料金

Cloud Pub/Sub の料金は、暦月で使用されたデータ容量に基づいています。データ容量は、pull、ストリーミング pull、push、パブリッシュの各オペレーションのメッセージ データと属性データを使用して計算されます。

1 か月あたりのデータ容量 TB あたりの料金
最初の 10 GB $0.00
次の 50 TB $60
次の 100 TB $50
150 TB 超 $40
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。
料金は、TB(240 バイト、約 1.01 兆バイト)単位です。

請求対象となる最小データ量

リクエスト(メッセージではありません)ごとに請求対象となるデータ最小量は 1 KB のデータです。たとえば、100 個のパブリッシュ リクエストがあり、それぞれのリクエストに 500 バイトのメッセージがある場合、実際のデータ量は 50 KB になりますが、請求対象のデータ量は 1 KB/request x 100 requests = 100 KB になります。ただし、100 個すべてのメッセージが 1 つのパブリッシュ リクエストでパブリッシュされた場合、請求対象のデータ量は実際のデータ量(50 KB)に等しくなります。

メッセージ取り込みの例

オペレーションに予想される総費用を考えてみましょう。たとえば、アプリケーションで 2 つのサブスクリプションのあるトピックに 1,024 KB のメッセージを 1 MiB/秒でパブリッシュするとします。サブスクライバーが常時稼働し、Cloud Pub / Sub が 1 MiB/秒で取り込みを行い、2 MiB/秒で配信を行うとします。この場合、合計のデータ伝送速度は 3 MiB/秒になります。30 日間で計算すると、この量は (3 MiB/second x 3600 seconds/hour x 24 hours/day x 30 days)/(2^20 MiB/TB) = 7.416 TB となります。ここから無料枠(10 GB)を差し引くと、データ量は 7.415 TB となり、$ 60/TB 層ですので料金は $ 444.90 になります。

プロジェクト間での請求

複数のプロジェクトで Cloud Pub/Sub を使用している場合、Cloud Pub/Sub の料金は、リクエストされたリソース(たとえば、サブスクリプション)を含むプロジェクトに課金されます。たとえば、プロジェクト A のサービス アカウントに、プロジェクト B(請求先アカウント B)のサブスクリプションに対するサブスクライバー アクセスが付与されているとします。この場合、請求先アカウント B には、サービス アカウント A がサブスクリプションから取得するデータの料金が課金されます。サブスクリプションがプロジェクト A に含まれている場合は、サブスクリプションがプロジェクト B 内のトピックに関連付けられていても、サブスクリプションから取得されるデータの料金はアカウント A に課金されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Pub/Sub ドキュメント