Cloud SQL の料金

このページには Cloud SQL の料金に関する情報が掲載されています。

Cloud SQL の料金は、使用しているインスタンスのタイプによって異なります。

MySQL と PostgreSQL の料金

Cloud SQL の料金は、次の料金で構成されます。

CPU とメモリの料金

専用コア インスタンスでは、必要な CPU 数と必要なメモリ容量を選択します。選択できる最大 CPU 数は 96 個、最大メモリ容量は 624 GB です。CPU とメモリの料金は、インスタンスが配置されているリージョンによって異なります。料金表のプルダウンからリージョンを選択してください。

リードレプリカとフェイルオーバー レプリカは、スタンドアロン インスタンスと同じレートで課金されます。

HA 料金は、高可用性向けに構成されたインスタンス(リージョン インスタンス)に適用されます。高可用性の詳細

ストレージとネットワークの料金

ストレージとネットワークの料金は、インスタンスが配置されているリージョンによって異なります。料金表のプルダウンからリージョンを選択してください。

HA 料金は、高可用性向けに構成されたインスタンス(リージョン インスタンス)に適用されます。高可用性の詳細

ネットワーク下り(外向き)の料金

Cloud SQL インスタンスからの下り(外向き)ネットワーク トラフィックに適用される料金は、トラフィックの送信先に依存し、場合によってはパートナーが関与するかどうかにも依存します。

インターネット下り(外向き)は、Cloud SQL インスタンスから Google プロダクト以外のクライアントに送信されるネットワーク トラフィックです。たとえば、ローカル サーバーを使用して Cloud SQL からデータを読み取る場合などがこれにあたります。

送信先 料金
Compute Engine インスタンスと Cloud SQL クロスリージョン レプリカ 同じリージョン内: 無料
北米内のリージョン間: $0.12/GB
北米外のリージョン間: $0.12/GB
Google プロダクト(Compute Engine、および Cloud SQL クロスリージョン レプリカへのトラフィックを除く) 大陸内: 無料
大陸間: $0.12/GB
インターネット下り(外向き、Cloud Interconnect を使用する場合) $0.05/GB
インターネット下り(外向き、Cloud Interconnect を使用しない場合) $0.19/GB
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

インスタンスの料金

インスタンスの料金は、共有コア インスタンスにのみ適用されます。専用コア インスタンス(最大 96 個の vCPU と最大 624 GB のメモリを搭載可能)は、搭載しているコア数とメモリ容量に基づいて課金されます。

インスタンスの料金は、インスタンスが実行されている(アクティベーション ポリシーが ALWAYS に設定されている場合)間、1 秒ごとに課金されます。Cloud SQL では、使用時間の単位乗数として秒数を使用しています。つまり、使用時間 1 秒ごとに課金対象としてカウントされます。詳しくは、半秒未満の課金をご覧ください。

HA 料金は、高可用性向けに構成されたインスタンス(リージョン インスタンス)に適用されます。高可用性の詳細

以下の表を次のように使用します。

  • プルダウン メニューからリージョンを選択し、そのリージョンの料金を表示します。
  • スライダーを使用して [1 か月あたり] または [1 時間あたり] を選択します。
  • 使用するマシンタイプの料金の詳細を確認します。

*CPU を共有するマシンタイプ(db-f1-micro と db-g1-small)は Cloud SQL SLA の対象外です。

半秒未満の課金

ミリ秒単位の使用時間は四捨五入されます。使用時間が半秒未満(499 ミリ秒以下)の場合はゼロに切り捨てられ、課金対象としてカウントされません。

次に例を示します。

  • インスタンスを 499 ミリ秒使用した場合、その秒に対しては課金されません。
  • インスタンスを 500 ミリ秒または 1.49 秒使用した場合、どちらの場合も 1 秒として課金されます。
  • インスタンスを 1.5 秒または 2.49 秒使用した場合、どちらの場合も 2 秒として課金されます。

SQL Server の料金

Cloud SQL for SQL Server の料金は、次の料金で構成されます。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用される方は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud SQL のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイに使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud SQL 無料トライアル

CPU とメモリの料金

専用コア インスタンスでは、必要な CPU 数と必要なメモリ容量を選択します。選択できる最大 CPU 数は 96 個、最大メモリ容量は 624 GB です。CPU とメモリの料金は、インスタンスが配置されているリージョンによって異なります。料金表のプルダウンからリージョンを選択してください。

リードレプリカとフェイルオーバー レプリカは、スタンドアロン インスタンスと同じレートで課金されます。

HA 料金は、高可用性向けに構成されたインスタンス(リージョン インスタンス)に適用されます。高可用性の詳細

ストレージとネットワークの料金

SQL Server のストレージとネットワークの料金は、インスタンスが配置されているリージョンによって異なります。料金表のプルダウンからリージョンを選択してください。

HA 料金は、高可用性向けに構成されたインスタンス(リージョン インスタンス)に適用されます。高可用性の詳細

ネットワーク下り(外向き)の料金

Cloud SQL インスタンスからの下り(外向き)ネットワーク トラフィックに適用される料金は、トラフィックの送信先に依存し、場合によってはパートナーが関与するかどうかにも依存します。

インターネット下り(外向き)は、Cloud SQL インスタンスから Google プロダクト以外のクライアントに送信されるネットワーク トラフィックです。たとえば、ローカル サーバーを使用して Cloud SQL からデータを読み取る場合などがこれにあたります。

送信先 料金
Compute Engine インスタンス 同じリージョン内: 無料
北米内のリージョン間: $0.12/GB
北米外のリージョン間: $0.12/GB
Google プロダクト(Compute Engine を除く) 大陸内: 無料
大陸間: $0.12/GB
インターネット下り(外向き、Cloud Interconnect を使用する場合) $0.05/GB
インターネット下り(外向き、Cloud Interconnect を使用しない場合) $0.19/GB
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

ライセンス

インスタンスとリソースの料金に加えて、SQL Server には選択したエディションに基づいたライセンス コンポーネントもあります。高可用性またはリージョン インスタンスでは、アクティブなリソースの単一ライセンスの費用のみが発生します。

インスタンスの作成およびさまざまなエディションの詳細については、こちらをご覧ください。

ライセンス 1 コアあたりの料金/時間
Enterprise $0.47
Standard $0.13
Web $0.01134
Express $0

Microsoft SQL Server ライセンスでは、インスタンスの vCPU ごとに 1 つのコアライセンスが必要になります。各インスタンスのコア数の下限は 4 個です。これらの要件を満たすため、vCPU が 4 個未満のインスタンスは、ライセンス レートの 4 倍で SQL Server に対して課金されます。4 つ以上の vCPU を持つインスタンスの場合、課金対象となる SQL Server ライセンスの数は vCPU の数と同じです。

SQL Server インスタンスには、最低 10 分間分のライセンス料金が請求されます。10 分を超えると、SQL Server ライセンスは 1 分単位で課金されます。

次のステップ