Config Connector の概要

Config Connector は、Kubernetes を介して Google Cloud リソースを管理できる Kubernetes アドオンです。

概要

クラウド ネイティブの開発チームの多くは、さまざまな構成システム、API、ツールを使用してインフラストラクチャを管理しています。多くの場合、この組み合わせは理解するのが難しく、速度の低下とコストのかかるミスにつながります。Config Connector には、Kubernetes ツールと API を使用して多数の Google Cloud サービスおよびリソースを構成するための方法が用意されています。

Config Connector を使用すると、環境において、Kubernetes が次のようなリソースを管理する方法を活用できます。

  • RBAC でのアクセス制御。
  • イベントの可視化。
  • 構成のソースを単一化し、目的の状態を管理する複雑性を減らす。
  • 依存関係を疎結合にし、結果整合性を保つ。

Kubernetes アプリケーションを管理するのと同じ方法で Google Cloud インフラストラクチャを管理できるため、デベロッパーの複雑さと認知的負荷を軽減できます。

Config Connector の仕組み

Config Connector には、Kubernetes カスタム リソース定義(CRD)とコントローラのコレクションが用意されています。Config Connector CRD を使用すると、クラスタにオブジェクトを構成して適用する際に、Kubernetes で Google Cloud リソースを作成、管理できます。

まず、Config Connector をインストールし、最初のリソースを作成します。Config Connector のコントローラは、最終的に、必要な状態になるように環境を調整します。

Config Connector の動作のカスタマイズ

Config Connector は、リソースの作成以外の追加機能も備えています。たとえば、既存の Google Cloud リソースを管理し、Kubernetes Secret を使用して、パスワードなどの機密データをリソースに提供することができます。詳細については、入門ガイドのリストをご覧ください。

さらに、Config Connector が Kubernetes 構造を使用してリソースを管理する方法についても詳しく学習できます。