銀行口座の確認

国によっては、口座振替によるお支払い方法として銀行口座を使用する場合、その口座の確認が必要になることがあります。口座の請求先住所が米国内である場合は、その口座をお支払い方法として追加してから数日以内に、口座に少額のテスト デポジットが入金されます。テスト デポジットが入金されたら、下のテスト デポジットの確認と入力の説明に沿ってそのデポジットを確認してください。

テスト デポジットが入金されるまで数日間も待ちたくない場合は、米国の銀行口座であれば、下の口座の即時確認の説明に沿って即時に口座を確認できます。

テスト デポジットの確認と入力

請求先アカウントに銀行口座情報を追加すると、3~5 営業日後に少額のテスト デポジットが銀行口座に入金されます。

テスト デポジットを確認するには:

  1. 銀行の記録を確認し、Google Inc. または Google の決済パートナーである AFS によるデポジットを探します。デポジットは $0.15~$1.15 になります。
  2. デポジットを確認したら、デポジットの正確な金額をメモします。
  3. Google Cloud Platform Console にログインします。
  4. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  5. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するための [リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  6. [お支払い設定] をクリックします。
  7. 銀行口座を探して、[テスト デポジットの確認] をクリックします。
  8. テスト デポジットの金額を入力し、[送信] をクリックします。
  9. 正しい金額を入力すると、アカウントが確認され、銀行口座をメインのお支払い方法として利用できるようになります。

テスト デポジットの失敗

まれに、テスト デポジットの入金が失敗することがあります。この場合は、メールが送信され、[請求先アカウント] にもお知らせが表示されます。テスト デポジットが失敗する理由としては、以下のようにさまざまなものがあります。

  • 銀行口座情報が正しくない。
  • 銀行口座がすでに存在していない。
  • ご利用の銀行口座に、口座振替による自動支払いに対する制限がある。

テスト デポジットが入金されない場合は、入力した銀行口座情報に間違いがないことを確認してください。手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Platform Console にログインします。
  2. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するための [リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [お支払い設定] をクリックします。
  5. [利用可能なお支払い方法] セクションで、銀行口座情報を確認します。口座の詳細情報がすべて正しいかどうかチェックします。
  6. 次に、以下のいずれかを行います。

    • 銀行口座の詳細が正しい場合は、ご利用の銀行にお問い合わせのうえ、口座からの自動支払いを妨げるような制限がないかどうか確認してください(このような支払い方法は口座振替と呼ばれる場合もあります)。銀行の制限により自動支払いが許可されない場合、その口座をお支払い方法として利用することはできません。許可される場合、口座を元に戻すには、まずその口座を請求先アカウントから削除し、その後新しい支払い方法を登録する方法で口座情報をもう一度追加し直してください。
    • 銀行口座の詳細が正しくない場合は、新しいお支払い方法として銀行口座をもう一度追加する必要があります。不正確な口座情報は、あとでアカウントから削除できます。

お支払い方法として銀行口座を追加または削除する方法の詳細については、お支払い方法の追加、削除、更新をご覧ください。

テスト デポジットに代わる方法として、米国の銀行口座であれば、下記の説明に沿って口座を即時確認できます。

口座の即時確認

Google Cloud Platform のお客様には、口座の即時確認をご利用いただけます。完了までに数日以上かかるテスト デポジットの確認方法と違い、口座の即時確認を使用すると、銀行口座がお客様のものであることを数秒で確認できます。

次のいずれかの状況に当てはまる場合は、口座の即時確認を使用できます。

各状況については、次のセクションで説明します。

銀行口座の即時確認を行う際には、次のような重要な留意事項があります。

  • 銀行名が正しいことを確認してください。間違っている場合は、[お支払い設定] ページに戻り、銀行情報を確認します。
  • Google Cloud Platform アカウントへのログインに使用する資格情報ではなく、オンラインで銀行にログインするのに使用する資格情報を入力する必要があります。
  • 銀行への接続に問題が発生して即時確認が失敗した場合は、後でもう一度やり直すか、または上記のテスト デポジットによる確認方法を利用してください。

銀行口座情報をまだ入力していない

米国の銀行口座情報を初めて入力する場合は、即時確認と、テスト デポジットによる確認のいずれかを選ぶことができます。口座の即時確認を使用して銀行口座情報を確認するには、米国の銀行口座情報を入力してから、次の手順に沿ってください。

  1. Google Cloud Platform Console にログインします。
  2. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するための [リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [お支払い設定] をクリックします。
  5. [確認方法を選択してください] ページで、[今すぐ確認] を選択して [次へ] をクリックします。
  6. 銀行にオンラインでログインするのに使用するユーザー ID とパスワードを入力します。
  7. 銀行口座の即時確認に同意するチェックボックスをオンにします。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. 必要に応じて追加のセキュリティ情報を入力し、[次へ] をクリックします。
  10. [OK] をクリックします。

これで銀行口座が確認されました。

銀行口座情報を最近入力した

米国の銀行口座を最近追加し、テスト デポジットによる確認ではなく即時確認を使用したい場合は、簡単に切り替えることができます。口座の即時確認を使用して銀行口座情報を確認するには、米国の銀行口座情報を入力してから、次の手順に沿ってください。

  1. Google Cloud Platform Console にログインします。
  2. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するための [リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [お支払い設定] をクリックします。
  5. 銀行口座の [ご利用可能なお支払い方法] セクションで、赤色のアラートバーの [今すぐ確認] をクリックします。
  6. [今すぐ確認] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. 銀行にオンラインでログインするのに使用するユーザー ID とパスワードを入力します。
  8. 銀行口座の即時確認に同意するチェックボックスをオンにします。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. 必要に応じて追加のセキュリティ情報を入力し、[次へ] をクリックします。
  11. [OK] をクリックします。

これで銀行口座が確認されました。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。