サポート対象の Java バージョン:

Google の Java クライアント ライブラリ、Google Cloud クライアント ライブラリGoogle Cloud API ライブラリは、Oracle Java SE サポート ロードマップに沿ってください(Oracle Java SE プロダクト リリースのセクションをご覧ください)。

新規開発の場合

一般に、新機能の開発は、Oracle の Premier サポートの対象となる Java LTS の最小バージョン(通常は最初の一般提供から 5 年間)のサポートで行われます。特定のライブラリに必要な最小 JVM が変更された場合は、semver メジャー リリースを伴います。

Java 11 と(2021 年 9 月の)Java 17 が新しい開発に最適な選択肢です。

本番環境システムを最新の状態に保つ

Google では、Oracle の拡張サポートの対象となっている現行のすべての LTS バージョン(通常は最初の一般提供から 8 年間)でクライアント ライブラリのテストを行っています。

従来のサポート

Google のクライアント ライブラリは、Java ランタイムの旧バージョンをサポートしています。すべてのパッチをバックポートできない可能性があるため、ベスト エフォート ベースで機能更新がされない長期安定版ライブラリがあります。

Google では、引き続き Java 7 を使用するアプリに対してベスト エフォート ベースでアップデートを提供しますが、JVM をサポートする現行バージョンのライブラリにアプリをアップグレードしなければならない場合があります。

特定の情報を確認できる場所

最新バージョンとサポートされている Java バージョンは、個々の GitHub リポジトリ github.com/GoogleAPIs/java-SERVICENAMEgoogle-cloud-java で識別されます。