Node.js 開発環境のセットアップ

このチュートリアルでは、Node.js 開発用にローカルマシンを準備する方法を説明します。Google Cloud で実行する Node.js アプリの開発方法についても説明します。このチュートリアルの手順に沿って、Node.js と関連ツールをインストールしてください。

Node.js の概要と Google Cloud で Node.js アプリを実行する方法については、Node.js と Google Cloud をご覧ください。

目標

  • Node Version Manager(NVM)をインストールします。
  • Node.js と npm(Node Package Manager)をインストールします。
  • エディタをインストールします。
  • Cloud SDK をインストールします。
  • Node.js 用 Cloud クライアント ライブラリをインストールします。
  • その他の便利なツールをインストールします。

NVM のインストール

NVM は、Node.js と npm のインストールを管理するための bash スクリプトです。NVM は Windows に対応していません。Windows で Node.js のインストールを管理する詳しい方法については、nvm-windows をご覧ください。

NVM のインストールについての詳細は、インストール手順をご覧ください。

Node.js と npm(Node Package Manager)のインストール

NVM をインストールしたら、Node.js と npm をインストールします。

  1. Node.js の最新バージョンをインストールするには、次のコマンドを実行します。

    nvm install stable
    
  2. オプション: このバージョンをデフォルトのバージョンにするには、次のコマンドを実行します。

    nvm alias default stable
    
  3. 任意: 実行中の Node.js のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

    node -v
    

npm は Node.js の Node Package Manager で、通常は Node.js と一緒にインストールされます。npm を使用して、npm リポジトリから Node.js パッケージをインストールします。例:

npm install --save express

詳細については、Google Cloud で Express.js を実行するをご覧ください。

エディタのインストール

Node.js アプリの開発に使用できるエディタはいくつかあります。たとえば、以下のようなエディタが人気です。

効果的な Node.js 開発のために、これらのエディタは、構文のハイライト表示、インテリセンス、コード補完から完全な統合デバッグ機能にいたるさまざまな機能を提供します(プラグインが必要になる場合もあります)。

Cloud SDK のインストール

Cloud SDK は、Google Cloud 用ツールセットです。このセットには gcloudgsutilbq が含まれており、Compute Engine、Cloud Storage、BigQuery などのプロダクトやサービスにコマンドラインからアクセスできます。このようなツールはインタラクティブに実行することも、自動スクリプトで実行することもできます。

たとえば、次のコマンドは任意の Node.js ウェブ アプリケーションを App Engine スタンダード環境にデプロイします。デプロイ後、App Engine はこのアプリを npm start で起動しようとします。

gcloud app deploy

Node.js 用 Google Cloud クライアント ライブラリのインストール

Cloud Client Libraries for Node.js は、Node.js デベロッパーが Datastore や Cloud Storage などの Google Cloud サービスの統合に使用する慣用的な方法です。たとえば、次のような方法で個々の API のパッケージをインストールできます。

npm install --save @google-cloud/storage

その他の便利なツールのインストール

Node.js ツールとライブラリの包括的なリストについては、Node.js リストをご覧ください。

次のステップ