gcloud CLI のプロパティの管理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

プロパティとは、gcloud CLI の動作を制御する設定です。

プロパティを使用して、プロダクトやサービスの設定を定義できます。たとえば、gcloud CLI で認証に使用するアカウントや Compute Engine リソースのデフォルト リージョンを指定できます。また、 101}gcloud CLI コンポーネントの更新チェックをオフにします。プロパティには gcloud CLI の設定も定義できます。たとえば、gcloud CLI コマンドの出力の詳細レベルやプロンプトの構成などです。

プロパティとフラグ

gcloud CLI は、gcloud CLI と同じ効果を持つグローバル フラグとコマンドフラグをサポートしています。たとえば gcloud CLI では、--project フラグと project プロパティを両方サポートしています。プロパティを使用すると、コマンドの実行中に同じ設定を維持できます。コマンドを呼び出すたびに、フラグによってコマンドの動作が制御されます。両方を設定すると、フラグによってプロパティがオーバーライドされます。

構成

構成とは、gcloud CLI のプロパティのセットに名前を付けたものです。gcloud CLI では、default という名前の構成が最初に有効になります。default 構成は、ほとんどのユースケースに適しています。追加の構成を作成して、必要に応じて切り替えることもできます。

プロパティのリスト表示

アクティブな構成の中のプロパティを一覧表示するには、gcloud config list を実行します。

gcloud config list

gcloud CLI により、プロパティのリストが返されます。

[compute]
region = us-east1
zone = us-east1-d
[core]
account = user@google.com
disable_usage_reporting = False
project = example-project
[metrics]
command_name = gcloud.config.list

プロパティの設定

アクティブな構成の中のプロパティを設定するには、gcloud config set を実行します。次の例では、project プロパティを設定しています。ここで、PROJECT_ID はプロジェクトの一意の ID です。

gcloud config set project PROJECT_ID

core プロパティ セクションに含まれていないプロパティを設定するには、セクションを指定し、続けてスラッシュとプロパティ名を指定する必要があります。次の例では、ゾーン名を us-east1-b に設定しています。

gcloud config set compute/zone us-east1-b

環境変数を使用してプロパティを設定する

環境変数を使用してプロパティを設定することもできます。各プロパティには、その設定に使用できる対応する環境変数があります。環境変数の名前は、CLOUDSDK_SECTION_NAME_PROPERTY_NAME パターンに従います。たとえば、core/project プロパティと compute/zone プロパティは次のように設定できます。

CLOUDSDK_CORE_PROJECT=PROJECT_NAME

CLOUDSDK_COMPUTE_ZONE=ZONE_NAME

プロパティの設定解除

アクティブな構成の中のプロパティを設定解除するには、gcloud config unset を使用します。

gcloud config unset disable_usage_reporting

使用可能なプロパティ

すべてのプロパティのリストを表示するには、gcloud topic configurationsまたはgcloud config set --helpを実行して、[Available Properties] セクションを探します。

次のステップ