組織リソースの表示と管理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、組織リソースの下にある請求先アカウントとプロジェクトを表示、管理する方法について説明します。

組織リソースの請求先アカウントを表示する

組織リソースの既存の請求先アカウントは、Google Cloud コンソールを使用して表示できます。

Console

  1. Google Cloud Console を開きます。

    [お支払い] ページを開く

  2. ページ上部にある [組織] プルダウンをクリックし、組織リソースを選択します。

組織リソースのすべての請求先アカウントがページに表示されます。

組織リソースで新しいプロジェクトを作成する

Console

組織リソースがドメインで有効になった後、Google Cloud コンソールを使用して、組織リソースにプロジェクトを作成できます。

組織リソースで新しいプロジェクトを作成するには:

新しいプロジェクトを作成するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud コンソールの [リソースの管理] ページに移動します。
  2. ページの上部にある「組織の選択」プルダウン リストで、プロジェクトを作成する組織リソースを選択します。無料トライアルをご使用の場合はこのリストが表示されないため、この手順はスキップしてください。
  3. [プロジェクトを作成] をクリックします。
  4. 表示される [新しいプロジェクト] ウィンドウで、プロジェクト名を入力し、該当する請求先アカウントを選択します。 プロジェクト名には文字、数字、単一引用符、ハイフン、スペース、感嘆符のみを使用でき、4~30 文字にする必要があります。
  5. [場所] ボックスに親組織またはフォルダ リソースを入力します。このリソースが新しいプロジェクトの階層上の親になります。[組織なし] を選択した場合は、そのプロジェクトを選択して、独自のリソース階層の最上位として新しいプロジェクトを作成できます。
  6. 新しいプロジェクトの詳細を入力し終えたら、[作成] をクリックします。

API

組織リソース内に新しいプロジェクトを作成するには、project作成し、parent フィールドを組織の organizationId に設定します。

次のコード スニペットは、組織リソース内でプロジェクトを作成する方法を示します。

project = crm.projects().create(
    body={
        'project_id': flags.projectId,
        'name': 'My New Project',
        'parent': {
            'type': 'organization',
            'id': flags.organizationId
         }
}).execute()

組織リソース内のすべてのプロジェクトを表示する

Console

Google Cloud コンソールを使用して組織リソースの下にあるすべてのプロジェクトを表示するには:

  1. Google Cloud コンソールに移動します。

    Google Cloud コンソールに移動

  2. ページの上部にある [プロジェクトを選択] プルダウンをクリックします。

  3. 左上にある [組織] プルダウン リストをクリックして、組織リソースを選択します。

  4. 最近アクセスしたプロジェクトとフォルダが [最近のプロジェクト] タブに表示されます。すべてのプロジェクトとフォルダを表示するには、[すべて] タブをクリックします。

[組織] で [組織なし] オプションを指定すると、次のプロジェクトがリスト表示されます。

  • まだ組織リソースに属していないプロジェクト。
  • ユーザーがアクセスできるプロジェクトのうち、ユーザーがアクセスできない組織リソースに属しているプロジェクト。

gcloud

組織リソースの直下にあるすべてのプロジェクトを表示するには、次のコマンドを実行します。

gcloud projects list --filter 'parent.id=[ORGANIZATION_ID] AND \
    parent.type=organization'

このコマンドは、階層内のすべてのプロジェクトを表示するのではなく、組織リソースの直下にあるプロジェクトのみを表示します。階層内のすべてのリソースを一覧表示するには、階層内のすべてのリソースの一覧表示をご覧ください。

API

次のコード スニペットに示すように、projects.list() メソッドを使用して、組織リソースの直下にあるすべてのプロジェクトを一覧表示します。

filter = 'parent.type:organization parent.id:%s' % flags.organizationId
projects = crm.projects().list(filter=filter).execute()

このメソッドでは、階層内のすべてのプロジェクトは表示されず、組織リソースの直下にあるプロジェクトのみが表示されます。階層内のすべてのリソースを一覧表示するには、階層内のすべてのリソースの一覧表示をご覧ください。

組織リソース内のプロジェクトの削除

組織リソースからプロジェクトを削除できます。

Console

Google Cloud コンソールを使用してプロジェクトを削除するには、次の操作を行います。

  1. [IAM と管理] セクションのプロジェクト ページに移動します。

    プロジェクト ページを開く

  2. ページの上部にある [組織] をクリックします。
  3. 組織リソースを選択します。組織リソース内のすべてのプロジェクトがページに一覧表示されます。
  4. プロジェクトのリストから削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  5. プロジェクトの ID を入力し、[シャットダウン] をクリックします。

組織リソースを削除する

組織リソースは、Google Workspace(旧 G Suite)アカウントに関連付けられています。

組織リソースを使用しない場合には、次の方法で組織の IAM ポリシーを元の状態に戻すことをおすすめします。

  1. ドメインを Project CreatorBilling Account Creator の役割に追加します。
  2. 組織リソースの IAM ポリシーで、それ以外の項目をすべて削除します。

これにより、ユーザーがプロジェクトと請求先アカウントを作成しても、Google Workspace 特権管理者が必要に応じて後で一元的に管理できます。

組織リソースと、組織に関連するすべてのリソースを削除するには、Google Workspace アカウントを削除します。