Cloud 請求先アカウントにリンクされているプロジェクトの表示

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud 請求先アカウントは、特定のリソースセットに対する支払いを誰が行うかの定義に使用され、1 つ以上のプロジェクトにリンクできます。プロジェクトの利用料金は、リンクされた Cloud 請求先アカウントに請求されます。ほとんどの場合、プロジェクトの作成時に請求情報を構成します。

コストセンターでプロジェクトの課金を管理している場合や、請求先アカウントを閉鎖する必要がある場合は、Cloud 請求先アカウントにどのプロジェクトがリンクされているのかを確認することが必要になります。

請求先アカウントにリンクされているプロジェクトを表示する

このタスクに必要な権限

Cloud 請求先アカウントにリンクされているプロジェクトのリストを表示するには、Cloud 請求先アカウントに対する次の権限を含むロールが必要です。

この権限を取得するには、管理者に Cloud 請求先アカウントに関する次のいずれかの Cloud Billing IAM のロールを付与するよう依頼してください。

  • 請求先アカウント閲覧者
  • 請求先アカウントの費用管理者
  • 請求先アカウント管理者

請求先アカウントにリンクされているプロジェクトを確認する方法

以下の手順で請求先アカウントを開き、その請求先アカウントにリンクされているプロジェクトの一覧を表示します。

  1. Google Cloud コンソールで、Cloud 請求先アカウントの [アカウント管理] ページに移動します。

    [アカウント管理] ページに移動

  2. プロンプトで、表示する Cloud 請求先アカウントを選択します。

  3. [アカウント管理] ページの [この請求先アカウントにリンクされているプロジェクト] の下に、リンクされたプロジェクトが表示されます。

リンクされた Cloud 請求先アカウントにロックされているプロジェクトの横に、鍵のアイコン が表示されます。このリンクのロック解除またはロックの詳細については、プロジェクトと請求先アカウント間のリンクを保護するをご覧ください。

プロジェクトの請求先アカウントの変更については、プロジェクトの課金の有効化、無効化、変更をご覧ください。

このタスクに必要な権限

すべてのプロジェクトとそのリンクされた Cloud Billing の表形式のリストを表示するには、各プロジェクトに対して次の権限を含むロールが必要です。

この権限を取得するには、プロジェクトで次のいずれかのロールを付与するよう管理者に依頼してください。

  • プロジェクト閲覧者
  • プロジェクト編集者
  • プロジェクト オーナー

以下の手順で、すべてのプロジェクトと各プロジェクトにリンクされている請求先アカウントのリストを表示します。

  1. Google Cloud コンソールで [請求先アカウントの管理] ページに移動します。

    請求先アカウントの管理ページに移動

  2. [マイ プロジェクト] タブを選択します。

    すべてのプロジェクトと、関連する請求先アカウント名と請求先アカウント ID のリストが表示されます。請求先アカウントがプロジェクトにリンクされていない場合は、[請求先アカウント] 列に「請求が無効です」と表示されます。

リンクされた Cloud 請求先アカウントにロックされているプロジェクトの横に、鍵のアイコン が表示されます。このリンクのロック解除またはロックの詳細については、プロジェクトと請求先アカウント間のリンクを保護するをご覧ください。

プロジェクトの課金を有効にする方法については、既存のプロジェクトの課金を有効にするをご覧ください。

プロジェクトの請求先アカウントの変更については、プロジェクトの課金の有効化、無効化、変更をご覧ください。

リンクされた請求先アカウントのステータスを確認する

Cloud 請求先アカウントはいつでも閉鎖または停止できます。この操作を行うと、アカウントにリンクされているすべてのプロジェクトで課金が無効になります。リンクされた Cloud 請求先アカウントのステータスを確認する方法をご覧ください