承認済みのビューの作成

このドキュメントでは、BigQuery で承認済みビューを作成する方法について説明します。

BigQuery で承認済みビューを作成するには、次の方法で作成します。

  • GCP Console または従来の BigQuery ウェブ UI を使用する
  • コマンドライン ツールの bq mk コマンド
  • API の tables.insert メソッドを呼び出す
  • CREATE VIEW データ定義言語(DDL)ステートメントを実行する

概要

データセットに表示アクセス権を設定する場合、BigQuery では承認済みのビューを作成します。承認済みビューを使用すると、元のテーブルへのアクセス権がないユーザーでも、クエリの結果を特定のユーザーやグループと共有できます。ビューの SQL クエリを使用して、ユーザーがクエリを実行できる列(フィールド)を制限することもできます。

このようなビューは、ビューの元になるソースデータとは異なるデータセットに作成する必要があります。アクセス制御はデータセット レベルでのみ割り当てることができるため、ソースデータと同じデータセットにビューを作成した場合、ユーザーはビューとデータの両方にアクセスできてしまいます。

承認済みビューを作成するチュートリアルについては、BigQuery で承認済みビューを作成するをご覧ください。

必要な権限

データセットへの表示アクセス権を付与するには、データセット レベルで OWNER アクセス権が付与されているか、bigquery.datasets.update 権限を含むプロジェクト レベルの IAM 役割が割り当てられている必要があります。次の定義済みのプロジェクト レベルの IAM 役割には bigquery.datasets.update 権限が含まれます。

また、bigquery.user 役割には bigquery.datasets.create 権限が含まれているため、bigquery.user 役割に割り当てられたユーザーは、自分が作成した任意のデータセットを更新できます。bigquery.user 役割に割り当てられているユーザーがデータセットを作成すると、そのユーザーには、作成したデータセットへの OWNER アクセス権が付与されます。 データセットへの OWNER アクセス権が付与されたユーザーは、そのデータセットを完全に制御できます。

BigQuery での IAM 役割と権限の詳細については、アクセス制御をご覧ください。データセット レベルの役割の詳細については、データセットに対する基本の役割をご覧ください。

データセットに表示アクセス権を付与する

データセットへの表示アクセス権を付与するには:

Console

  1. ナビゲーション パネルの [リソース] セクションでプロジェクトを展開し、データセットを選択します。

  2. ウィンドウの右側にある [共有データセット] をクリックします。

  3. [データセットの権限] パネルで、[承認済みのビュー] タブを選択します。

  4. [承認済みビューの共有] セクションで、次の操作を行います。

    • [プロジェクトの選択] で、プロジェクト名を確認します。ビューが異なるプロジェクトにある場合には、そのプロジェクトを選択します。
    • [データセットを選択] で、ビューを含むデータセットを選択します。
    • [ビューを選択] で、承認するビューを選択します。
  5. [追加] をクリックしてから [完了] をクリックします。

従来の UI

  1. ソーステーブルを含むデータセットの右側のプルダウン矢印をクリックし、[Share Dataset] を選択します。

  2. [Share Dataset] ダイアログの [Add People] で、フィールドの左側にプルダウンをクリックして、[Authorized View] を選択します。

  3. [Select View] をクリックします。

  4. [Select View] ダイアログで、次の操作を行います。

    • [Project] で、プロジェクト名を確認します。ビューが異なるプロジェクトにある場合には、そのプロジェクトを選択します。
    • [Dataset] で、ビューを含むデータセットを選択します。
    • [Table ID] で、承認するビューの名前を入力します。
    • [OK] をクリックします。

      承認済みビューを選択する

  5. [Add] をクリックして、[Save changes] をクリックします。

コマンドライン

  1. show コマンドを使用して、既存のデータセット情報(アクセス制御も含む)を JSON ファイルに書き込みます。データセットがデフォルト プロジェクト以外のプロジェクトにある場合は、[PROJECT_ID]:[DATASET] の形式でプロジェクト ID をデータセット名に追加します。

    bq show --format=prettyjson [PROJECT_ID]:[DATASET] > [PATH_TO_FILE]
    

    ここで:

    • [PROJECT_ID] はプロジェクト ID です。
    • [DATASET] は、データセットの名前です。
    • [PATH_TO_FILE] は、ローカルマシン上の JSON ファイルへのパスです。

      例:

      次のコマンドを入力すると、mydataset のアクセス制御が JSON ファイルに書き込まれます。mydataset はデフォルト プロジェクトにあります。

      bq show --format=prettyjson mydataset > /tmp/mydataset.json

      次のコマンドを入力すると、mydataset のアクセス制御が JSON ファイルに書き込まれます。mydatasetmyotherproject にあります。

      bq show --format=prettyjson myotherproject:mydataset > /tmp/mydataset.json

  2. JSON ファイルの access セクションに承認済みビューを追加します。

    たとえば、データセットの JSON ファイルの access セクションは次のようになります。

    {
     "access": [
      {
       "role": "READER",
       "specialGroup": "projectReaders"
      },
      {
       "role": "WRITER",
       "specialGroup": "projectWriters"
      },
      {
       "role": "OWNER",
       "specialGroup": "projectOwners"
      }
      {
       "role": "READER",
       "specialGroup": "allAuthenticatedUsers"
      }
      {
       "role": "READER",
       "domain": "[DOMAIN_NAME]"
      }
      {
       "role": "WRITER",
       "userByEmail": "[USER_EMAIL]"
      }
      {
       "role": "READER",
       "groupByEmail": "[GROUP_EMAIL]"
      },
      {
       "view":{
       "datasetId": "[DATASET_NAME]",
       "projectId": "[PROJECT_NAME]",
       "tableId": "[VIEW_NAME]"
       }
      }
     ],
    }
    

  3. 編集が完了したら、update コマンドを実行します。その際、--source フラグを使用して JSON ファイルを指定します。データセットがデフォルト プロジェクト以外のプロジェクトにある場合は、[PROJECT_ID]:[DATASET] の形式でプロジェクト ID をデータセット名に追加します。

    bq update --source [PATH_TO_FILE] [PROJECT_ID]:[DATASET]
    

    ここで:

    • [PATH_TO_FILE] は、ローカルマシン上の JSON ファイルへのパスです。
    • [PROJECT_ID] はプロジェクト ID です。
    • [DATASET] は、データセットの名前です。

      例:

      次のコマンドを入力すると、mydataset のアクセス制御が更新されます。mydataset はデフォルト プロジェクトにあります。

      bq update --source /tmp/mydataset.json mydataset
      

      次のコマンドを入力すると、mydataset のアクセス制御が更新されます。mydatasetmyotherproject にあります。

      bq update --source /tmp/mydataset.json myotherproject:mydataset
      
  4. アクセス制御の変更を確認するには、show コマンドをもう一度入力します。ただし、今回は情報をファイルに書き込む指定を省略します。

    bq show --format=prettyjson [DATASET]
    

    または

    bq show --format=prettyjson [PROJECT_ID]:[DATASET]
    

API

datasets.patch を呼び出して、access プロパティでアクセス制御を更新します。詳細については、データセットをご覧ください。

datasets.update メソッドはデータセット リソース全体を置き換えるため、アクセス制御の更新には datasets.patch メソッドの方が適切です。

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順に従ってください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// To run this sample, you will need to create (or reuse) a context and
// an instance of the bigquery client.  For example:
// import "cloud.google.com/go/bigquery"
// ctx := context.Background()
// client, err := bigquery.NewClient(ctx, "your-project-id")
srcDataset := client.Dataset(srcDatasetID)
viewDataset := client.Dataset(viewDatasetID)
view := viewDataset.Table(viewID)

// First, we'll add a group to the ACL for the dataset containing the view.  This will allow users within
// that group to query the view, but they must have direct access to any tables referenced by the view.
vMeta, err := viewDataset.Metadata(ctx)
if err != nil {
	return err
}
vUpdateMeta := bigquery.DatasetMetadataToUpdate{
	Access: append(vMeta.Access, &bigquery.AccessEntry{
		Role:       bigquery.ReaderRole,
		EntityType: bigquery.GroupEmailEntity,
		Entity:     "example-analyst-group@google.com",
	}),
}
if _, err := viewDataset.Update(ctx, vUpdateMeta, vMeta.ETag); err != nil {
	return err
}

// Now, we'll authorize a specific view against a source dataset, delegating access enforcement.
// Once this has been completed, members of the group previously added to the view dataset's ACL
// no longer require access to the source dataset to successfully query the view.
srcMeta, err := srcDataset.Metadata(ctx)
if err != nil {
	return err
}
srcUpdateMeta := bigquery.DatasetMetadataToUpdate{
	Access: append(srcMeta.Access, &bigquery.AccessEntry{
		EntityType: bigquery.ViewEntity,
		View:       view,
	}),
}
if _, err := srcDataset.Update(ctx, srcUpdateMeta, srcMeta.ETag); err != nil {
	return err
}

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# from google.cloud import bigquery
# client = bigquery.Client()

# Assign access controls to the dataset containing the view
# shared_dataset_id = 'my_shared_dataset'
# analyst_group_email = 'data_analysts@example.com'
shared_dataset = client.get_dataset(
    client.dataset(shared_dataset_id)
)  # API request
access_entries = shared_dataset.access_entries
access_entries.append(
    bigquery.AccessEntry("READER", "groupByEmail", analyst_group_email)
)
shared_dataset.access_entries = access_entries
shared_dataset = client.update_dataset(
    shared_dataset, ["access_entries"]
)  # API request

# Authorize the view to access the source dataset
# project = 'my-project'
# source_dataset_id = 'my_source_dataset'
source_dataset = client.get_dataset(
    client.dataset(source_dataset_id)
)  # API request
view_reference = {
    "projectId": project,
    "datasetId": shared_dataset_id,
    "tableId": "my_shared_view",
}
access_entries = source_dataset.access_entries
access_entries.append(bigquery.AccessEntry(None, "view", view_reference))
source_dataset.access_entries = access_entries
source_dataset = client.update_dataset(
    source_dataset, ["access_entries"]
)  # API request

ビューを使用して行レベルのアクセスを適用する

ビューを使用して、特定の列(フィールド)へのアクセスを制限できます。テーブルの個々の行へのアクセスを制限する場合、ユーザーまたはグループごとに別々のビューを作成する必要はありません。その代わりに、SESSION_USER() 関数を使用して現在のユーザーのメールアドレスを取得できます。

ユーザーごとに異なる行を表示するには、行の表示を許可するユーザーを含むテーブルに別のフィールドを追加します。次に、SESSION_USER() 関数を使用するビューを作成します。次の例では、ユーザー名が allowed_viewer フィールドに格納されます。

#standardSQL
SELECT [COLUMN_1, COLUMN_2]
FROM `[DATASET.VIEW]`
WHERE allowed_viewer = SESSION_USER()

この方法では、1 回に複数のユーザーにアクセスを許可することはできません。この制限を回避するには、allowed_viewer を繰り返しフィールドにします。これにより、各行にユーザーリストを作成できます。ただし、繰り返しフィールドを使用する場合でも、テーブルにユーザー名を保存するときに、各行にアクセスする個々のユーザーを手動で設定しなければなりません。

代わりの方法としては、allowed_viewer フィールドにグループ名を入力し、グループとユーザーをマッピングする別のテーブルを作成します。グループとユーザーをマッピングするテーブルには、グループ名とユーザー名を保存するスキーマがあります。たとえば、{group:string, user_name:string} のようになります。これにより、データを含むテーブルとは別にユーザーとグループの情報を管理できます。

マッピングするテーブルの名前が private.access_control の場合、承認済みのビューを作成する SQL クエリは次のようになります。

#standardSQL
SELECT c.customer, c.id
FROM `private.customers` c
INNER JOIN (
    SELECT group
    FROM `private.access_control`
    WHERE SESSION_USER() = user_name) g
ON c.allowed_group = g.group

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。