.NET 開発環境の設定

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このチュートリアルでは、Google Cloud で実行され、Google Cloud API を呼び出す .NET および .NET core アプリを開発するために、ローカル マシンを準備する方法を示します。

開発環境のインストール

このドキュメントで説明する .NET チュートリアルとサンプルアプリを実行するために推奨される開発環境は、Visual Studio または Visual Studio Code です。

Google Cloud プロジェクトを作成する

アプリを実行するための Google Cloud プロジェクトを作成します。Google Cloud プロジェクトは、すべての Google Cloud サービスの作成、有効化、使用の基礎となります。

Authentication

Google Cloud API を使用するには、.NET アプリはアプリ自体を認証する必要があります。これには、ローカル開発環境または本番環境で認証情報を指定できるアプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)を使用します。

ADC の設定については、アプリケーションのデフォルト認証情報に認証情報を提供するをご覧ください。認証に関する一般的な情報については、Google での認証をご覧ください。

(オプション).NET ツールと SDK のインストール

Google Cloud Console を使用すると、ウェブブラウザを介して Google Cloud リソースを作成して管理できますが、Visual Studio 内またはコマンドラインから Google Cloud リソースを管理したい場合は、次のツールのインストールを検討できます。

  • Google Cloud CLI: gcloud CLI は Google Cloud のプロダクトとサービス用コマンドライン インターフェースです。

  • Tools for Visual Studio: Tools for Visual Studio は、Google Cloud 上の Visual Studio での開発を可能にします。

  • Tools for PowerShell: Tools for PowerShell は、Google Cloud リソースを管理できる Windows PowerShell のコマンドレットのセットです。

次のステップ