Google Cloud クライアント ライブラリ

Google Cloud クライアント ライブラリは、Google Cloud API を呼び出すために推奨される最新のクライアント ライブラリです。サポートされている各言語固有の規則やスタイルを使用することで、最適なデベロッパー エクスペリエンスを提供します。また、実装の詳細やサービス API のコンセプトではなく、サービスのメタファを考慮して作業できるように設計されているため、記述する必要があるボイラープレート コードが削減されます。Cloud API のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

次の表は、現在サポートされているすべての言語で Cloud クライアント ライブラリを使い始めるときに役立つリンクを示しています。各言語の GitHub レポジトリ ページには、その言語の Cloud クライアント ライブラリでサポートされている Cloud Platform サービス / API が一覧表示されています。また、これらすべての API へのインターフェースを提供する単一のクライアント ライブラリのインストール手順も示しています。

個別の Cloud Platform サービス専用の Cloud クライアント ライブラリをダウンロードすることもできます。これらを使い始めるときに役立つ詳細な手順については、関連するプロダクトのクライアント ライブラリ ページをご覧ください。たとえば、Google Cloud Pub/Sub のみを使用する場合、詳細については、Cloud Pub/Sub ライブラリをご覧ください。

特定の言語の Cloud クライアント ライブラリで、使用したいサービスがまだサポートされていない場合は、その言語の Google API クライアント ライブラリを使用してください。

フィードバックを送信...