Setting up a .NET development environment

This tutorial shows how to prepare your local machine for developing .NET and .NET core apps that run on Google Cloud and call Google Cloud APIs.

Install a development environment

The recommended development environment for running the .NET tutorials and sample apps in this documentation is Visual Studio 2017 or Visual Studio Code.

Create a Google Cloud project

Create a Google Cloud project to run your apps. Google Cloud projects form the basis for creating, enabling, and using all Google Cloud services.

Authentication

During local development, your .NET app must authenticate itself in order to interact with Google Cloud APIs. The following instructions describe how to create a service account key to authenticate your app. Apps can use this method to authenticate locally and when deployed to Google Cloud. Read more about authentication, including how authentication is handled once your app is deployed.

Create a service account key for authentication

GCP Console

  1. GCP Console で [サービス アカウントキーの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントキーの作成] ページに移動
  2. [サービス アカウント] リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
  4. [役割] リストで、[プロジェクト] > [オーナー] を選択します。

    : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。このフィールドは、後から GCP Console で表示または変更できます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。[NAME] をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create [NAME]
  2. サービス アカウントに権限を付与します。[PROJECT_ID] は実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding [PROJECT_ID] --member "serviceAccount:[NAME]@[PROJECT_ID].iam.gserviceaccount.com" --role "roles/owner"
    : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。後で GCP Console を使用して、このフィールドを表示したり変更したりできます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  3. キーファイルを生成します。[FILE_NAME] はキーファイルの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts keys create [FILE_NAME].json --iam-account [NAME]@[PROJECT_ID].iam.gserviceaccount.com

Next, set the environment variable GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS to the path of the JSON key that was downloaded. In PowerShell, the commands are:

For this PowerShell session.

PS > $env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS = "$env:USERPROFILE\Downloads\your-project-id-dea9fa230eae3.json"

For all processes created after this command.

PS > [Environment]::SetEnvironmentVariable("GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS", "$env:USERPROFILE\Downloads\your-project-id-dea9fa230eae3.json", "User")

(Optional) Install .NET tools and SDKs

Even though you can create and manage Google Cloud resources via your web browser using the Google Cloud Console, if you'd prefer to manage your Google Cloud resources from within Visual Studio or from the command-line, you can consider installing the following tools:

  • Cloud SDK: The Cloud SDK is a command-line interface for Google Cloud products and services.

  • Tools for Visual Studio: Tools for Visual Studio enables development in Visual Studio on Google Cloud.

  • Tools for PowerShell: Tools for PowerShell is a set of cmdlets for Windows PowerShell that lets you manage Google Cloud resources.

What's next