BigQuery クライアント ライブラリ

このページでは、BigQuery API の Cloud クライアント ライブラリの使用を開始する方法を説明します。以前の Google API クライアント ライブラリをはじめ、Cloud API のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

クライアント ライブラリのインストール

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。
Install-Package Google.Cloud.BigQuery.V2 -Pre

Go

go get -u cloud.google.com/go/bigquery

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。 Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。
<dependency>
  <groupId>com.google.cloud</groupId>
  <artifactId>google-cloud-bigquery</artifactId>
  <version>1.87.0</version>
</dependency>
Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。
compile 'com.google.cloud:google-cloud-bigquery:1.87.0'
SBT を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。
libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-bigquery" % "1.87.0"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。
npm install --save @google-cloud/bigquery

PHP

composer require google/cloud-bigquery

Python

詳細については、Python 開発環境の設定をご覧ください。

バージョン 0.28.0(2017 年 10 月リリース)には、以前のバージョンからの大幅な変更が含まれています。バージョン 0.27 以前のコードをアップデートする場合は、移行ガイドを参照してください。

pip install --upgrade google-cloud-bigquery

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。
gem install google-cloud-bigquery

認証の設定

クライアント ライブラリを実行するには、まず、サービス アカウントを作成して環境変数を設定し、認証を設定する必要があります。以下の手順で認証を設定します。その他の認証方法については、GCP 認証のドキュメントをご覧ください。

GCP Console

  1. GCP Console で [サービス アカウントキーの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントキーの作成] ページに移動
  2. [サービス アカウント] リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
  4. [役割] リストで、[プロジェクト] > [オーナー] を選択します。

    : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。このフィールドは、後から GCP Console で表示または変更できます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。[NAME] をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create [NAME]
  2. サービス アカウントに権限を付与します。[PROJECT_ID] は実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding [PROJECT_ID] --member "serviceAccount:[NAME]@[PROJECT_ID].iam.gserviceaccount.com" --role "roles/owner"
    : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。後で GCP Console を使用して、このフィールドを表示したり変更したりできます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  3. キーファイルを生成します。[FILE_NAME] はキーファイルの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts keys create [FILE_NAME].json --iam-account [NAME]@[PROJECT_ID].iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。[PATH] は、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに置き換え、[FILE_NAME] はファイル名に置き換えます。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定してください。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="[PATH]"

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/[FILE_NAME].json"

Windows

PowerShell を使用する場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="[PATH]"

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\[FILE_NAME].json"

コマンド プロンプトを使用する場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=[PATH]

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアントを初期化し、BigQuery 一般公開データセットに対してクエリを実行する方法を示しています。

C#

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。 詳細については、BigQuery C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.BigQuery.V2;
using System;

public class BigQueryQuery
{
    public void Query(
        string projectId = "your-project-id"
    )
    {
        BigQueryClient client = BigQueryClient.Create(projectId);
        string query = @"
            SELECT name FROM `bigquery-public-data.usa_names.usa_1910_2013`
            WHERE state = 'TX'
            LIMIT 100";
        BigQueryJob job = client.CreateQueryJob(
            sql: query,
            parameters: null,
            options: new QueryOptions { UseQueryCache = false });
        // Wait for the job to complete.
        job.PollUntilCompleted();
        // Display the results
        foreach (BigQueryRow row in client.GetQueryResults(job.Reference))
        {
            Console.WriteLine($"{row["name"]}");
        }
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// To run this sample, you will need to create (or reuse) a context and
// an instance of the bigquery client.  For example:
// import "cloud.google.com/go/bigquery"
// ctx := context.Background()
// client, err := bigquery.NewClient(ctx, "your-project-id")

q := client.Query(
	"SELECT name FROM `bigquery-public-data.usa_names.usa_1910_2013` " +
		"WHERE state = \"TX\" " +
		"LIMIT 100")
// Location must match that of the dataset(s) referenced in the query.
q.Location = "US"
job, err := q.Run(ctx)
if err != nil {
	return err
}
status, err := job.Wait(ctx)
if err != nil {
	return err
}
if err := status.Err(); err != nil {
	return err
}
it, err := job.Read(ctx)
for {
	var row []bigquery.Value
	err := it.Next(&row)
	if err == iterator.Done {
		break
	}
	if err != nil {
		return err
	}
	fmt.Println(row)
}

Java

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// BigQuery bigquery = BigQueryOptions.getDefaultInstance().getService();
String query = "SELECT corpus FROM `bigquery-public-data.samples.shakespeare` GROUP BY corpus;";
QueryJobConfiguration queryConfig = QueryJobConfiguration.newBuilder(query).build();

// Print the results.
for (FieldValueList row : bigquery.query(queryConfig).iterateAll()) {
  for (FieldValue val : row) {
    System.out.printf("%s,", val.toString());
  }
  System.out.printf("\n");
}

Node.js

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Import the Google Cloud client library using default credentials
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');
const bigquery = new BigQuery();
async function query() {
  // Queries the U.S. given names dataset for the state of Texas.

  const query = `SELECT name
    FROM \`bigquery-public-data.usa_names.usa_1910_2013\`
    WHERE state = 'TX'
    LIMIT 100`;

  // For all options, see https://cloud.google.com/bigquery/docs/reference/rest/v2/jobs/query
  const options = {
    query: query,
    // Location must match that of the dataset(s) referenced in the query.
    location: 'US',
  };

  // Run the query as a job
  const [job] = await bigquery.createQueryJob(options);
  console.log(`Job ${job.id} started.`);

  // Wait for the query to finish
  const [rows] = await job.getQueryResults();

  // Print the results
  console.log('Rows:');
  rows.forEach(row => console.log(row));
}

PHP

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の PHP の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\BigQuery\BigQueryClient;
use Google\Cloud\Core\ExponentialBackoff;

/** Uncomment and populate these variables in your code */
// $projectId = 'The Google project ID';
// $query = 'SELECT id, view_count FROM `bigquery-public-data.stackoverflow.posts_questions`';

$bigQuery = new BigQueryClient([
    'projectId' => $projectId,
]);
$jobConfig = $bigQuery->query($query);
$job = $bigQuery->startQuery($jobConfig);

$backoff = new ExponentialBackoff(10);
$backoff->execute(function () use ($job) {
    print('Waiting for job to complete' . PHP_EOL);
    $job->reload();
    if (!$job->isComplete()) {
        throw new Exception('Job has not yet completed', 500);
    }
});
$queryResults = $job->queryResults();

$i = 0;
foreach ($queryResults as $row) {
    printf('--- Row %s ---' . PHP_EOL, ++$i);
    foreach ($row as $column => $value) {
        printf('%s: %s' . PHP_EOL, $column, json_encode($value));
    }
}
printf('Found %s row(s)' . PHP_EOL, $i);

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# from google.cloud import bigquery
# client = bigquery.Client()

query = (
    "SELECT name FROM `bigquery-public-data.usa_names.usa_1910_2013` "
    'WHERE state = "TX" '
    "LIMIT 100"
)
query_job = client.query(
    query,
    # Location must match that of the dataset(s) referenced in the query.
    location="US",
)  # API request - starts the query

for row in query_job:  # API request - fetches results
    # Row values can be accessed by field name or index
    assert row[0] == row.name == row["name"]
    print(row)

Ruby

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

require "google/cloud/bigquery"

def query
  bigquery = Google::Cloud::Bigquery.new
  sql = "SELECT name FROM `bigquery-public-data.usa_names.usa_1910_2013` " +
        "WHERE state = 'TX' " +
        "LIMIT 100"

  # Location must match that of the dataset(s) referenced in the query.
  results = bigquery.query sql do |config|
    config.location = "US"
  end

  results.each do |row|
    puts row.inspect
  end
end

参考情報

サードパーティの BigQuery クライアント ライブラリ

上記の表の Google がサポートするライブラリに加えて、サードパーティが提供する一連のライブラリも使用できます。

言語 ライブラリ
Python pandas-gbq移行ガイド
R bigrquery
Scala spark-bigquery

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。