最新のイノベーションについては、Google Data Cloud Summit をご覧ください。 

ジャンプ先

BigLake プレビュー

BigQuery への長年の投資に基づいて構築された BigLake は、組織がデータ ウェアハウスとデータレイクを統合し、統一されたきめ細かいアクセス制御を行い、マルチクラウド ストレージとオープン フォーマット全体でクエリ パフォーマンスを加速できるようにするストレージ エンジンです。

  • データのコピーを 1 つ保存して、データ ウェアハウスとデータレイク全体で統一された機能を使用します。

  • 分散データに対するきめ細かなアクセス制御とマルチクラウド ガバナンス。

  • オープンソースの分析ツールとオープンデータ形式とのシームレスな統合。

利点

選択の自由

データの保存場所や方法に関係なく、分散データの分析が可能になります。また、データのコピーの 1 つを基にして、最適な分析ツール、オープンソース、またはクラウド ネイティブを選択できます。

安全で高性能なデータレイク

Apache Spark、Presto、Trino などのオープンソース エンジンや Parquet などのオープン フォーマットをカバーするきめ細かなアクセス制御。BigQuery を利用したデータレイクで効率の良いクエリを行います。

大規模なガバナンスと管理の統合

Dataplex と統合して、論理データ編成、ポリシーとメタデータの一元管理、品質とライフサイクル管理などの大規模な管理を行い、分散データ間の整合性を確保します。

主な機能

主な機能

きめ細かいセキュリティ管理

BigLake では、エンドユーザーにファイルレベルのアクセス権を付与する必要がなくなります。既存の BigQuery テーブルと同様に、オブジェクト ストア テーブルにテーブル、行、列レベルのセキュリティ ポリシーを適用します。

マルチコンピューティング分析

データのコピーを 1 つ維持し、BigLake コネクタを使用して、Google Cloud と BigQueryVertex AI、Spark、Presto、Trino、Hive などのオープンソース エンジンで統一的にデータにアクセスできるようにします。セキュリティ ポリシーを 1 か所で一元管理し、コネクタに組み込まれた API インターフェースでクエリエンジン全体に一貫したセキュリティ ポリシーを適用します。

マルチクラウドのガバナンス

Amazon S3、Azure データレイク Gen 2 で定義したものも含め、すべての BigLake テーブルを Data Catalog で探します。 BigQuery Omni を使用してクエリを実行する場合、きめ細かいアクセス制御を構成して、クラウド全体で適用させます。

パフォーマンスの加速

実績のある BigQuery インフラストラクチャを基盤とする Google Cloud、AWS、Azure のデータレイク テーブルで、業界トップクラスのパフォーマンスを実現します。

オープン フォーマット上に構築

Parquet、Avro、ORC、CSV、JSON などの人気のオープンデータ形式を使用します。この API は、Apache Arrow を通じて複数のコンピューティング エンジンを提供します。

bol.com のロゴ

「e コマース企業が急速に成長するにつれて、データも急速に成長しています。BigLake を使用することで、ビューに対するアクセス制御が可能になると同時に、ユーザーに統一されたインターフェースを提供し、データ ストレージのコストを低く抑えることができます。これにより、データレイクの価値を解き放つことができます。その結果、ユーザーがデータセットをすばやく分析できるようになります。」

ドキュメント

ドキュメント

Google Cloud の基礎
BigLake の概要

BigLake のコンセプトを紹介し、分析を簡略化するために BigLake でできることについて学習します。

クイックスタート
BigLake を使ってみる

BigLake テーブルの作成と管理を行う方法、コネクタを使用して BigQuery などのオープンソース エンジンで BigLake テーブルにクエリを実行する方法を学習します。

料金

料金

BigLake の料金は、以下の BigLake テーブルに対するクエリに基づいています。

1. Google Cloud Storage で定義された BigLake テーブルに対するクエリには、BigQuery の料金が適用されます。

2. Amazon S3 と Azure データレイク Gen 2 で定義された BigLake テーブルに対するクエリには、BigQuery Omni の料金が適用されます。

3. BigLake コネクタを使用するオープンソース エンジンからのクエリ: BigLake コネクタは BigQuery Storage API を使用し、対応する料金が適用されます(バイト数の読み取りと下りの料金が請求されます)。

例: * 毎月 1 TB までは、BigQuery でのデータ処理を無料でご利用いただけます。