BigQuery エディションの概要

このドキュメントでは、BigQuery の各エディションと各エディションに関連する機能の概要について説明します。

概要

BigQuery には、さまざまなタイプのワークロードをサポートする 3 つのエディション(Standard、Enterprise、Enterprise Plus)が用意されています。これらのエディションでは、既存の予約モデルの代わりになるモデルが提供されます。エディションとオンデマンド モデルを同時に使用することもできます。

各エディションは、さまざまなタイプのお客様の要件に合わせて、異なる価格帯で一連の機能を提供します。エディションに関連付けられた予約または容量コミットメントを作成できます。スロットの購入には容量コミットメントは必要ありませんが、費用を節約できます。スロットの自動スケーリングについては、スロットの自動スケーリングの概要をご覧ください。BigQuery エディションはストレージではなく演算能力のプロパティであるため、エディション固有の一致していない機能を使用していない限り、保存方法に関係なくデータセットをクエリできます。

エディションの機能

次の表に、各エディションで利用できる機能を示します。ご利用のエディションに含まれない機能はブロックされるか、機能しません。

Standard Enterprise Enterprise Plus エディション以外のサービス
料金モデル スロット時間(最小 1 分) スロット時間(最小 1 分) スロット時間(最小 1 分) クエリ単位の課金(無料枠付き)
コンピューティング モデル 自動スケーリング 自動スケーリング + ベースライン 自動スケーリング + ベースライン オンデマンド
最大予約サイズ 1,600 スロット 割り当て 割り当て 割り当て
管理プロジェクトごとの最大予約数 10
コミットメント プラン 1 年間のコミットメント(20% 割引)または 3 年間のコミットメント(40% 割引) 1 年間のコミットメント(20% 割引)または 3 年間のコミットメント(40% 割引) 月間 / 年間コミットメント割引
毎月のサービスレベル目標(SLO)
99.9% 以上 99.99% 以上 99.99% 以上 99.99% 以上
コンプライアンス管理 Assured Workloads によるコンプライアンス管理 Assured Workloads によるコンプライアンス管理
VPC Service Controls VPC Service Controls のサポート VPC Service Controls のサポート VPC Service Controls のサポート
データ ガバナンス

列レベルのアクセス制御

行レベルのセキュリティ

動的データのマスキング

列レベルのアクセス制御

行レベルのセキュリティ

動的データのマスキング

下り(外向き)データ

データ クリーンルームのサブスクリプション

列レベルのアクセス制御

行レベルのセキュリティ

動的データのマスキング

下り(外向き)データ

ストレージと暗号化

Google が管理する鍵

Google が管理する鍵

顧客管理の暗号鍵(CMEK)

Google が管理する鍵

顧客管理の暗号鍵(CMEK)

Google が管理する鍵

ビジネス インテリジェンスの高速化 BI Engine によるクエリの高速化 BI Engine によるクエリの高速化 BI Engine によるクエリの高速化
マテリアライズド ビュー 既存のマテリアライズド ビューに対するクエリを直接実行する

マテリアライズド ビューの作成

マテリアライズド ビューの自動更新

マテリアライズド ビューの手動更新

マテリアライズド ビューの直接クエリ

スマートな調整

マテリアライズド ビューの作成

マテリアライズド ビューの自動更新

マテリアライズド ビューの手動更新

マテリアライズド ビューの直接クエリ

スマートな調整

マテリアライズド ビューの作成

マテリアライズド ビューの自動更新

マテリアライズド ビューの手動更新

マテリアライズド ビューの直接クエリ

スマートな調整

検索 検索インデックスに対するアクセス権のない SEARCH 関数へのアクセス 検索インデックスを使用したクエリの高速化 検索インデックスを使用したクエリの高速化 検索インデックスを使用したクエリの高速化
非構造化データ クエリ オブジェクト テーブル ML 推論のあるオブジェク トテーブル ML 推論のあるオブジェク トテーブル クエリ オブジェクト テーブル
統合された ML BigQuery ML BigQuery ML BigQuery ML
ワークロード管理 ユーザーは最大同時実行目標数を設定できない 高度なワークロード管理(アイドル状態の容量の共有ターゲット同時実行 高度なワークロード管理(アイドル状態の容量の共有ターゲット同時実行

オンデマンド ユーザーは高度なワークロード管理にアクセスできない

サポートされている割り当てタイプ QUERY
PIPELINE
QUERYPIPELINEML_EXTERNALBACKGROUND QUERYPIPELINEML_EXTERNALBACKGROUND QUERYPIPELINEML_EXTERNALBACKGROUND
マルチクラウド分析 BigQuery Omni のサポート BigQuery Omni のサポート

各エディションに割り当てられた機能は時間の経過とともに変更される可能性があるため、特定機能へのアクセスを制限するためにエディション階層を使用しないでください。たとえば、BigQuery ML を無効にするためだけにプロジェクトを Standard エディションの予約に割り当てないでください。

ストレージ暗号化のサポート

BigQuery は、すべての保存データを自動的に暗号化します。データの保護に使用される鍵暗号鍵は、デフォルトで Google によって管理されます。Enterprise Plus エディションでは、顧客管理の暗号鍵(CMEK)を使用することもできます。

Assured Workloads のサポート

BigQuery Enterprise Plus エディションは、FedRAMP、CJIS、IL4、ITAR などの規制コンプライアンス レジームのための Assured Workloads プラットフォーム制御をサポートしています。

料金

BigQuery エディションの料金については、BigQuery の料金をご覧ください。

割り当て

すべてのエディションのスロットに同じ割り当てが適用されます。割り当てはエディションごとには満たされません。割り当ての詳細については、割り当てと上限をご覧ください。

次のステップ