Cloud APIs とライブラリの管理

Cloud APIs を使用すると、Google Cloud プロダクトとサービスにプログラムからアクセスできます。これらの API では、クライアント ライブラリ経由で呼び出し可能な、シンプルな JSON REST インターフェースが公開されています。

Cloud Code を使用すると、統合された Google Cloud サービスのこのリストと対応するクライアント ライブラリとドキュメントにアクセスできます。また、Cloud APIs を閲覧して有効化し、プロジェクトに Cloud クライアント ライブラリを追加できます。これらのすべてを IDE から実行できます。

Cloud APIs の閲覧

IDE 内で利用可能なすべての Google Cloud APIs を確認する手順は次のとおりです。

  1. VS Code アクティビティ バーの Cloud Code - Cloud APIs アイコン Cloud Code - Cloud APIs アイコン をクリックします。
  2. Google Cloud APIs Explorer のツリーを展開して、使用可能なすべての API を表示します。Explorer はカテゴリ別に Cloud APIs をグループ化します。
  3. ツリービュー エクスプローラに表示される Cloud APIs の一覧を示すスクリーンショット。
  4. API をクリックすると、サービス名、ステータス、対応するクライアント ライブラリのインストール手順、関連ドキュメントなどの詳細が表示されます。

Cloud APIs の有効化

また、API の詳細ページを使用すると、プロジェクトの Cloud APIs をすばやく有効にできます。手順は次のとおりです。

  1. Cloud APIs の詳細ビューで、Cloud APIs を有効にするプロジェクトを選択します。
  2. 選択した Cloud APIs の詳細を示すスクリーンショット
  3. [Enable API] ボタンをクリックします。

    API が有効になると、この変更を確認するメッセージが表示されます。

プロジェクトにクライアント ライブラリを追加する

Cloud Code を使用して Cloud APIs を探索し有効にする方法とは別に、言語固有のクライアント ライブラリをプロジェクトに追加する方法もあります。これにはインストールが必要です。API の詳細ページに、言語別のインストール手順が記載されています。

Cloud APIs に対応するクライアント ライブラリのインストール手順を示すスクリーンショット

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。