クライアント ライブラリの説明

サーバーに対して直接 HTTP リクエストを行うか、使用可能な場合には RPC 呼び出しを行うことで、Google Cloud API を使用できますが、Google のすべての Cloud API について提供されているクライアント ライブラリ コードを使用すると、より簡単に、任意の言語でこれらの API にアクセスできます。このドキュメントでは、Cloud API について提供されているさまざまなタイプのクライアント ライブラリについて説明します。使用しているプロダクトや選択した言語に対して使用可能なライブラリの詳細については、プロダクトや言語のドキュメントをご覧ください。

Google Cloud クライアント ライブラリ

Google Cloud クライアント ライブラリでは最新のクライアント ライブラリ モデルが使用されます。Cloud API にプログラマティックにアクセスするとき、可能な場合はこのライブラリを使用することをおすすめします。Cloud クライアント ライブラリの特徴は次のとおりです。

  • Cloud API を簡単かつ直感的に使用できるように、各言語で慣用的な生成済みコードや手書きコードを提供します。
  • Google での認証など、サーバーとの通信に関する下位レベルのすべての詳細を処理します。
  • npmpip など、使い慣れたパッケージ管理ツールを使用してインストールできます。
  • 場合によっては、gRPC を使用してパフォーマンスを高めることもできます。詳細については、後述の gRPC API をご覧ください。

適切な Cloud クライアント ライブラリのインストール手順と参照マテリアルについては、選択した Cloud API のクライアント ライブラリ ページをご覧ください。

サポートされているほとんどすべての言語について、サポートされているすべての Cloud API に対するインターフェースを提供する単一のクライアント ライブラリをダウンロードすることもできます。これらのクライアント ライブラリやそのリファレンス ドキュメントを使ってみるためのリンクについては、Cloud クライアント ライブラリ ページをご覧ください。

Google API クライアント ライブラリ

いくつかの Google Cloud API では、すべての言語で Google Cloud クライアント ライブラリを使用することはまだできません。これらの API のいずれかを使用する際に希望する言語の Cloud クライアント ライブラリが存在しない場合は、Google API クライアント ライブラリという古いバージョンのクライアント ライブラリを引き続き使用できます。これらのライブラリの特徴は次のとおりです。

  • API の REST インターフェースにのみアクセスできます。gRPC はサポートされていません。
  • 新しいライブラリほど慣用的ではありませんが、自動生成されたインターフェース コードが用意されています。
  • Google での認証など、サーバーとの通信に関する下位レベルのすべての詳細を処理します。
  • npmpip など、使い慣れたパッケージ管理ツールを使用してインストールできます。

これらのライブラリへのリンクについては、必要に応じて、関連する Cloud API クライアント ライブラリ ページをご覧ください。

Firebase モバイル プラットフォームの使用

Firebase は、モバイル端末のアプリケーションをビルドするための Google 全体のソリューションです。Firebase では、クライアント コードを含む SDK が提供されます。このコードを使用すると、iOS、Android、ウェブアプリからモバイル関連の Cloud API に直接アクセスすることができます。サポートされている Cloud API や、Firebase を使ってみる方法の詳細については、Firebase ドキュメントをご覧ください。

独自のクライアント コードの使用

通常、Cloud API にアクセスするには、クライアント ライブラリを使用することをおすすめします。ただし、経験豊富なデベロッパーは、クライアント ライブラリが特定のニーズに合わない場合に、独自のカスタムコードを記述して、サービスの下位レベルのサービス API に直接アクセスすることができます。

REST/HTTP API

すべての Cloud API では、従来のシンプルな JSON/REST インターフェースが公開されています。独自のカスタムコードを記述し、選択したサードパーティの HTTP クライアント ライブラリを使用して REST API に直接アクセスする必要がある場合、異なる HTTP バージョンでの Cloud API の動作や実装の詳細については、HTTP ガイドラインをご覧ください。

gRPC API

gRPC は、Google で最初に開発された、言語中立でプラットフォームに依存しないオープンソースのリモート プロシージャ コール(RPC)システムです。詳細については、grpc.io をご覧ください。gRPC 対応の Cloud API には、通常、REST と RPC の両方のインターフェースが備えられているため、HTTP で JSON を使用して REST インターフェースと通信するだけでなく、gRPC 対応の API クライアントでは、HTTP2 でプロトコル バッファと gRPC を使用し、RPC インターフェースと通信することもできます。API が gRPC 対応であるかどうかは、その API とリファレンス セクションをチェックすることによって確認できます。

gRPC 対応の Cloud API に対しては、gRPC でサポートされている任意の言語で、独自の gRPC クライアント ライブラリを生成することができます。このためには、API のプロトコル バッファ サービス定義(通常は GitHub のレポジトリから使用可能)が必要になります。次に、grpc.io に示された、任意の言語の手順に従って、クライアントを生成して使用することができます。

独自の gRPC コードを生成しない場合でも、gRPC を活用することができます。gRPC 対応 API のための Cloud クライアント ライブラリのうち、gRPC を「内部的に」使用して Google のサーバーと通信するものが増加しています。これにより、スループットと CPU 使用率が大幅に効率化されます。gRPC を使用して API にアクセスすると、JSON REST API の場合と比較して 10 倍も CPU あたりのスループットを高めることができます。Google では、できるだけ多くの Cloud クライアント ライブラリを gRPC にアップグレードしていく予定です。それまでの間は、クライアント ライブラリ コードのその他のあらゆるメリットを引き続きご活用ください。

Cloud API にアクセスするその他の方法

プログラムから API にアクセスしない場合は、Google Cloud SDK 内のツールや Google Cloud Platform Console を使用して同じ機能にアクセスすることができます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...