BigQuery BI Engine とは

BigQuery BI Engine は、高速なメモリ内分析サービスです。BI Engine を使用すると、BigQuery に保存されたデータを分析できます。クエリ応答時間は 1 秒未満で、同時実行性にも優れています。

BI Engine は、Google データポータルなどの使い慣れた Google ツールと統合されています。BI Engine SQL インターフェース機能は、Looker、Tableau、Power BI、カスタム アプリケーションなどの一般的なビジネス インテリジェンス(BI)ツールとも統合されており、データ探索と分析を高速化できます。

BI Engine を使用すると、パフォーマンス、スケーリング、セキュリティ、データの鮮度を損なうことなく、高機能かつインタラクティブなダッシュボードとレポートを作成できます。

BI Engine の利点

BI Engine には次の利点があります。

  • 高速: インサイトの成果をビジネスのスピードに合わせる
    今日では、運用上の規範的なビジネス インテリジェンスを使用して、データドリブンな方法でビジネスを導くのに十分な速さでレポートを実行することは困難です。また、動作が遅いダッシュボードと古いデータもチームにとっての悩みの種です。BI Engine は、読み込み時間を最小限に抑え、BigQuery に保存されているデータの同時実行性を向上させて、1 秒未満のクエリ応答時間を実現します。BI Engine を BigQuery ストリーミングと統合することにより、書き込み速度やデータの更新頻度を損なうことなく、ストリーミング データに対してリアルタイムのデータ分析を実行できます。
  • 簡素化されたアーキテクチャ: 複雑なデータ パイプラインやサーバーを管理せずにすぐに開始
    従来の BI システムでは、高速なインタラクティブ分析をサポートするために、データ ウェアハウジング プラットフォームからデータマートまたは BI プラットフォームにデータを移動する必要があります。これには通常、データの移動に複雑な ETL パイプラインが必要となります。これらの ETL ジョブに必要な時間によって、レポート作成が遅れ、重要な意思決定支援システムのデータの鮮度が損なわれる可能性があります。BI Engine は、BigQuery 内でインプレース分析を実行します。これにより、データを移動する必要や、複雑なデータ変換パイプラインを作成する必要がなくなります。
  • スマートな調整: ごくわずかな構成
    BI Engine の自己調整設計は、BI Engine のメモリ内ストレージ、BigQuery クエリ キャッシュ、BigQuery ストレージ間でデータを移動することで、クエリを自動的にチューニングし、ダッシュボードのパフォーマンスと読み込み時間を最適化します。BigQuery 管理者は、Cloud Console を使用して BI Engine のメモリ容量を簡単に追加や削除ができます。

制限事項

データポータルで BI Engine を使用する場合は、次の制限があります。

  • BigQuery ビューに対するクエリの一部は、BI Engine によって完全には最適化されません。クエリが最適化されない場合、詳細な理由が表示されます。
  • ロケーションごとの各 BI Engine プロジェクトは、最大 100 GB のメモリをキャッシュできます。
  • データポータル用の BI Engine は、テーブルあたり最大 500 個のパーティションをサポートします。
  • データポータル用の BI Engine は、クエリの複雑さに応じて、最大 1 億 5,000 万行のクエリされたデータをサポートします。

BigQuery API やその他の BI ツールなどの BI Engine クエリ アクセラレーションの上限のリストは、BigQuery BI Engine SQL インターフェースの概要をご覧ください。

カスタムクエリとビューで最適化される関数と演算子の完全なリストについては、最適化される SQL 関数と演算子をご覧ください。

サポートされるリージョン

BI Engine は、BigQuery と同じリージョンでサポートされます。サポートされているリージョンとマルチ リージョンの一覧については、ロケーションのページをご覧ください。

料金

BI Engine の料金の詳細については、料金設定のページをご覧ください。 BI Engine SQL インターフェースと他の一般的な BI ツールで使用する際の料金については、BigQuery BI Engine SQL インターフェースの概要をご覧ください。

割り当て

BI Engine の割り当てについては、割り当てと上限ページをご覧ください。

次のステップ