Google Cloud は、SAP などのミッション クリティカルなエンタープライズ アプリケーション向けに構築された Filestore Enterprise のリリースを発表しました。お知らせを見る。.

ジャンプ先

Filestore

高パフォーマンスでフルマネージドのファイル ストレージ。
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    クイックスタート ガイドで Filestore オペレーションを行う方法を学習する

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    Sabre が Filestore for SAP をどのように活用し、ビジネス クリティカルなアプリを実現しているかを紹介します。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    Filestore の最新のニュース、記事、動画をご覧ください

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    99.99% のリージョン可用性 SLA

利点

クラウドへの移行を迅速化

Filestore を利用すると、アプリケーションの書き換えや再設計を必要とせずに、そのままクラウドに移行できるので、スピーディーで効率的な移行が実現します。

管理が容易

Filestore インスタンスは、コンソール、gCloud CLI、API を使用して簡単にデプロイできます。ファイル ストレージの構成とモニタリングに費やす時間を減らして、ビジネスに価値を付加するための時間に集中できます。

必要に応じて容量をスケールアップまたはスケールダウンする

使った容量に基づいて料金が決定されます。また、アプリケーションの需要に基づいて、自動的に容量がスケールアップまたはスケールダウンされます。

主な機能

Filestore は特に負荷の高いアプリケーションのニーズに対応

高パフォーマンスのワークロードのニーズに対応するスケーリング

Filestore は、アプリケーションに低レイテンシのストレージ オペレーションを提供します。ハイ パフォーマンス コンピューティング、データ分析、その他のメタデータ量の多いアプリケーションなど、レイテンシの影響を受けやすいワークロードに対して、Filestore は最大 100 TB の容量と、25 GB/秒、920K IOPS のスループットをサポートします。

99.99% のリージョンの可用性 SLA によりエンタープライズ アプリをサポート

Filestore Enterprise は、ゾーンの停止時にもアプリケーションの稼働を保証するリージョン可用性が要求される重要なアプリケーション(例: SAP)向けに構築されています。アプリケーションを書き換えずに、クラウドへの移行を速やかに開始できます。

バックアップとスナップショットでデータを保護する

Filestore は、データを簡単に保護するのに役立つ瞬時のバックアップとスナップショットを提供します。ファイル共有のデータとメタデータをバックアップしたり、定期的なバックアップ スケジュールを設定したり、必要なときにいつでもインスタンスのスナップショットを作成したりできます。データを復元する場合は、10 分以内に以前のスナップショット リカバリ ポイントからデータの一部またはすべてを復元します。

Filestore で GKE ワークロードをサポートする

ファイル ストレージを必要とする GKE で実行されるアプリの場合、フルマネージド NFS ソリューションはステートフルとステートレス アプリケーションをサポートします。統合されたマネージド GKE Container Storage Interface(CSI)ドライバにより、複数の Pod が同じデータへの共有ファイル システム アクセスを持つことができます。

「99.99% のリージョンの可用性とスナップショットにより、SAP やその他のステートフル アプリケーションをサポートする Filestore Enterprise を GKE に自信を持ってデプロイできます。旅行業界や接客業では、これらのアプリケーションを常に提供する必要があります。」

Sabre 社 エンタープライズ アーキテクチャ担当シニア ディレクター Patrick Uckermark 氏
ブログを読む

最新情報

最新情報

Google Cloud のニュースレターにご登録いただくと、プロダクトの最新情報、イベント情報、スペシャル オファーのお知らせなどが配信されます。

ドキュメント

ドキュメント

クイックスタート
Google Cloud Console の使用

Google Cloud Console を使用して Filestore インスタンスを作成、マウント、削除する方法について学習します。

クイックスタート
gcloud コマンドライン ツールの使用

gcloud コマンドライン ツールを使用して、Filestore インスタンスを作成、マウント、削除する方法について学習します。

チュートリアル
データのコピー

gsutil を使って Filestore インスタンスと Cloud Storage バケットの間でデータをコピーするか、gcloud を使って既存の環境から Filestore インスタンスにデータをコピーします。

アーキテクチャ
インスタンス ティア

Filestore には、さまざまなストレージとパフォーマンスのニーズに応える複数のインスタンス ティアが用意されています。

ユースケース

ユースケース

ユースケース
エンタープライズ アプリケーションの移行(SAP)

多くのオンプレミス アプリケーションが、ファイル システム インターフェースを必要としています。Google のフルマネージド ストレージ サービスを利用して、エンタープライズ アプリケーションをクラウドに簡単に移行できるようにしました。Filestore Enterprise は、リージョンの可用性を必要とし、非構造化 NFS データ要件を持つ重要なアプリケーション向けに構築されています。

ユースケース
金融サービスとテクノロジー

量的調査やモデリングの担当者は、有用なコンピューティング データとストレージ リソースをすぐに活用して、価値のある取引の分析情報を迅速に提供する必要があります。Filestore ハイスケールは、ハイ パフォーマンス コンピューティング(HPC)アプリケーションに向けて構築されており、情報へのアクセスと、情報の並べ替え、処理、モデル化を行い、適切な情報を適切な意思決定者に適切なタイミングで提供できます。

ユースケース
メディアのレンダリング

視覚効果アーティストは、Compute Engine インスタンスに簡単にマウントできる Cloud Filestore ファイル共有を活用して、共同作業の効率を上げることができます。レンダリング ワークフローはコンピューティング マシンのフリート(「レンダー ファーム」)で実行されるのが一般的ですが、それらのマシンすべてが共有ファイル システムである Filestore をマウントすることで、レンダリングのニーズに応じて Compute Engine をスケーリングできます。

ユースケース
データ分析

複雑な財務モデルの計算や、環境データの分析を Filestore で行います。容量やパフォーマンスの要件が変わった場合は、必要に応じてインスタンスを拡大、縮小します。Filestore は永続的かつ共有可能なストレージ層であり、高パフォーマンスなスマート アナリティクス向けにデータへの即時アクセスを可能にします。クライアントのドライブへのデータのロードとオフロードに、貴重な時間を使う必要がありません。

ユースケース
ゲノム処理

ゲノム解読には、1 人につき数十億データポイントにものぼる膨大な量の生データを必要とします。このような分析には、速度、スケーラビリティ、セキュリティが不可欠です。Filestore は科学的研究を実施している企業や研究機関の要望に応えると同時に、パフォーマンスに合った予測可能な料金も提示します。

ユースケース
ウェブ コンテンツ管理

Filestore による WordPress ホスティングのようなニーズなど、ウェブ コンテンツの管理と提供は、ウェブ デベロッパーと大規模なホスティング プロバイダから信頼を得ています。

すべての機能

Filestore は 3 種類のパフォーマンス ティアを提供します。

特長

Filestore Basic(HDD および SSD)

Filestore Enterprise(プレビュー)

Filestore High Scale(プレビュー)

推奨用途

  • ファイル共有、GKE、ソフトウェア開発、ウェブ ホスティング

  • 重要なアプリケーション(例: SAP)、Compute Engine、GKE のワークロード

  • ゲノム解読、金融サービス取引分析、その他の高性能ワークロードを含むハイ パフォーマンス コンピューティング。

容量

  • 1~63.9 TiB(HDD)

  • 2.5~63.9 TiB(SSD)

  • 1~10 TiB

  • 10~100 TiB

最大順次読み取りスループット(MB/秒)

  • 180 (HDD)

  • 1,200 (SSD)

  • 1,200

  • 26,000

最大ランダム読み取り IOPS

  • 1,000 (HDD)

  • 60,000 (SSD)

  • 57,000

  • 960,000

料金

料金

Filestore の料金は、以下の項目に基づいて計算されます。

サービスティア: インスタンスのサービスティアが基本 HDD(Standard)、基本 SSD(Premium)、高スケール SSD のどれか。

インスタンス容量: 未使用の場合でも、割り当てられたストレージ容量に対して課金されます。

リージョン: インスタンスがプロビジョニングされるロケーション。

新規のお客様には、最初の 90 日間に Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。

パートナー

Google のファイル ストレージ パートナー エコシステムを見る