Cloud Billing Budget API を使ってみる

Google Cloud のお客様は、予算アラートを使用して費用の計画、モニタリング、管理を行うことができます。特にクラウドでビジネスを展開する場合は、費用を効果的にモニタリングし、管理することが重要になります。 Google Cloud の予算とアラート機能は費用管理に最適なツールです。これにより、目標予算を設定し、目標に到達したときに通知を受け取ることができます。

予算アラートは Cloud 請求先アカウント、1 つ以上の Google Cloud プロジェクト、1 つ以上のプロダクトに適用できます。Cloud Console で手動で管理できるGoogle Cloud 予算は 一度に 1 つだけです。Cloud Billing Budget API を使用すると、複数の予算をプログラムで一括して表示、作成、管理できます。

Cloud Billing Budget API では、次のことを行うことができます。

  • Google Cloud プロジェクトごとに予算を設定し、Google Cloud 環境で想定以上に費用が発生している場所を把握できます。
  • 四半期ごとの財務計画を作成した後に、すべての予算を一括で更新できます。
  • 社内のデプロイメント マネージャーと連携して、クラウド プロビジョニング ワークフローに予算の作成を追加できます。

前提条件

Cloud Billing 予算アプリケーションのコーディングを始める前に、前提条件をご確認ください。

設定

設定手順を完了して、Cloud Billing Budget API の使用を開始します。

API の使用

ユーザーガイドの手順に沿って、Cloud Billing Budget API を実行します。

リファレンス

メソッドの全リストについては、リファレンス ドキュメントをご覧ください。