ビューの概要

このページでは、BigQuery のビューの概要について説明します。

はじめに

ビューは SQL クエリによって定義される仮想テーブルです。ビューの作成後は、テーブルをクエリするのと同じ方法でビューをクエリします。ユーザーがビューをクエリすると、クエリ結果には、ビューを定義するクエリで指定されたテーブルとフィールドのデータのみが含まれます。

BigQuery でビューをクエリするには、次の方法を使用します。

ビューは、Google データポータルなどの可視化ツールのデータソースとして使用することもできます。

ビューの制限

BigQuery ビューには次の制限があります。

  • ビューが含まれるデータセットと、そのビューで参照されるテーブルが属するデータセットは、同じロケーションに存在する必要があります。
  • ビューからデータをエクスポートする BigQuery ジョブは実行できません。
  • TableDataList JSON API メソッドを使用してビューからデータを取得することはできません。詳細については、Tabledata: list をご覧ください。
  • ビューを使用するときは、標準 SQL クエリとレガシー SQL クエリを併用できません。標準 SQL クエリでは、レガシー SQL 構文で定義したビューを参照できません。
  • ビューを作成すると、元のテーブルのスキーマがビューと一緒に保存されます。ビューの作成後に列の追加や削除などを行うと、ビューを更新するまでは正確なスキーマが報告されません。報告されるスキーマが正確でない場合でも、送信されたクエリは正しい結果を出力します。
  • レガシー SQL ビューを標準 SQL に自動的に更新することはできません。ビューの定義に使用されているクエリを変更するには、Console または従来の BigQuery ウェブ UI の [Edit query] オプション、CLI の bq update --view コマンド、あるいは API メソッドの update または patch を使用します。
  • ビューを定義する SQL クエリにユーザー定義の関数を含めることはできません。
  • ワイルドカード テーブル クエリでビューを参照することはできません。

ビューの割り当て

ビューに適用される割り当てと制限については、ビューの制限をご覧ください。

ビューの定義に使用する SQL クエリにもクエリジョブの割り当てが適用されます。

ビューの料金

BigQuery のビューは論理ビューであり、実体化されたビューではありません。実体化されたビューではないため、ビューを照会するたびに、ビューを定義しているクエリが実行されます。クエリは、トップレベル クエリで直接または間接的に参照される全テーブル フィールドの合計データ量に基づいて課金されます。詳細については、クエリの料金をご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。