BigQuery Data Transfer Service とは

BigQuery Data Transfer Service は、あらかじめ設定されたスケジュールに基づき、BigQuery へのデータの移動を自動化するマネージド サービスです。そのため、アナリティクス チームが BigQuery データ ウェアハウス基盤を構築する際にコードの作成はまったく必要ありません。

BigQuery Data Transfer Service には、以下を使用してアクセスできます。

データ転送を設定すると、BigQuery Data Transfer Service によりデータが定期的かつ自動的に BigQuery に読み込まれます。また、データのバックフィルを開始して、停止またはギャップから回復することもできます。現在のところ、BigQuery Data Transfer Service を使用して BigQuery からデータを転送することはできません。

サポートされるデータソース

BigQuery Data Transfer Service では現在、次のデータソースからのデータの読み込みがサポートされています。

Google Software as a Service(SaaS)アプリ 外部クラウド ストレージ プロバイダ データ ウェアハウス また、Google Cloud Marketplace では、いくつかのサードパーティ転送を利用できます。

サポートされるリージョン

BigQuery と同様に、BigQuery Data Transfer Service はマルチリージョン リソースで、多くのシングル リージョンを追加で使用できます。

BigQuery データセットのロケーションは、BigQuery Data Transfer Service によって転送されるデータを格納するための宛先データセットを作成する際に指定されます。転送を設定すると、転送構成自体は宛先データセットと同じロケーションに設定されます。BigQuery Data Transfer Service では、宛先のデータセットと同じロケーションにあるデータが処理され、ステージングされます。

BigQuery に転送したいデータにリージョンを設定することもできます。ほとんどの場合、データが格納されるリージョンと BigQuery の宛先データセットのロケーションとの間には関係がありません。他の種類の転送では、データセットとソースデータは同じリージョン、あるいは互換リージョンの中に置く必要があります。

転送とリージョン互換性について詳しくは、データセットのロケーションと転送をご覧ください。

料金

BigQuery Data Transfer Service の料金については、料金ページをご覧ください。

データが BigQuery に転送されると、BigQuery のストレージクエリの標準料金が適用されます。

割り当て

BigQuery Data Transfer Service の割り当てについては、割り当てと上限のページをご覧ください。

次のステップ

転送を作成する方法については、データソースのドキュメントをご覧ください。

Google Software as a Service(SaaS)アプリ 外部クラウド ストレージ プロバイダ データ ウェアハウス また、Google Cloud Marketplace では、いくつかのサードパーティ転送を利用できます。