コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

データのロケーションと転送

このページでは、転送構成のロケーションとソースデータのロケーションのコンセプトについて説明し、またロケーションと転送の相互作用についても説明します。

BigQuery のロケーションの詳細については、より一般的には、データセットのロケーションをご覧ください。

主なコンセプト

ビジネスの移管

転送構成にはロケーションも含まれます。転送を設定するときに、宛先データセットが存在しない場合は、BigQuery に宛先データセットを作成した後、転送を構成する必要があります。宛先データセットと同じプロジェクト内で転送構成を作成します。転送構成のロケーションは、宛先データセットで指定したロケーションと同じロケーションに自動的に設定されます。BigQuery Data Transfer Service では、宛先の BigQuery データセットと同じロケーションにあるデータが処理され、ステージングされます。

ソースデータのロケーション

BigQuery に転送するソースデータには、リージョンが含まれている場合もあります。ソースデータが格納されるリージョンと、BigQuery の宛先データセットのロケーションは、関連がないこともあります。関連する場合、データセットとソースデータは、同じリージョン内に配置されている必要があります。

コロケーションを必要とする転送では、ソースデータのリージョンと異なる、または互換性のないリージョンの転送先データセットへの転送を設定すると、構成エラーとなる場合があります。

転送に関するロケーションの考慮事項

コロケーションが不要の場合

BigQuery Data Transfer Service によって行われる次のタイプの転送はロケーション固有ではないため、BigQuery データセットのロケーションとは無関係です。

コロケーションが必要な場合

Cloud Storage

BigQuery への Cloud Storage からの転送では、Cloud Storage バケットと BigQuery 宛先データセットを同じロケーションに配置する必要があります。

データを転送する場合は Cloud Storage バケットを同じリージョンに配置します。

  • BigQuery データセットがマルチリージョンにある場合、転送するデータが含まれている Cloud Storage バケットは、同じマルチリージョンまたはマルチリージョンに含まれるロケーションに存在する必要があります。たとえば、BigQuery データセットが「EU」マルチリージョンにある場合、Cloud Storage バケットは EU 内の「europe-west1」ベルギー リージョンに配置できます。
  • データセットがリージョンにある場合、Cloud Storage バケットは同じリージョンに存在する必要があります。たとえば、データセットが「asia-northeast1」東京リージョンにある場合、Cloud Storage バケットを「ASIA」マルチリージョンに配置することはできません。

データ ウェアハウスの移行

Teradata からのデータ ウェアハウスの移行では、移行プロセスの一環として Cloud Storage バケットが必要になります。Cloud Storage バケットは、BigQuery 宛先データセットと同じロケーションに配置する必要があります。

Redshift データ ウェアハウスの移行では、同じロケーションに配置された Cloud Storage バケットは必要ありません。

次のステップ