カスタムコスト管理の作成

複数の BigQuery プロジェクトとユーザーが存在している場合、1 日に処理されるクエリデータの量に対する制限を指定するカスタム割り当てを要求することで、コストを管理できます。

クエリデータに対してカスタム割り当てを作成すると、プロジェクト レベルまたはユーザーレベルでコストを管理できます。

  • プロジェクト レベルのカスタム割り当ては、そのプロジェクト内のすべてのユーザーの合計使用量を制限します。

  • ユーザーレベルのカスタム割り当ては、プロジェクト内の各ユーザー アカウントまたはサービス アカウントに個別に適用されます。

現在のオンデマンドのクエリ料金については、料金ページをご覧ください。

カスタム割り当てを設定または変更する方法

カスタム割り当てをリクエストしたり、既存のカスタム割り当てを変更したりするには、Google Cloud Platform Console ページからリクエストを送信します。クエリデータに対して 10 TB 単位でカスタム割り当てを設定できます。プロジェクト レベルの割り当て変更は数分ほどで有効になります。ユーザーレベルのリクエストには、通常は 2~3 営業日以内に対応します。カスタム割り当てをリクエストするには、プロジェクト オーナーでなければなりません。

カスタム割り当てが適用される仕組み

カスタム割り当てを設定すると、それを超えたときにエラーが返されます。

プロジェクト レベルのカスタム割り当てを超えると、次の usageQuotaExceeded エラーが返されます。

Custom quota exceeded: Your usage exceeded the custom quota for
QueryUsagePerDay, which is set by your administrator. For more information,
see https://cloud.google.com/bigquery/cost-controls

ユーザーレベルのカスタム割り当てを超えると、別のエラー メッセージの usageQuotaExceeded エラーが返されます。

Custom quota exceeded: Your project_user exceeded the custom quota for query bytes
scanned per user, which is set by your administrator. For more information,
see https://cloud.google.com/bigquery/cost-controls

クエリで _PARTITIONTIME または _TABLE_SUFFIX のフィルタを使用すると、予期しない quotaExceeded エラーが発生することがあります。現在 BigQuery では、実行されたクエリがカスタム割り当ての上限を超えているかを確認するために、そのクエリの _PARTITIONTIME または _TABLE_SUFFIX のフィルタが無視されます。

10 人のユーザー(そのうち 1 人がサービス アカウント)のプロジェクトに次のカスタム割り当てを設定したとします。

  • プロジェクト レベル: 1 日あたり 50 TB
  • ユーザーレベル: 1 日あたり 10 TB

次の表は、10 人のユーザーが 1 日クエリを実行したときの残りの割り当ての変化を示しています。

使用量 残りの割り当て
10 人の各ユーザーが 4 TB のクエリを実行 プロジェクト レベル: 残り 10 TB。
ユーザーレベル: ユーザーあたり残り 6 TB、合計で 10 TB。
サービス アカウントがさらに 6 TB を実行。 プロジェクト レベル: 残り 4 TB。
ユーザーレベル: サービス アカウントは、BigQuery をこれ以上使用できません。他のユーザーはユーザーあたり残り 6 TB、合計で 4 TB。
1 人のユーザーがさらに 4 TB のクエリを実行 プロジェクト レベル: 残り 0 TB。
ユーザーレベル: ユーザーによっては TB が残っていますが、プロジェクト レベルの割り当てを超過したため、どのユーザーも BigQuery をこれ以上使用できません。

残りの割り当てがなくなると、そのプロジェクトの全ユーザーが BigQuery を使用できなくなります。

よくある質問

カスタム割り当てを自分でプロビジョニングできますか?

プロジェクト レベルの割り当ては、Google Cloud Platform Console ページでプロビジョニングできます。ユーザーレベルの割り当て変更は要求できますが、プロジェクト レベルの割り当てと同じ UI から行う必要があります。

自分のカスタム割り当てレベルを確認するにはどうすればよいですか?

割り当てレベルは、Google Cloud Platform Console ページで確認できます。

カスタム割り当てはいつ補充されますか?

プロジェクト レベルの毎日の割り当ては、太平洋時間の午前 0 時にリセットされます。ユーザーレベルの毎日の割り当ては、一日中継続して更新されます。

カスタム割り当てを超えたときにリセットするにはどうすればよいですか?

カスタム割り当てがないか、カスタム割り当てを超えていない別のプロジェクトがデータセットにアクセスできる場合、そのプロジェクトからクエリを実行できます。

カスタム割り当てはプロアクティブですか、それともリアクティブですか?たとえば、10 TB の割り当てがある場合、11 TB のクエリを実行できますか?

カスタム割り当てはプロアクティブなので、割り当てが 10 TB の場合は 11 TB のクエリを実行できません。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。