予算アラートの設定

予算を作成することで、Google Cloud Platform のすべての請求額を 1 か所でモニタリングし、想定外の請求を回避できます。予算額の設定後、通知をトリガーするために使用する予算アラートルールを設定します。これにより、利用額を予算に照らし合わせて常に把握できます。

予算アラートは、請求先アカウント、1 つ以上のプロジェクト、1 つ以上のプロダクトに適用できます。予算の設定は、金額を指定することも、前月の利用額に合わせることもできます。設定したルールに基づき、費用(実際の費用または予測費用)が予算の特定の割合を超えると、課金管理者と請求先アカウントのユーザー(つまり、課金の役割として roles/billing.admin または roles/billing.user が割り当てられているすべてのユーザー)にアラート通知が送信されます。

予算の作成

予算額を設定すると、その額に基づいて、アラート通知の送信をトリガーするしきい値が計算されます。予算によって利用額に一定の上限が設けられることはありません。

予算を作成するには、次の手順に従います。

  1. Google Cloud Platform Console に移動します。
  2. Console のナビゲーション メニュー(menu)を開き、[お支払い] をクリックします。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を設定する対象のアカウントを選択します。
  4. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [予算とアラート] を選択します。
  5. add_box予算を作成)をクリックします。
  6. 予算の範囲を設定します。

    1. [名前] フィールドに、予算の名前を入力します。
    2. [プロジェクト] フィールドで、予算アラートを適用するプロジェクトを 1 つ以上選択します。請求先アカウントのすべてのプロジェクトに予算アラートを適用するには、[すべて選択] を選択します
    3. [プロダクト] フィールドで、予算アラートを適用するプロダクトを 1 つ以上選択します。請求先アカウントのすべてのプロダクトに予算アラートを適用するには、[すべて選択] を選択します

    4. [次へ] をクリックします。

  7. 1 か月の予算額を設定します。

    1. 予算タイプを選択します。

      • 毎月の費用を固定額にする場合は、[指定額] を選択します。
      • 前月の利用額に基づいて毎月更新する場合は、[先月の利用額] を選択します。

      月の利用額は毎月 1 日に $0 ドルにリセットされます。

    2. 予算を指定額に設定する場合は、その金額を [目標額] フィールドに入力します。前月の利用額を基にする場合、予算額は自動的に更新されます。

    3. 必要に応じて、[費用にクレジットを含める] を有効にできます。[費用にクレジットを含める] は、合計費用から該当するクレジットを差し引いたものです。クレジットは、Google Cloud Platform の各種利用割引、プロモーション、資金援助などです。

    4. [次へ] をクリックします。

  8. 予算のアクションを設定します。

    1. アラートしきい値のルールを設定します。実際の費用または予測費用が予算に対する一定の割合または指定額を超過した場合に、課金管理者とユーザーにメールでアラートを送信します。
    2. 通知の管理をプログラムで行う場合は、この予算に Pub/Sub トピックを接続します。この機能の詳細については、通知の管理をご覧ください。
  9. 予算を保存するには、[終了] をクリックします。

予算アラートしきい値ルールの設定、編集、削除

予算を作成する目的は、費用が予算の一定の割合や指定額を超えたときに、アラート通知をトリガーして課金管理者と請求先アカウントのユーザーに送信されるようにすることです。予算の作成後、予算アラートしきい値ルールを設定します。アラートの額は、予算期間中に発生した実際の費用*、または予測費用(現在の予算期間の終了時点までの推定費用)のどちらでもトリガーすることができます。

予算アラートしきい値ルールを設定、編集、または削除するには、次の手順に従います。

  1. 必要に応じて、上記の手順に沿って予算を作成します。
    既存の予算のアラートを変更する場合は、更新する予算を開きます。

    1. Google Cloud Platform Console に移動します。
    2. Console のナビゲーション メニュー(menu )を開き、[お支払い] をクリックします。
    3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を管理するアカウントを選択します。
    4. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [予算とアラート] をクリックし、アラートしきい値ルールで更新する予算の名前をクリックします。
  2. [予算の編集] ページの [アクション] セクションまでスクロールします。

    • 最初に予算を作成すると、デフォルトのアラートしきい値が 50%、90%、100% に設定されます。これは予算額に対する実際の利用額の割合です。
    • この割合や指定額、利用額の種類は変更できます。また、アラートしきい値ルールの追加や削除を行うこともできます。
  3. アラートを発生させる予算の割合を [予算の割合] に入力します。対応する利用額が [金額] に自動的に入力されます(また、[金額] に値を入力して、割合を自動的に計算することもできます)。

  4. [トリガー対象] で、利用額の [実値] または [予測] を選択します。

    • [実値] 費用のしきい値ルールでは、予算期間中に発生した累積費用がしきい値の金額を超えると通知が送信されます。たとえば、$100 の予算額に対して実際の利用額のアラートを 50% に設定した場合、予算期間内に $50 費やすとアラート通知が届きます。
    • [予測] 費用のしきい値ルールでは、予測費用(現在の予算期間の終了時点までで計算される)がしきい値の金額を超えると通知が送信されます。たとえば、$100 の予算額に対して予測費用のアラートを 110% に設定した場合、予算期間の終了までに利用額が $110 を超えると予測された時点でアラート通知が届きます。
  5. 他のアラートしきい値ルールを追加するには、現在のアラートしきい値ルールのリストの下にある addしきい値を追加)をクリックします。

  6. しきい値ルールを削除するには、削除する行の右側にある削除アイコン(delete)をクリックします。

  7. 現在の予算アラートの設定を保存するには、[保存] をクリックします。

予算の表示、編集、削除

すべての予算のステータスを表示する、または予算を編集、削除するには:

  1. Google Cloud Platform Console に移動します。
  2. Console のナビゲーション メニュー(menu)を開き、[お支払い] をクリックします。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、予算を管理するアカウントを選択します。
  4. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [予算とアラート] をクリックして、請求先アカウントに作成されたすべての予算のリストを表示します。

    • 予算ごとに、次の情報が表示されます。

      • [予算名]。
      • 予算タイプ。予算額が [指定額] であるか、[先月の利用額] に基づいているかを示します。
      • 予算アラートの対象。予算アラートの適用先(請求先アカウント、プロジェクト、プロダクト)が表示されます。
      • アラートを送信するしきい値。アラートしきい値ルールを作成した予算に対してアラート対象となる各割合が表示されます。
      • [利用額と予算額]。予算と照らし合わせて利用額を追跡する視覚的なゲージ。
    • 予算を削除するには、予算名の左にあるチェックボックスをオンにしてから、ページの上部にある delete削除)をクリックします。

    • 予算とそのアラートしきい値ルールを編集するには、[予算名] をクリックし、目的の項目を変更します。各項目の詳細については、予算の作成または予算アラートしきい値ルールの設定、編集、削除をご覧ください。

通知の管理

予算の現在のステータスを Cloud Pub/Sub メッセージで受け取る、プログラムによる通知を有効にできます。

詳しくは、プログラムによる予算通知の例をご覧ください。

プログラムによる通知を有効にするには:

  1. Cloud Billing 用の Cloud Pub/Sub トピックを構成して、予算アラートを発行します。予算の Cloud Pub/Sub トピックをすでに構成済みの場合は、すべての予算に対してトピックを再利用できます。または、予算ごとに一意のトピックを作成することもできます。

    1. Google Cloud Platform Console の Cloud Pub/Sub ページに移動します。
    2. プロジェクトを選択します。
    3. [トピックを作成] をクリックし、名前を付けて保存します。
  2. Console のナビゲーション メニュー(menu)を開き、[お支払い] をクリックします。

    1. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [予算とアラート] をクリックします。
    2. 必要に応じて、上記の手順に沿って予算を作成します。既存の予算とアラートルールを編集するには、予算名をクリックします。
    3. [アクション] セクションの [通知の管理] で、[Pub/Sub トピックをこの予算に接続する] を選択します。
    4. [プロジェクト] フィールドで [プロジェクトを選択] をクリックして、通知するプロジェクトを選択します。
    5. [Cloud Pub/Sub トピックを選択してください] で、既存のトピックを選択するか、[トピックを作成] を選択して新しいトピックを作成します。
      1. 新しいトピックを作成する場合は、[名前] に名前を入力して、[トピックを作成] をクリックします。
      2. 作成後、トピックが選択されます。
    6. [保存] をクリックします。

通知形式

Cloud Pub/Sub トピックに送信される通知は、次の 2 つの部分から構成されます。

  • 属性: イベントを記述する Key-Value ペア。
  • データ: 予算アラートの詳細を記述する JSON オブジェクトを含む文字列。

属性

属性は、Cloud Billing から Cloud Pub/Sub トピックに送信されるすべての通知に含まれる Key-Value ペアです。通知ペイロードに関係なく、通知には次の Key-Value ペアのセットが含まれます。

属性名 説明
billingAccountId 01D4EE-079462-DFD6EC 予算を所有する請求先アカウントの識別子。
budgetId de72f49d-779b-4945-a127-4d6ce8def0bb 請求先アカウント内の予算アラートの識別子。
schemaVersion 1.0 通知のスキーマ バージョン。

データ

スキーマ バージョン 1.x の場合、予算アラートの詳細は base64 でエンコードされた UTF-8 文字列で返されます。これには、次のプロパティを持つ JSON オブジェクトが含まれています。

データ 説明
budgetDisplayName "My Personal Budget" 予算に割り当てられた、人が読める形式の名前。
alertThresholdExceeded 0.9 最大の実際の費用のしきい値。これを超えるとアラートが通知されます。値は 10 進数形式です(たとえば 0.9 は 90% です)。費用がしきい値を超えない場合、このキーは存在しません。
costAmount 140.321 発生した費用。追跡されるコストのタイプは、予算のフィルタと設定によって異なります。
costIntervalStart "2018-02-01T08:00:00Z"

予算アラート期間の開始。報告されるコストには、この時点から使用が開始されたコストが含まれます。現在、この日付は予算の使用が発生した月の最初の日になります。

budgetAmount 152.557 予算に割り当てられた金額。
budgetAmountType "SPECIFIED_AMOUNT" 予算の金額タイプ。これは、「SPECIFIED_AMOUNT」(定額)または「LAST_MONTH_COST」(先月の費用)のいずれかです。
currencyCode "USD" 予算アラートの通貨。すべての費用と予算アラートの金額はこの通貨で表示されます。

配信の保証

  • 予算通知は、予算の現在のステータスとともに 1 日に複数回送信されます。
  • 最初の通知を受け取るまでに数時間かかる場合があります。
  • 請求先アカウントが使用されていない場合、通知は送信されません。
  • トピックの構成ミスによって配信が失敗した場合は、通知されません。これは、トピックが存在しない、Cloud Billing に発行権限がない、または割り当てを超過した場合に発生します。
  • Cloud Pub/Sub は最低 1 回の配信のみを保証します。メッセージが複数回送信されることや、メッセージが順不同で到着することがあります。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Billing のドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。