Google Cloud クライアント ライブラリ

Google Cloud クライアント ライブラリは、Google Cloud API を呼び出すために推奨される最新のクライアント ライブラリです。

Cloud クライアント ライブラリは、サポートされている各言語の自然な規則とスタイルを使用することにより、最適なデベロッパー環境を実現します。また、実装の詳細やサービス API のコンセプトではなく、サービスのメタファを考慮して作業できるように設計されているため、記述する必要があるボイラープレート コードが削減されます。

Cloud APIs のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

Cloud クライアント ライブラリの操作

言語別の Cloud クライアント ライブラリ

次の表には、現在サポートされているすべての言語で Cloud クライアント ライブラリの使用を開始する際に有用なリンクを掲載しています。各言語の GitHub リポジトリ ページには、その言語の Cloud クライアント ライブラリでサポートされている Cloud Platform サービス / API が一覧表示されています。また、これらすべての API へのインターフェースを提供する単一のクライアント ライブラリのインストール手順も示しています。

サービス別の Cloud クライアント ライブラリ

個別の Cloud Platform サービス専用の Cloud クライアント ライブラリをダウンロードすることもできます。これらを使い始めるときに役立つ詳細な手順については、関連するプロダクトのクライアント ライブラリ ページをご覧ください。たとえば、Google Cloud Pub/Sub のみを使用する場合は、Cloud Pub/Sub クライアント ライブラリをご覧ください。

特定の言語の Cloud クライアント ライブラリで、使用したいサービスがまだサポートされていない場合は、その言語の Google API クライアント ライブラリを使用してください。

Cloud Code での Cloud クライアント ライブラリの使用

Cloud Code がインストールされている IDE でアプリケーションを開発する場合は、IDE 内の Cloud APIs の統合されたリストにアクセスできます。さらに、対応するクライアント ライブラリとドキュメントを見つけ、Cloud APIs を閲覧して有効にし、プロジェクトへの Cloud クライアント ライブラリを追加できます。これらすべての操作を IDE から行うことができます。

Cloud Code で Cloud クライアント ライブラリを使用する際の詳細については、任意の IDE、VS CodeIntelliJ、または Cloud Shell エディタの Cloud APIs とライブラリの管理ガイドを参照してください。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料で開始