BigQuery データのクエリの概要

このドキュメントでは、BigQuery でのデータの照会の概要を示します。

クエリの種類

BigQuery にデータを読み込んだ後に、テーブル内のデータをクエリできます。BigQuery は次の 2 種類のクエリをサポートします。

デフォルトで、BigQuery はインタラクティブ クエリを実行します。つまり、クエリはすぐに実行されます。

BigQuery ではバッチクエリも提供されています。BigQuery はユーザーに代わって各バッチクエリをキューに格納し、アイドル状態のリソースが使用可能になると直ちに(通常は数分以内に)クエリを開始します。

クエリを実行する

以下のものを使用して、インタラクティブ クエリとバッチクエリを実行できます。

クエリジョブ

ジョブとは、ユーザーに代わって BigQuery がデータの読み込みデータのエクスポートデータのクエリデータのコピーを行うアクションのことです。

BigQuery ウェブ UI または CLI を使用してデータの読み込み、エクスポート、クエリ、コピーを行うと、ジョブリソースが自動的に作成、スケジュール設定および実行されます。また、読み込み、エクスポート、クエリ、またはコピーのジョブをプログラムによって作成することもできます。プログラムでジョブを作成すると、BigQuery によってジョブがスケジュール設定され、実行されます。

ジョブの実行には長い時間がかかる場合があるため、ジョブは非同期で実行され、ステータスをポーリングできます。リソースの一覧表示やメタデータの取得など、短時間のアクションは、ジョブリソースでは管理されません。

クエリの保存と共有

BigQuery を使用すると、クエリを保存して、他のユーザーとクエリを共有できます。

クエリを保存したら、それを非公開にする(自分にしか見えない)、プロジェクト レベルで共有する(プロジェクト メンバーは見える)、または一般公開する(誰でも表示できる)ことができます。詳細については、クエリの保存と共有をご覧ください。

クエリの料金

クエリの料金は、SQL コマンドとユーザー定義関数の実行にかかる費用を意味します。BigQuery では、1 つの指標(処理されたバイト数)に基づいてクエリの料金が計算されます。データを BigQuery に保存する場合でも、Google Cloud Storage、Google ドライブ、Google Cloud Bigtable などの外部データソースに保存する場合でも、処理されたバイト数に対して課金されます。

データ処理容量は 1 か月あたり 1 TB まで無料です(請求先アカウントごと)。1 か月間に処理された最初の 1 TB のデータを超えると、オンデマンド料金体系モデルに従って課金されます。

BigQuery では、大容量をご利用のお客様、企業のお客様で、クエリへの一定の月額料金をご希望のお客様向けの定額料金もご用意しています。詳細については、クエリの料金をご覧ください。

割り当てとクエリ費用を抑える

BigQuery は、実行中のクエリに対してプロジェクト レベルの割り当てを強制します。クエリ割り当ての詳細については、割り当てポリシーをご覧ください。

クエリ費用を抑えるために、BigQuery は、カスタム割り当てと請求アラートを含むいくつかのオプションを提供しています。詳細については、費用を抑えるをご覧ください。

また、監査ログを使用してクエリの動作を分析し、Stackdriver Monitoring を使用してクエリ指標を表示することもできます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。