.NET 開発環境の設定

このチュートリアルでは、Google Cloud で実行され、Google Cloud API を呼び出す .NET および .NET core アプリを開発するために、ローカル マシンを準備する方法を示します。

開発環境のインストール

このドキュメントで説明する .NET チュートリアルとサンプルアプリを実行するために推奨される開発環境は、Visual Studio または Visual Studio Code です。

Google Cloud プロジェクトを作成する

アプリを実行するための Google Cloud プロジェクトを作成します。Google Cloud プロジェクトは、すべての Google Cloud サービスの作成、有効化、使用の基礎となります。

認証

ローカルでの開発中、.NET アプリは、Google Cloud API とやりとりを行うためにアプリ自体を認証する必要があります。次の手順では、アプリを認証するためのサービス アカウント キーを作成する方法について説明します。アプリは、Google Cloud にデプロイされたとき、この方法を使用してローカルで認証できます。アプリのデプロイ後の認証の処理方法などの詳細については、認証をご覧ください。

認証用のサービス アカウントキーの作成

Console

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [作成して続行] をクリックします。
  5. プロジェクトへのアクセス権限を付与するには、サービス アカウントに次のロールを付与します。[プロジェクト] > [オーナー]

    [ロールを選択] リストでロールを選択します。

    ロールを追加するには、[別のロールを追加] をクリックして各ロールを追加します。

  6. [続行] をクリックします。
  7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
  4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

gcloud

認証を設定します。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. サービス アカウントにロールを付与します。次の IAM ロールごとに次のコマンドを 1 回実行します。roles/owner

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role=ROLE

    次のように置き換えます。

    • NAME: サービス アカウントの名前
    • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
    • ROLE: 付与するロール
  3. 鍵ファイルを生成します。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

    次のように置き換えます。

    • FILE_NAME: 鍵ファイルの名前
    • NAME: サービス アカウントの名前
    • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID

次に、環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を、ダウンロードした JSON キーのパスに設定します。PowerShell で次のコマンドを実行します。

この PowerShell セッションでは、以下のコマンドを実行します。

PS > $env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS = "$env:USERPROFILE\Downloads\your-project-id-dea9fa230eae3.json"

このコマンドを実行した後に作成されるすべてのプロセスでは、以下のコマンドを実行します。

PS > [Environment]::SetEnvironmentVariable("GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS", "$env:USERPROFILE\Downloads\your-project-id-dea9fa230eae3.json", "User")

(オプション).NET ツールと SDK のインストール

Google Cloud Console を使用すると、ウェブブラウザを介して Google Cloud リソースを作成して管理できますが、Visual Studio 内またはコマンドラインから Google Cloud リソースを管理したい場合は、次のツールのインストールを検討できます。

  • Google Cloud CLI: gcloud CLI は Google Cloud のプロダクトとサービス用コマンドライン インターフェースです。

  • Tools for Visual Studio: Tools for Visual Studio は、Google Cloud 上の Visual Studio での開発を可能にします。

  • Tools for PowerShell: Tools for PowerShell は、Google Cloud リソースを管理できる Windows PowerShell のコマンドレットのセットです。

次のステップ