Cloud Storage bucket] に、使用する Cloud Storage バケットを入力します。

    • [Table suffix] にサフィックスを入力します(「My Transfer」の場合は「MT」など)。

      Google Play 転送のデフォルト スケジュール

    • (省略可)[Advanced] セクションを展開し、転送用に実行通知を構成します。転送実行通知は、現時点ではアルファ版です。

      • [Cloud Pub/Sub topic] にトピック名を入力します(「projects/myproject/topics/mytopic」など)。
      • [Send email notifications] をオンにして、転送実行失敗のメール通知を許可します。
      • 転送を設定するときは [Disabled] をオンにしないでください。既存の転送を無効にするには転送の操作をご覧ください。

        Cloud Pub/Sub トピック

  5. [Add] をクリックします。[Add] ボタンをクリックすると、宛先として選択した BigQuery データセットの読み取りと書き込みのアクセス権が Google Play レポートに付与されます。

  6. プロンプトが表示されたら、[Allow] をクリックし、Google Play レポートデータの表示権限、BigQuery でのデータのアクセス権限と管理権限を BigQuery Data Transfer Service に付与します。権限ウィンドウが表示されるように、bigquery.cloud.google.com からのポップアップを許可します。

    転送の許可

コマンドライン

bq mk コマンドを入力して、転送作成フラグ --transfer_config を指定します。次のフラグも必要です。

  • --target_dataset
  • --display_name
  • --params
  • --data_source

    bq mk --transfer_config --project_id=[PROJECT_ID] --target_dataset=[DATASET] --display_name=[NAME] --params='[PARAMETERS]' --data_source=[DATA_SOURCE]
    

ここで

  • --project_id はプロジェクト ID です。--project_id が指定されていない場合は、デフォルトのプロジェクトが使用されます。
  • --target_dataset は転送構成のターゲット データセットです。
  • --display_name は転送構成の表示名です。転送名には、後で修正が必要になった場合に簡単に識別できる任意の名前を使用できます。
  • --params には、作成される転送構成のパラメータを JSON 形式で指定します(例: --params='{"param":"param_value"}')。Google Play では、bucket パラメータと table_suffix パラメータを指定する必要があります。bucket は Play レポート ファイルが含まれている Cloud Storage バケットです。
  • --data_source はデータソースです。ここでは play を指定します。

たとえば、次のコマンドは、Cloud Storage バケット pubsite_prod_rev_01234567890987654321 とターゲット データセット mydataset を使用して、My Transfer という Google Play 転送を作成します。この転送はデフォルトのプロジェクトで作成されます。

bq mk --transfer_config --target_dataset=mydataset --display_name='My Transfer' --params='{"bucket":"pubsite_prod_rev_01234567890987654321","table_suffix":"MT"}' --data_source=play

コマンドの初回実行時に、次のようなメッセージが表示されます。

[URL omitted] Please copy and paste the above URL into your web browser and follow the instructions to retrieve an authentication code.

メッセージの指示に従って、認証コードをコマンドラインに貼り付けます。

API

projects.locations.transferConfigs.create メソッドを使用し、TransferConfig リソースのインスタンスを指定します。

Google Play 転送設定のトラブルシューティング

転送を設定する際に問題が発生した場合は、BigQuery Data Transfer Service 転送設定のトラブルシューティングをご覧ください。

データのクエリ

データが BigQuery に転送されると、データは取り込み時間分割テーブルに書き込まれます。詳細については、分割テーブルの概要をご覧ください。

自動生成のビューではなく、テーブルにクエリを直接実行する場合には、クエリで _PARTITIONTIME 疑似列を使用する必要があります。詳細については、分割テーブルのクエリをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。