料金と割り当て

このドキュメントに記載されている料金の変更は、2017 年 5 月 22 日より有効となります。既存のレポジトリへのアクセスを継続するには、2017 年 8 月 21 日までに請求先アカウントを作成する必要があります。この 90 日の猶予期間が過ぎた後は、請求先アカウントを作成していないと、git プロトコルによって CSR レポジトリにアクセスしたり、そのレポジトリへのアクセスを作成したりできなくなります。ご質問やご不明な点がございましたら、Google Cloud 課金サポートまたはお客様のアカウント マネージャーにお問い合わせください。

Cloud Source Repositories は、請求先アカウントごとに最大 5 名のプロジェクト ユーザー 1 が無料で利用できます。無料階層には最大計 50 GB の無料ストレージと、1 か月あたり 50 GB の無料下りバイトが用意されています。Cloud Source Repositories では常に無制限のレポジトリを使用できます。

無料階層 超過料金
5 ユーザーまで 5 プロジェクト ユーザーを超えるとプロジェクト ユーザーあたり $1/月
50 GB ストレージ GB ストレージあたり $0.10/月
50 GB(下り) GB(下り)あたり $0.10/月

1 プロジェクト ユーザーは、固有のプロジェクトにおける固有のユーザーです。たとえば、同じ請求アカウントで 2 つのプロジェクトを扱う場合、プロジェクト ユーザーの数は 2 になります。同じ請求アカウントで、あるパートナーと 3 つのプロジェクトにおいて作業する場合は、無料階層の 5 プロジェクト ユーザーという制限を超過することになります。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Cloud ソース レポジトリ