Google Cloud の無料枠

Google Cloud Platform(GCP)無料枠では、サービスを自分で試して学習できる無料のリソースを提供しています。Google Cloud のご利用が初めてで基礎を学ぶ必要がある方や、すでにご利用中で新しいソリューションを試したい方を対象としています。

Google Cloud の無料枠は以下の 2 つで構成されています。

  • 12 か月間の無料トライアル(Google Cloud サービスで使用できる $300 相当のクレジット付き)。
  • Always Free(使用量上限の枠内で数多くの一般的な Google Cloud リソースに無料でアクセス可能)。

ここでは、この 2 つの無料枠について説明します。

12 か月間 $300 分無料トライアル

無料トライアルでは、Google Cloud について学習する際に使用するリソースへの支払いに充当できるクレジットを提供しています。

プログラムの対象者

次の条件を満たしている必要があります。

  • 以前に Google Cloud を有料で利用したことがない。
  • 以前に Google Maps Platform または Firebase を有料で利用したことがない。以前にいずれかのサービスを有料で利用したことがある場合は、サポートまでお問い合わせください
  • 以前に無料トライアルに登録したことがない。
  • Google Cloud Console でアカウントの請求を有効にしている。
  • 営業担当者との間での条件規定書の締結が必要なビジネス アカウントを設定していない。

ビジネス アカウントを設定する必要がある場合は、お問い合わせください。

プログラムの開始

12 か月間の $300 相当の無料トライアルは、請求先アカウントを設定すると自動的に開始されます。

お客様の身元確認のため、請求先アカウントを設定する際にクレジット カードまたは銀行口座の情報をご入力いただく必要がありますが、無料トライアルの期間中に請求が発生することはありません。

プログラムの適用範囲

無料トライアルのクレジットはすべての Google Cloud リソースに適用されますが、以下の制限があります。

  • 同時に利用できるコア数(または仮想 CPU 数)は 8 個までです。
  • VM インスタンスに GPU を追加することはできません。
  • 割り当て上限の引き上げをリクエストすることはできません。Compute Engine の割り当ての概要については、リソースの割り当てをご覧ください。
  • Windows Server イメージに基づいて VM インスタンスを作成することはできません。

上記のいずれかを行うには、アカウントをアップグレードする必要があります。

無料トライアルのクレジットは、Google Maps Platform のご利用時にも適用されます。

制限される操作

リソースの制約以外に、無料トライアルの期間中に禁止されているユースケースについては、無料トライアルの利用規約をご覧ください。 たとえば、無料トライアルの期間中は、Google Cloud サービスを使用して暗号通貨のマイニングを行うことはできません。

プログラムの期間

以下のいずれかの条件が満たされると、無料トライアルが終了します。

  • 登録後 12 か月が経過した場合。
  • $300 相当のクレジットを使い切った場合。

クレジット残額と無料トライアル残日数は、無料トライアルの期間中、Google Cloud Console の上部に表示されます。

利用規約

無料トライアルの利用規約Google Cloud の利用規約に同意していただく必要があります。

サービスレベル契約

無料トライアルの期間中はサービスレベル契約が適用されません。 無料トライアルは Google Cloud をテストして探索するための期間であるため、この期間中は Google Cloud で本番環境アプリケーションを実行しないでください。

Always Free のご利用

無料トライアルの期間中に Always Free の対象となるリソースをご利用になる場合、そのリソースが無料トライアルのクレジット分から差し引かれることはありません。

支払い情報の確認

無料トライアルの登録時にクレジット カード情報をご入力いただくのは、以下の理由によります。

  • 本人確認を行うため。
  • お客様がロボットではないことを確認するため。

クレジット カードをお持ちでない場合は、銀行口座情報を入力できます。

ご利用いただけるクレジット カードの種類など、お支払い方法に関する詳細についてはご利用可能なお支払い方法をご覧ください。

クレジット カードまたは銀行口座情報をご入力いただくと、情報確認のみを目的とする 1 回限りの取引を Google からお送りします。お送りする取引内容は次のとおりです。

  • これはクレジット カードまたは銀行口座情報を確認するための承認リクエストです。確定された請求ではありません。

  • クレジット カードや銀行の明細書には、Google からの取引であると記載されます。

  • 銀行口座情報をご入力いただいた場合は、取引が明細書に反映されるまで最大 3 日かかることがあります。

  • 取引金額は $0.00~$1.00 米ドルになります。銀行によって現地通貨に換算される場合があります。

  • クレジット カード情報をご入力いただいた場合は、Google からの請求金額が明細書に記載されます。請求が取り消されるまで最大で 1 か月ほどかかる場合があります。

有料アカウントにアップグレードしない限り、この確認プロセスの後に請求されることはありません。

銀行口座情報をご入力いただいた場合は、取引金額をそのまま使用して登録プロセスを完了します。

無料トライアルの終了

無料トライアルは、すべてのクレジットを使い切った時点、または 12 か月が経過した時点で終了します。無料トライアルの終了時には、次の条件が適用されます。

  • Google Cloud を引き続き使用するには、有料アカウントにアップグレードする必要があります。
  • トライアルの期間中に作成したリソースはすべて停止されます。
  • Compute Engine に保存したデータはすべて失われます。

  • アカウントには 30 日間の猶予期間があり、この期間中であれば、トライアルの期間中に Google Cloud サービスに保存したリソースとデータを復元できます。

  • アカウントがキャンセルされたことを通知するメッセージが届くことがあります。これは、料金が請求されないようにアカウントが停止されたことを示すものです。

データの復元

トライアルの期間中に Google Cloud サービス(Compute Engine を除く)に保存したデータをエクスポートする場合は、Google Cloud Platform 課金サポートにお問い合わせください。データとリソースは、無料トライアルの終了後 30 日間のみ利用可能です。

有料アカウントへのアップグレード

無料トライアルが終了した後に Google Cloud を使用するには、有料アカウントにアップグレードする必要があります。トライアルが終了する前にアップグレードして、有料アカウントの機能(GPU の使用など)を利用することもできます。アップグレードすると、次の条件が適用されます。

  • 有効期限が切れていない無料トライアルのクレジット残額はそのままアカウントに残ります。
  • クレジット残額を超えて使用したリソースについては、登録されたクレジット カードに請求されます。

アカウントのアップグレードは、無料トライアルの開始後いつでも可能です。アップグレードのタイミングに応じて、次の条件が適用されます。

  • トライアルが終了する前にアップグレードした場合、クレジット残額が有料アカウントに追加されます。無料トライアルの期間中に作成したリソースは、中断せずにそのまま使用できます。

  • トライアルの終了から 30 日以内にアップグレードした場合、トライアルの期間中に作成したリソースを復元できます。

  • トライアルの終了から 30 日が経過した後にアップグレードした場合、無料トライアルのリソースは失われます。

アカウントをアップグレードするには

無料トライアルから有料アカウントへアップグレードするには、Google Cloud Console を使います。有料アカウントへアップグレードするには、[有効化] ボタンをクリックします。[有効化] ボタンがメニューバーに表示されていない場合は、[無料トライアルのステータス] 無料トライアルのステータス アイコン をクリックすると [有効化] ボタンが表示されます。

この変更は、アカウントの課金管理者が行う必要があります。

無料トライアル終了後の費用

Google Cloud サービスでは、使用したリソースに対してのみ料金を請求します。各サービスにはそれぞれの料金モデルがあります。各サービスのドキュメントをご覧ください。

Google Cloud の費用は、料金計算ツールを使用して、推定されるリソース使用量をもとに月額料金を見積もるか、または料金ページをご覧ください。

アカウントを閉鎖するには、Cloud 請求先アカウントを閉鎖する手順をご覧ください。

Always Free

Always Free プログラムでは、使用量上限の枠内で多くの一般的な Google Cloud リソースに無料でアクセスできます。リソースは通常、1 か月間隔で提供されます。Always Free のリソースはクレジットではないため、期間をまたがって累積されたり、繰り越されたりすることはありません。

無料トライアルとは異なり、Always Free は特別なプログラムではありません。これは Google Cloud アカウントに通常含まれるものです。

プログラムの対象者

Always Free プログラムを利用するには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • Google とカスタムの契約や料金体系を締結していない。
  • アップグレードした請求先アカウントを持っている。アップグレードしたアカウントには、無料トライアル専用のアカウントとは異なり、使用料が請求されます。
  • アカウントが良好な状態であること。

対象外とみなされた場合は、使用したリソースに対して通常料金が請求されます。Always Free の使用に対して請求が行われていると思われる場合は、課金サポートにお問い合わせください。

プログラムの開始

開始するために特別な操作は必要ありません。Always Free の制限内でリソースを使い始めるだけです。

プログラムの適用範囲

Always Free の適用範囲は、サービスによって異なります。すべての Google Cloud サービスが Always Free の一部としてリソースを提供しているわけではありません。

プログラムの期間

Always Free プログラムには終了日はありませんが、Google はサービスを変更する権利を有します。これには使用量上限の変更や削除が含まれ、実施の 30 日前に通知するものとします。

利用規約

Google Cloud の利用規約に同意する必要があります。

無料トライアルの期間中の使用

無料トライアルの期間中に Always Free の対象となるリソースをご利用になる場合、そのリソースが無料トライアルのクレジット分から差し引かれることはありません。

Always Free の使用量上限

Always Free のリソースは、以下の表の Google Cloud サービスで使用できますが、各項に記載されている上限が適用されます。 Google マップの詳細については料金ページをご覧ください。

App Engine

Google Cloud の無料枠はスタンダード環境でのみ使用できます。

詳細

AutoML Natural Language
  • 5,000 ユニットの予測(1 か月あたり)

詳細

AutoML Tables
  • 6 ノード時間のトレーニングと予測

詳細

AutoML Translation
  • 50 万文字の翻訳(1 か月あたり)

詳細

AutoML Video Intelligence
  • 40 ノード時間のトレーニング
  • 5 ノード時間の予測

詳細

AutoML Vision
  • 40 ノード時間のトレーニングとオンライン予測
  • 1 ノード時間のバッチ分類予測
  • 15 ノード時間のエッジ トレーニング

詳細

BigQuery
  • 1 TB のクエリ(1 か月あたり)
  • 10 GB のストレージ(1 か月あたり)

詳細

Cloud Build
  • 120 ビルド分数(1 日あたり)

詳細

Cloud Functions
  • 200 万回の呼び出し(1 か月あたり、バックグラウンド呼び出しと HTTP 呼び出しを含む)
  • 400,000 GB 秒、200,000 GHz 秒のコンピューティング時間
  • 5 GB の下り(外向き)ネットワーク(1 か月あたり)

詳細

Cloud Logging と
Cloud Monitoring
  • 無料のロギングの割り当て(1 か月ごと)
  • 無料の指標の割り当て(1 か月ごと)

詳細

Cloud Natural Language API
  • 5,000 ユニット(1 か月あたり)

詳細

Cloud Run
  • 200 万リクエスト(1 か月あたり)
  • 360,000 GB 秒のメモリ、180,000 vCPU 秒のコンピューティング時間
  • 1 GB の北米からの下り(外向き)ネットワーク(1 か月あたり)

無料枠を使用できるのは、Cloud Run(フルマネージド)のみです。

詳細

Cloud Shell
  • 5 GB の永続ディスク ストレージを含め、Cloud Shell に無料でアクセス

詳細

Cloud Source Repositories
  • 5 ユーザーまで
  • 50 GB のストレージ
  • 50 GB(下り)

詳細

Cloud Storage
  • 5 GB 月の Regional Storage(米国リージョンのみ)
  • 5,000 回のクラス A オペレーション(1 か月あたり)
  • 50,000 回のクラス B オペレーション(1 か月あたり)
  • 1 GB の北米から全リージョン宛ての下り(外向き)ネットワーク(1 か月あたり、中国とオーストラリアを除く)

Always Free は、us-east1us-west1us-central1リージョンでのみご利用いただけます。使用量の計算は、これらのリージョンすべての合計が集計されます。

詳細

Cloud Vision
  • 1,000 ユニット(1 か月あたり)

詳細

Compute Engine
  • 1 つの非プリエンプティブル f1-micro VM インスタンス(1 か月あたり)。次の米国リージョンのいずれかで利用できます。
    • オレゴン: us-west1
    • アイオワ: us-central1
    • サウスカロライナ: us-east1
  • 30 GB 月の HDD
  • 5 GB 月のスナップショット ストレージ。次のリージョンで利用できます。
    • オレゴン: us-west1
    • アイオワ: us-central1
    • サウスカロライナ: us-east1
    • 台湾: asia-east1
    • ベルギー: europe-west1
  • 1 GB の北米から全リージョン宛ての下り(外向き)ネットワーク(1 か月あたり、中国とオーストラリアを除く)

Always Free の f1-micro インスタンスの上限は、インスタンス数ではなく時間に基づきます。当月内の合計時間数と同等の時間数を使い切るまで、毎月のすべての f1-micro インスタンスの使用は無料になります。使用量は、サポートされているリージョンすべての合計が集計されます。

Google Cloud の無料枠は、VM インスタンスで使用されている外部 IP アドレスについても提供されています。使用中の外部 IP アドレスは、当月内の合計時間数と同等の時間数を使い切るまで追加料金なしでご利用いただけます。使用量は、使用中の外部 IP アドレスすべての合計が集計されます。使用中の外部 IP アドレスに対する Google Cloud の無料枠は、f1-micro インスタンスだけでなく、すべてのインスタンス タイプに適用されます。

Compute Engine では、仮想マシンの継続利用割引を行っています。Always Free でのご利用は継続利用として計上されません。

GPU と TPU は、Always Free プログラムには含まれていません。VM インスタンスに追加した GPU と TPU については常に請求されます。

詳細

Firestore
  • 1 GB のストレージ
  • 50,000 回の読み取りオペレーション、20,000 回の書き込みオペレーション、20,000 回の削除オペレーション(1 日あたり)

詳細

Google Kubernetes Engine
  • 請求先アカウントごとに 1 つのゾーンクラスタのクラスタ管理料金が無料になります。 各ユーザーノードには Compute Engine の標準料金が適用されます。

詳細

Google マップ
Pub/Sub
  • 10 GB のメッセージ(1 か月あたり)

詳細

音声入力
  • 60 分(1 か月あたり)

詳細

Video Intelligence API
  • 1,000 ユニット(1 か月あたり)

詳細

Always Free の使用量上限の超過

Always Free の使用量上限を超えると、標準料金が自動的に課金されます。

Google Cloud Console で予算とアラートを設定すると、費用の管理に役立ちます。

プレミアム OS ライセンスと Google Cloud Marketplace プロダクト

Compute Engine の使用が Always Free の対象となっている場合でも、使用した Google Cloud Marketplace プロダクトとプレミアム OS ライセンスについては通常料金が発生します。

サポートの利用

直接サポート
ドキュメント
コミュニティ サポート

次のステップ

ご利用開始に関するチュートリアル、クイックスタート、その他のリソースが記載されている Google Cloud スタートガイドをご覧ください。