Cloud SDK の初期化

このページでは、Google Cloud SDK を初期化する方法について説明します。

通常、Cloud SDK をインストールした後、gcloud init コマンドを実行して初期設定を行います。後で gcloud init を実行して設定を変更したり、新しい構成を作成したりすることもできます。

gcloud init によって実行される設定手順は次のとおりです。

  • Cloud SDK ツールを承認して、現在のユーザー アカウントの認証情報を使用して Google Cloud Platform にアクセスできるようにします。すでにアクセスが承認されている場合はアカウントを選択できます。
  • Cloud SDK の構成をセットアップし、一連の基本プロパティを設定します。たとえば、上記のステップで設定した有効なアカウント、現在のプロジェクト、Google Compute Engine のデフォルトのリージョンとゾーン(該当する場合)などです。

gcloud init の代わりに次のコマンドを実行することもできます。

コマンド 説明
gcloud auth login 構成を設定せずにユーザー アカウントを使用して承認を行います。
gcloud auth activate-service-account ユーザー アカウントではなくサービス アカウントを使用して承認を行います。

インタラクティブではなくウェブブラウザを使用しない承認に役立ちます。

gcloud config [COMMAND]
gcloud config configurations [COMMAND]
Cloud SDK の構成とプロパティを作成および管理します。

gcloud init を実行する

Cloud SDK を初期化するには、次の手順に従います。

  1. gcloud init を実行します。

    gcloud init
    

    リモート ターミナル セッションを使用している場合は、必要に応じて --console-only フラグを使用して、ブラウザベースの承認フローが開始されないようにすることができます。

    gcloud init --console-only
    
  2. プロンプトが表示されたら、構成を作成または選択します。

    新しい Cloud SDK 環境を初期化する場合は、gcloud init により default という名前の新しい構成が自動的に作成されて、アクティブな構成として設定されます。既存の構成がある場合は、プロンプトが表示され、gcloud init によりオプションが確認されます。選択できるオプションは、アクティブな構成の再初期化、別の構成への切り替え、新しい構成の作成、のいずれかです。

  3. プロンプトが表示されたら、承認ステップを完了します。

    Cloud Platform へのアクセスがすでに承認されているかどうかに応じて、ウェブブラウザでログインしてアクセスを許可するように求められるか、既存のアカウントを選択するように求められます。

    --console-only フラグを使用した場合にログインを求められたら、指定された承認 URL を切り取って別のブラウザ ウィンドウに張り付けて、表示されるプロンプトに従って操作する必要があります。

    このステップが完了すると、gcloud init により、構成の account プロパティが指定したアカウントに設定されます。

  4. プロンプトが表示されたら、現在の Cloud Platform プロジェクトを選択します。

    アクセスできるプロジェクトが(ユーザー アカウントのデフォルト プロジェクトを含め)1 つしかない場合は、そのプロジェクトが gcloud init によって自動的に選択されます。それ以外の場合は、オーナー編集者閲覧者の権限が付与されているプロジェクトのリストからプロジェクトを選択できます。gcloud init により、構成の project プロパティが選択したプロパティに設定されます。

  5. プロンプトが表示されたら、Google Compute Engine のデフォルトのゾーンを選択します。

    Compute Engine API が有効になっていない場合や、プロジェクト レベルのメタデータにすでにデフォルトのゾーンがある場合は、このステップは表示されません。gcloud init により、構成の region および zone プロパティが、選択したゾーンで設定されます。

gcloud init が終了すると、有効な構成のプロパティが表示されます。

[compute]
region = us-east1
zone = us-east1-b
[core]
account = user@google.com
disable_usage_reporting = False
project = example-project

これらのプロパティは、gcloud config list コマンドを使用していつでも表示できます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud SDK のドキュメント