ログを使用したデータ ガバナンスのベスト プラクティスを取り上げている新しいホワイトペーパーをダウンロード

ジャンプ先

Google Cloud のオペレーション スイート(旧称 Stackdriver)

Google Cloud 環境でアプリケーションのパフォーマンスをモニタリングしてトラブルシューティングを行い、パフォーマンスを向上させます。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    Google Cloud とさまざまなアプリケーションで指標、ログ、トレースを収集

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    組み込み済みのすぐに使用できるダッシュボードとビューを使用して、プラットフォームとアプリケーションをモニタリング

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    これらのシグナルのクエリと分析

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    適切なパフォーマンスと可用性のインジケーターの設定

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    既存のシステムでアラートと通知ルールを設定

主な機能

主な機能

リアルタイムでのログの管理と分析

Cloud Logging は、大規模に実行されるフルマネージド サービスです。アプリケーションとシステムのログデータのほか、GKE 環境、VM、Google Cloud サービスからのカスタム ログデータも取り込めます。Cloud Logging では、選択したログを分析でき、アプリケーションのトラブルシューティングが加速します。

組み込みの大規模な指標オブザーバビリティ

Cloud Monitoring では、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間、全体的な動作状況を確認できます。Google Cloud サービス、ホステッド アップタイムのプローブ、アプリケーション インストルメンテーション、よく使われるさまざまなアプリケーション コンポーネントから指標、イベント、メタデータを収集し、チャートやダッシュボードで可視化してアラートを管理できます。

アプリのパフォーマンスをモニタリングして改善

アプリケーション パフォーマンス管理(APM)には、Cloud Logging と Cloud Monitoring のモニタリング機能とトラブルシューティング機能に加えて、レイテンシと費用の低減に役立つ Cloud TraceCloud DebuggerCloud Profiler が統合されており、アプリケーションをより効率的に実行できます。

すべての機能を表示

導入事例

新機能

最新情報

Google Cloud のニュースレターにご登録いただくと、サービスの最新情報、イベント情報、スペシャル オファーなどを受け取ることができます。

ドキュメント

ドキュメント

チュートリアル
オペレーション スイートのドキュメント

オペレーション スイートのすべてのドキュメントを見る

チュートリアル
Cloud Monitoring を使ってみる

ワークスペース、モニタリング エージェント、稼働時間チェック、その他の機能の使用方法をご覧ください。

チュートリアル
Cloud Logging を使ってみる

Cloud Logging を設定して実行するためのガイドとセットアップ ドキュメント。

Google Cloud の基礎
GKE のモニタリングとロギングのサポート

Google Kubernetes Engine と Cloud Monitoring および Cloud Logging とのネイティブ統合について説明します。

アーキテクチャ
Google Cloud の指標

Cloud Monitoring でサポートされている指標をご覧ください。

チュートリアル
Qwiklabs のクエスト: Google Cloud のオペレーション スイート

この基本レベルのクエストでは、アプリケーションの健全性についてのインサイトを得るための Google Cloud のオペレーション スイートについて詳しく学びます。

チュートリアル
Dashboard API : 独自の Cloud Monitoring ダッシュボードを構築

共有と再利用が可能なダッシュボードを作成するためのヒント。

チュートリアル
Cloud Audit Logs

Cloud Audit Logs で管理アクティビティ、データアクセス、システム イベントの 3 種類の監査ログがどのように維持されるかを確認します。

アーキテクチャ
ハイブリッド クラウドとマルチクラウドのデプロイ

このドキュメントでは、ハイブリッド クラウドとマルチクラウドのデプロイ向けのモニタリングおよびロギング アーキテクチャについて説明します。

ユースケース

ユースケース

ユースケース
インフラストラクチャのモニタリング

Cloud Logging と Cloud Monitoring により、皆様の IT Ops / SRE / DevOps チームは、インフラストラクチャとアプリケーションのモニタリングに必要なオブザーバビリティを容易に手にすることができます。Cloud Logging では、Google Cloud 監査ログとプラットフォーム ログが自動的に取り込まれるので、すぐに使い始めることができます。Cloud Monitoring では、Google Cloud のすべての指標を無料で表示でき、Google Cloud 以外のモニタリング用のさまざまなプロバイダと統合されています。

左側では、Cloud Logging から次の 3 つのボックスに送られます。1)「ログビューア: ログの表示、クエリ、分析ボックス」2)「ログベースの指標の作成とアラートの設定」3)「長いシンク: 保持の管理とポリシーの設定」。右側では、Cloud Monitoring から次の 3 つのボックスに送られます。1)「グラフとダッシュボード」2)「アラートと通知」、3)「SLO のモニタリングと稼働時間チェック」
ユースケース
アプリケーションのトラブルシューティング

Cloud Ops ツールのフルパッケージを使用して、平均復元時間(MTTR)を短縮し、アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。ダッシュボードを使用して、サービス指標とカスタム アプリケーション指標の両方から分析情報を引き出します。Monitoring の SLO とアラート機能を利用してエラーを特定します。ログを調べてアプリケーションに関する詳細を探り、Trace、Debugger、Profiler を利用して高度なトラブルシューティングを行います。

プロセスフロー: Cloud Monitoring で「指標の収集、トレンド分析、アラートのしきい値の設定、SLO アラートによる外れ値アクティビティの監視」を行い、Cloud Logging で「異常信号を生成するサービスのログを分析して、これらのアプリケーションのトラブルシューティング」を行い、Cloud Trace で「アプリケーションが Cloud Trace ライブラリでインストゥルメント化されている場合は、トランザクションフロー内のマイクロサービス全体でレイテンシがどのように分散されるかを分析」し、Cloud Profiler と Cloud デバッガで「これらの機能を使用してパフォーマンスをプロファイルして、本番環境でのデバッグを実行し、アプリケーションのトラブルシューティングと最適化をさらに加速させます」

すべての機能

すべての機能

ログ管理 ログルーターを使用すると、ユーザーがログの送信先を制御できます。監査ログ、プラットフォーム ログ、ユーザーログを含むすべてのログは Cloud Logging API に送信され、そこでログルーターを通過します。ログルーターは、各ログエントリを既存のルールと照合して、破棄するログエントリ、取り込むログエントリ、エクスポートに含めるログエントリを決定します。
ログの分析情報 Error Reporting は、クラウド アプリケーションのエラーを分析して集計します。また、新しいエラーが検出されると通知します。
プロアクティブなモニタリング Cloud Monitoring では、指標、ヘルスチェック結果、稼働時間チェックの結果が指定の基準に達したときに通知するようアラート ポリシーを作成できます。Slack や PagerDuty など、多くの通知チャネルと統合されています。
カスタムの可視化 Cloud Monitoring Dashboards には、すぐに使えるダッシュボードがデフォルトで用意されています。また、強力な可視化ツールを使用し、ニーズに適した独自のダッシュボードを作成することもできます。
ヘルスチェックのモニタリング Cloud Monitoring は、クラウド環境で実行されているウェブ アプリケーションやその他のインターネットからアクセス可能なサービスに対するエンドポイント チェックを提供します。URL、グループ、リソース(インスタンスやロードバランサなど)に対して稼働時間チェックを構成できます。
サービスのモニタリング Service Monitoring には、すぐに使用できるテレメトリーとダッシュボードが用意されています。これにより、トポロジとコンテキスト グラフによるコンテキストのトラブルシューティングが可能となり、SLO とエラー バジェット管理を通じて健全性モニタリングを自動化できます。
レイテンシ管理 Cloud Trace は、App Engine のレイテンシをサンプリングし、URL ごとの統計やレイテンシの分布などを報告します。
デバッグ Cloud デバッガ は、本番環境内の任意のコードの場所でアプリケーションの状態を調べることで、アプリケーションの本番データをソースコードに結び付けます。その際、リクエストが停止することはなく、処理速度も低下しません。
パフォーマンス管理とコスト管理 Cloud Profiler は、本番環境のアプリケーションのリソース消費を継続的にプロファイリングします。この情報を使って潜在的なパフォーマンスの問題を特定し、問題を解消できます。
セキュリティ管理 Cloud Audit Logs は、Google Cloud 全体のユーザー アクティビティをほぼリアルタイムで可視化します。

料金

料金

Google Cloud オペレーション プロダクトの料金は、データ量と、月単位の無料の割り当ておよび Google Cloud Platform の指標と監査ログへの無制限アクセスに基づいて計算されます。すべての機能は追加料金なしでご利用いただけます。

プロダクト 料金
Cloud Monitoring プロダクトのすべての機能と Google Cloud の指標は、追加料金なしでご利用いただけます。請求先アカウントあたり毎月 150 MiB の無料割り振りを超過すると、指標データに対して $0.2580/MiB の料金が発生します。
Cloud Logging プロダクトのすべての機能と Google Cloud Audit Logs は、追加料金なしでご利用いただけます。プロジェクトあたり毎月 50 GiB の無料割り振りを超過すると、ログデータに対して $0.50/GiB の料金が発生します。

パートナー

パートナー

技術統合の豊富なエコシステムのサポートをご利用いただけます。このエコシステムは、Google Cloud のユーザーがより広範な IT 運用、セキュリティ、コンプライアンス機能を利用できるように拡大し続けています。