料金

Cloud Storage のネットワーク料金に記載されているように、Container Registry からコンテナ イメージをデプロイするときに、コンテナ イメージと同じ大陸にある Cloud Run リージョンにデプロイする場合は料金が発生しません。 たとえば、us.gcr.io または gcr.io から、us-central1 または us-east1 の Cloud Run(フルマネージド)サービスにデプロイする場合は無料です。

Cloud Run(フルマネージド)では、使用したリソースに対してのみ課金されます(100 ミリ秒単位で切り上げ)。これらのリソースには無料枠があります。Cloud Run (フルマネージド)の合計請求額は、料金表のリソースの合計金額になります。

同時実行の設定で 1 つのリクエストに制限していない場合、割り当てられた CPU とメモリが複数のリクエストで共有されます。

料金計算ツール

Cloud Run(フルマネージド)の使用料金は、Google Cloud Platform 料金計算ツールを使って見積もることができます。

料金表

以下の料金表では、単位として GiB 秒が使用されています。GiB 秒とは、たとえば 1 ギビバイトのインスタンスを 1 秒間実行することです。これは 256 メビバイトのインスタンスを 4 秒間実行することとも言い換えられます。vCPU 秒という単位にも、同じ原則が当てはまります。

ティア CPU メモリ リクエスト ネットワーキング
無料 毎月最初の 180,000 vCPU 秒は無料 毎月最初の 360,000 GiB 秒は無料 毎月 200 万リクエストは無料 北米内の下り(外向き)は毎月 1 GiB まで無料
1 無料枠を超えた場合 $0.00002400/vCPU 秒
(アイドル状態の場合は $0.00000250*)
無料枠を超えた場合 $0.00000250/GiB 秒
(アイドル状態の場合は $0.00000250*)
無料枠を超えた場合 $0.40/100 万リクエスト 無料枠を超えた場合、Google Cloud ネットワークのプレミアム ティアの料金を適用
2 無料枠を超えた場合 $0.00003360/vCPU 秒
(アイドル状態の場合は $0.00000350*)
無料枠を超えた場合 $0.00000350/GiB 秒
(アイドル状態の場合は $0.00000350*)
無料枠を超えた場合 $0.40/100 万リクエスト 無料枠を超えた場合、Google Cloud ネットワークのプレミアム ティアの料金を適用

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

* アイドル状態とは、最小インスタンス数でウォーム状態を維持しているインスタンスのアイドル状態の請求対象時間のことです。

ティア 1 料金を適用

  • asia-east1(台湾)
  • asia-northeast1(東京)
  • asia-northeast2(大阪)
  • europe-north1(フィンランド)
  • europe-west1(ベルギー)
  • europe-west4(オランダ)
  • us-central1(アイオワ)
  • us-east1(サウスカロライナ)
  • us-east4(北バージニア)
  • us-west1(オレゴン)

ティア 2 料金を適用

  • asia-east2(香港)
  • asia-northeast3(ソウル、韓国)
  • asia-southeast1(シンガポール)
  • asia-southeast2 (ジャカルタ)
  • asia-south1(ムンバイ、インド)
  • australia-southeast1(シドニー)
  • europe-central2(ワルシャワ、ポーランド)
  • europe-west2(ロンドン、イギリス)
  • europe-west3(フランクフルト、ドイツ)
  • europe-west6(チューリッヒ、スイス)
  • northamerica-northeast1(モントリオール)
  • southamerica-east1(サンパウロ、ブラジル)
  • us-west2(ロサンゼルス)
  • us-west3(ラスベガス)
  • us-west4(ソルトレイクシティ)

無料枠の使用量は、請求先アカウントごとにプロジェクト間で合計され、毎月リセットされます。無料枠を超えた使用量に対してのみ、課金されます。無料枠は、ティア 1 料金設定を使用した支出に基づく割引として適用されます。

請求対象時間

請求対象時間内に割り当てられた CPU とメモリのみが請求対象になります。時間は 100 ミリ秒単位で切り上げられます。

コンテナ インスタンスで次の処理が行われたときにアクティブな請求対象時間が発生します。

  • コンテナ インスタンスが開始したとき
  • コンテナ インスタンスがシャットダウンされ、SIGTERM シグナルが処理されたとき。
  • コンテナ インスタンスで 1 つ以上のリクエストが処理されているとき。次の図のように、アクティブな請求対象時間は、最初のリクエストの処理が始まってから、最後のリクエストの処理が完了するまでです。

    請求対象時間

コンテナ インスタンスの最小数の設定を行うと、これらのインスタンスがアクティブでない時間も課金対象になります(アイドル状態の請求対象時間)。

すべての Cloud Run(フルマネージド)のコンテナ インスタンスから集計された請求対象時間が Google Cloud Monitoring 指標として公開されます。詳しくは、container/billable_instance_time 指標をご覧ください。