Ruby 開発環境の設定

このチュートリアルでは、Google Cloud Platform(GCP)で動作する Ruby アプリを開発するためにローカルマシンを準備する方法について説明します。このチュートリアルに従って、Ruby と関連ツールをインストールしてください。

Ruby の概要と GCP で Ruby アプリケーションを実行する方法については、Ruby と GCP のクイックスタートをご覧ください。

目標

  • Ruby をインストールする。
  • Bundler をインストールする。
  • エディタをインストールする(任意)。
  • Cloud SDK をインストールする。
  • Ruby 用 Cloud クライアント ライブラリをインストールする。

Ruby をインストールする

Ruby のインストール手順は、オペレーティング システムによって異なります。ローカル開発マシンで実行しているオペレーティング システム用のインストール ガイドに従ってください。このチュートリアルは、Ruby-lang に掲載されている Ruby の安定バージョンを対象としています(サポートが終了した EOL は除く)。

macOS

macOS に Ruby をインストールする場合は、rbenv を使用して Ruby のインストールを管理することをおすすめします。rbenv は、マシンにインストールされた複数の Ruby バージョンを管理します。また、ruby-build という rbenv プラグインを使用すると、指定したバージョンの Ruby を rbenv でインストールできるようになります。

macOS にはデフォルトで Ruby が含まれていますが、Ruby の最新バージョンを別途インストールし、最新の状態にすることをおすすめします。これにより、オペレーティング システムが使用するデフォルト バージョンとの競合を避けることができます。

  1. XCode をインストールします。
  2. ターミナルで次のコマンドを実行して、XCode のコマンドライン ツールをインストールします。

    xcode-select --install
    
  3. homebrew のホームページに記載されている手順に沿って、homebrew をインストールします。

  4. rbenv readme の手順に沿って、homebrew を使用して rbenv をインストールします。homebrew のインストール内容には ruby-build プラグインが含まれます。

複数のバージョンの Ruby をインストールするには、rbenvruby-build の使用方法をご覧ください。

Linux

Linux ディストリビューションに Ruby をインストールする場合は、rbenv を使用して Ruby のインストールを管理することをおすすめします。rbenv は、マシンにインストールされた複数の Ruby バージョンを管理します。また、ruby-build という rbenv プラグインを使用すると、指定したバージョンの Ruby を rbenv でインストールできるようになります。

  1. rbenv readme を使用して、rbenv を Linux ディストリビューションにインストールします。

  2. ruby-build readme の手順に沿って、rbenv 用の ruby-build プラグインをインストールします。

複数のバージョンの Ruby をインストールするには、rbenvruby-build の使用方法をご覧ください。

Windows

Windows の場合は、次のいずれかをおすすめします。

Bundler をインストールする

Bundler は、Gemfile という名前のファイルで定義されたプロジェクト gem 依存関係を管理する Ruby gem です。GCP のドキュメントに掲載されている Ruby のサンプルでは、Gemfile ファイルを使用して必要な gem とバージョンが指定されています。

  1. Bundler をインストールします。

    gem install bundler
    
  2. Gemfile で定義された gem 依存関係をインストールします。

    bundle install
    
  3. Gemfile で定義された gem のみを使用して Ruby プロジェクトを実行します。

    bundle exec ruby app.rb
    

Gemfile の作成方法については、Bundler のドキュメントをご覧ください。

エディタをインストールする

Ruby アプリの開発に広く使用されているエディタの一部を以下に示します(順不同)。

これらのエディタには、構文のハイライト表示、インテリセンス、コード補完から完全に統合されたデバッグ機能まで、豊富な機能が用意されているため(プラグインが必要になる場合もあります)、Ruby の開発を効率的に行うことができます。

Cloud SDK をインストールする

Cloud SDK は GCP 用の一連のツールを提供します。これをインストールすると、gcloudgsutilbq を使用して Compute Engine、Cloud Storage、BigQuery などのプロダクトやサービスにコマンドラインからアクセスできます。これらのツールはインタラクティブに使用することも、自動スクリプトから実行することもできます。

たとえば、次のシンプルなコマンドは、Ruby ウェブアプリを App Engine フレキシブル環境にデプロイします。デプロイ後、App Engine はこのアプリを bundle exec ruby app.rb -p 8080 で起動しようとします。

gcloud app deploy

Ruby on Rails アプリを App Engine フレキシブル環境にデプロイする方法については、こちらをご覧ください。

Ruby 用 Cloud クライアント ライブラリをインストールする

Ruby 用 Cloud クライアント ライブラリは、Ruby アプリを GCP サービスと統合するための慣用的な方法です。次のように、Cloud Storage などの API のパッケージを個別にインストールできます。

gem install google-cloud-storage

次のように、Bundler を使用して gem を Gemfile 依存関係に追加することもできます。

bundle add google-cloud-storage

認証

Ruby 用 Cloud クライアント ライブラリを使用するには、最初に認証する必要があります。認証の開始の手順に従ってください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。