Cloud Code 拡張機能

Cloud Code は、サンプル テンプレートを利用した新しいアプリケーションの作成やカスタマイズから、完成したアプリケーションの実行にいたるまで、Kubernetes および Cloud Run アプリケーションの開発サイクル全体を IDE でサポートしています。また、Cloud Code ではすぐに実行可能なサンプル、そのまま使用可能な構成スニペット、カスタマイズされたデバッグ機能が用意されているため、Kubernetes と Cloud Run での開発がより簡単になります。

Cloud Code はどのクラウド プラットフォームでも機能しますが、Google Cloud Platform でホストされるクラスタを簡単に作成でき、Cloud Source Repositories、Cloud Storage やさまざまな Cloud ライブラリなどの Google Cloud ツールとの統合の効率化にも役立ちます。

Cloud Code は VS CodeIntelliJCloud Shell のどちらでも使用できます。

サポート

問題が発生した場合や機能のアイデアを提案する際は、GitHub から Cloud Code for VS CodeCloud Code for IntelliJ の両方にフィードバックを送信できます。

特徴

Cloud Code が VS Code と IntelliJ の両方に提供する機能は次のとおりです。

Cloud Code の機能 VS Code IntelliJ Cloud Shell
Java のサポート
Node.js、Go、Python、.NET Core のサポート *
実行用とデバッグ用のスターター テンプレート
複数の実行構成のサポート
アプリケーションの継続的なビルドと実行
開発中の Kubernetes アプリケーションのデバッグのサポート
Skaffold 構成編集のサポート
高度な Kubernetes YAML のサポート
Kubernetes リソースの検査と参照
GKE [Google]、EKS [AWS]、および AKS [Azure] での Kubernetes クラスタの作成 **
ログのストリーミングと表示
Cloud Run のサポート
アプリを実行するための Cloud Build サポート
リポジトリのクローンの作成と Cloud Source Repositories への push のサポート
Google Cloud のオペレーション スイート スナップショット ベースの本番環境デバッグ
Google Client Library Manager
Google Cloud Storage のサポート
Google App Engine のサポート
Cloud Storage ブラウザによるバケットと blob の表示のサポート

* Java は Cloud Code for IntelliJ のすべての機能に関してサポートされています。Node.js、Go、Python は Kubernetes の機能に関してサポートされています。

** Cloud Shell では GKE クラスタの作成のみがサポートされます。