料金

このドキュメントでは、ワークフローの料金の詳細について説明します。Google Cloud 料金計算ツールを使用して、ワークフローの使用料金を見積もることもできます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の概要

ワークフローの料金は、課金対象ステップの数に基づいて月単位で計算されます。課金対象ステップには内部と外部があり、それぞれの料金体系は異なります。

課金対象ステップ

課金対象ステップは、ワークフロー ステップと同じであるとは限りません。ワークフローの定義ではワークフロー ステップを定義しますが、課金対象ステップはワークフロー実行の一環として特定のワークフローで実行されるオペレーションです。1 つのワークフロー ステップに複数の課金対象ステップが含まれる場合があります。

課金対象ステップとワークフロー ステップの違いの例を以下に示します。

  • 個々の call リクエストは 1 つの課金対象ステップであり、これには HTTP リクエスト、組み込み関数の呼び出し(sys.sleep など)、サブワークフローの呼び出しなどが含まれます。
  • 呼び出しの再試行はそれぞれ 1 つの課金対象ステップです。たとえば、ワークフローで HTTP 呼び出しを実行し、4 回の再試行を行う場合、このワークフロー ステップは 5 つの課金対象ステップに相当します。
  • 個々の変数割り当ては、同じ assign ワークフロー ステップ、別個の assign ワークフロー ステップのどちらで行われる場合でも、1 つの課金対象ステップです。

内部と外部の課金対象ステップ

課金対象ステップには次の 2 種類があります。

  • 内部課金対象ステップ: ワークフローの実行時に Google Cloud 内部で実行されるステップ。

    内部ステップには次のものがあります。

    • *.googleapis.com API に送信されるリクエスト
    • Cloud Functions の呼び出し
    • *.run.app ドメイン名を使用した Cloud Run の呼び出し
    • 変数の割り当てと評価
    • 条件文の評価
    • ユーザー定義または組み込みのサブワークフローの呼び出し
  • 外部課金対象ステップ: Google Cloud の外部にあるリソースに対する外部 HTTP リクエストを行うステップ(外部 API に送信されるリクエストなど)。これには、カスタム ドメインを使用する Google Cloud リソースに送信されるリクエストも含まれます。

内部課金対象ステップと外部課金対象ステップのいずれも、1,000 ステップを 1 つの単位として課金されます。仕組みについては、料金の例をご覧ください。

サブワークフローの費用

サブワークフローの料金は、通常のワークフローと同じ料金ガイドラインを使用して計算されます。そのため、サブワークフローを呼び出すと、サブワークフローのすべての課金対象ステップのコストと、そのサブワークフローに対する call オペレーションのコストを合算したコストが発生します。

無料の割り当て

Google Cloud の無料枠の一部として、ワークフローには特定の上限まで無料で使用できるリソースが用意されています。この使用量上限は、無料トライアル期間中および期間終了後にも利用できます。無料トライアル期間が終了すると、Always Free の上限を超えた使用量に対して、料金表に沿って課金されます。

リソース 1 か月あたりの無料使用量上限
内部課金対象ステップ 5,000
外部課金対象ステップ 2,000

料金表

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の例

毎月の費用は、すべてのワークフローで実行される内部と外部の課金対象ステップの合計数に基づきます。課金の計算は次のように行われます。各合計から無料の割り当て分を差し引き、カテゴリごとに完全に使用された 1,000 単位または部分的に使用された 1,000 単位をカウントし、それぞれに関連付けられている単位コストをカウント数に乗算し、これらの結果を足し合わせることによって、合計課金額が算出されます。

たとえば、1 か月のワークフローの実行で、合計で 6,500 の内部課金対象ステップと 3,999 の外部課金対象ステップが使用された場合は、次のようになります。

  • 使用された内部課金対象ステップの合計数: 6,500

    • 無料枠でカバーされる内部課金対象ステップ数: 5,000
    • 追加の内部課金対象ステップ: 1,500
      • 完全に使用された、または部分的に使用された 1,000 ステップ単位: 2
      • 内部ステップ 2 単位のコスト: 2 × $0.01 = $0.02
  • 使用された外部課金対象ステップの合計数: 3,999

    • 無料枠でカバーされる外部課金対象ステップ数: 2,000
    • 追加の外部課金対象ステップ: 1,999
      • 完全に使用された、または部分的に使用された 1,000 ステップ単位: 2
      • 外部課金対象ステップ 2 単位のコスト: 2 × $0.025 = $0.05
  • 1 か月の総請求額: $0.02 + $0.05 = $0.07