ジャンプ先

Open banking APIx

API の迅速で安全なデリバリーを可能にすることで、PSD2 で要求されるオープン バンキング提供のプロセスを簡易化、加速します。

利点

オープン バンキング準拠の API の安全なデリバリーを簡易化、加速化

オープン バンキングへの対応を支援

事前構成された API プロキシを使用して、金融関係の通信を認証し、安全を強化できます。

パートナーとお客様のエコシステムを育成

Apigee Open Banking APIx のデベロッパー ポータルで、迅速かつ安全にデータを共有できます。

社内外のイノベーションを促進

事前統合された OAuth セキュリティ フレームワークで、社内アプリやサードパーティ プロバイダでさまざまなアクセスモデルが使えるようになります。


Open Banking, powered by Apigee API Management の動画で、Apigee がオープン バンキングのイニシアチブをサポートする方法の詳細をご覧ください。

主な機能

コンプライアンス アクセラレータ

規制当局は、金融機関が財務データと支払い機能にプログラムでアクセスできるようにすることを義務付けています。アクセラレータが役立ちます。

Open Banking(英国)/ PSD2(EU)準拠の API アクセラレータ

CMA のオープン バンキング仕様に従って事前構成されたバンキング API を提供します。統合された OAuth セキュリティ フレームワークを使用してさまざまなアクセスモデルをサポート。API ドキュメント、ツール、テストケース付き API サンドボックスを含む銀行に特化したデベロッパー ポータルです。また、規制対象エンティティ準拠の API の提供を促進するための機能なども追加されました。

オーストラリア / CDR 準拠の API アクセラレータ

Open Data Sandbox(モックデータ)を使用すると、再利用可能なロジックを CDS 準拠の API の実装に使用できるほか、モック OIDC プロバイダで認証と承認を行う機能も利用できます。オープン バンキング準拠の API を迅速かつ安全にデリバリーできます。


ご関心をお持ちの場合は、お問い合わせください

導入事例