割り当ての操作

Google Cloud Platform(GCP)では、プロジェクト オーナーのリソース使用量に割り当てが適用され、プロジェクトで使用できる特定の GCP リソースの量が厳しく制限されます。割り当てによるリソース使用量の制限には、次の 2 種類があります。

  • 1 日あたりの API リクエストの数など、頻度に基づく割り当て制限。このような割り当ては、1 分や 1 日など、指定された時間が経過するとリセットされます。
  • プロジェクトで使用されている仮想マシンやロードバランサの数など、数量に基づく割り当て制限。このような割り当ては、時間が経過してもリセットされません。リソースを使用する必要がなくなったら、GKE クラスタを削除するなどして、明示的に解放する必要があります。

割り当てが適用されるのには、さまざまな理由があります。たとえば、割り当てを適用することで予期しない使用量の急増を防ぎ、GCP ユーザーのコミュニティを保護します。割り当てはリソース管理にも役立ちます。たとえば、アプリケーションの開発とテストを行う際に、Google から指定された割り当て内でサービスの使用量に独自の上限を設定できます。それぞれの割り当て制限は、API に対する 1 日あたりのリクエスト数から、アプリケーションで使用されるロードバランサの数まで、カウント可能な特定のリソースについて表されます。

同じサービスでも、すべてのプロジェクトに同じ割り当てが適用されるわけではありません。たとえば、無料トライアル アカウントを使用してプラットフォームを試用する場合は、割り当て量が非常に限られていることがあります。一部のサービスについては、プロジェクトで課金を有効にした後にのみ、割り当てを増やすことができます。Google Cloud Platform の利用期間が長くなると、それに応じて割り当てが増えることがあります。必要に応じて割り当ての増加をリクエストし、Stackdriver でモニタリングとアラートを設定して割り当て使用量の異常な動作や割り当て不足を警告することもできます。

このページでは、既存の割り当て上限を確認して変更する方法や、割り当ての増加をリクエストする方法、割り当て使用量のモニタリング方法など、プロジェクトの割り当てを操作する方法について説明します。API 使用状況の他の指標の表示方法については、API 使用状況のモニタリングをご覧ください。

割り当ての確認

Google Cloud Console で現在の割り当て制限を確認するには、主に次の 2 つの方法があります。

  • [割り当て] ページを使用すると、すべてのプロジェクトの割り当ての使用状況と制限のリストを確認できます。

  • コンソールを使用すると、リソース使用量の推移など、特定の API の割り当て情報を確認できます。

さらに、一部のサービスでは、割り当てやリソース使用量に関する情報にコマンドラインからアクセスすることもできます。たとえば、Compute Engine では、gcloud compute を使用して割り当て情報にアクセスできます。

割り当て使用量をモニタリングする方法については、以下の割り当て指標のモニタリングをご覧ください。

プロジェクトのすべての割り当てを表示する

プロジェクト内のすべてのリソースの割り当て(割り当ての使用状況と制限)を表示する手順は次のとおりです。

  1. GCP Console の [IAM と管理] の [割り当て] ページに移動します。
  2. プロジェクト リストからプロジェクトを選択するか、新しいプロジェクトを作成します。選択したプロジェクトの [割り当て] ページが表示され、各サービスで使用できる割り当ての種類ごとに項目が 1 つずつリストされます。
  3. (オプション)結果をソートしたり、フィルタリングしたりして、必要な情報を確認します。

    • ページの上部にあるフィルタを使用して、[割り当てのタイプ]、[サービス]、[指標]、[場所] を基準としてリストを調整します。
    • デフォルトでは、過去 7 日間のピーク使用量に基づいて、最も多く使用されている割り当てが最初に表示されるようにリストがソートされます。そのため、超過する恐れがある制限を確認するのに便利です。[7 日間のピーク使用量] の矢印を選択すると、使用量が最も少ないものが最初に表示されるように切り替えることができます。

このリストには、特定の割り当ての [現在の使用量] も表示されます。数量に基づく割り当ての場合、現在の使用量は、現在使用しているリソースの量です。1 日あたりの頻度に基づく割り当ての場合は、現在の日付におけるその時点までの使用量です。1 分または 100 秒あたりの頻度に基づく割り当ての場合は、過去 24 時間の平均使用量です。

特定のサービスの割り当てとそれらの意味については、それぞれのドキュメントに詳しく記載されています。たとえば、Compute Engine の割り当てについては、リソースの割り当てをご覧ください。

API 固有の割り当て

使用量の推移など、特定の API の詳細な割り当て情報を確認するには、コンソールの API の割り当てページを使用します。API に応じて、これらの制限には、1 日あたりのリクエスト数、1 分あたりのリクエスト数、ユーザーごとの 1 分あたりのリクエスト数などがあります。一部の API では、プロジェクトで課金を有効にするまで、非常に低い制限が設定されています。

特定の API の現在の制限を表示する手順は次のとおりです。

  1. GCP Console の [API とサービス] の [ダッシュボード] ページに移動します。
  2. プロジェクト リストからプロジェクトを選択するか、新しいプロジェクトを作成します。
  3. 対象の API の名前をクリックします。
  4. [割り当て] をクリックします。選択した API の割り当ての名前とそれに対応する制限が [割り当て] ページに表示されます。デフォルトでは、これらの制限は Google によって課せられているものです。さらに低い制限を指定する方法については、使用量の上限を設定するをご覧ください。特定の割り当てについて Google によって課せられた制限がない場合、その制限は [無制限] として表示されます。

すべての割り当てが API 固有の割り当てページに表示されるわけではありません。たとえば、Compute Engine API に対するリクエストには API 固有の割り当てページがありますが、Compute Engine のコンピューティング リソース使用量(数量に基づく割り当て)はこのページには表示されません。また、複数のロケーションでサービスを使用している場合、API 固有の割り当てページには、リージョンやゾーンの割り当ての制限と使用量は表示されません。プロジェクトのすべての割り当てのリストを確認したり、ロケーションでリストをフィルタリングしたりする方法については、プロジェクトの [割り当て] ページをご覧ください。

割り当ての管理

リソースの使用状況に応じて、プロジェクトの割り当てを増やしたり減らしたりして制限を調整できます。このセクションでは、指定されている割り当て制限を変更する方法について説明します。

割り当ての増加をリクエストする

割り当て制限がある課金対象のほとんどのサービスについて、割り当ての変更をリクエストできます。手順は次のとおりです。

  1. [割り当て] ページで、チェックボックスを使用して、編集する割り当てを 1 つ以上選択し、[割り当てを編集] をクリックします。チェックボックスをオンにするには、プロジェクトで課金が有効になっている必要があります。
  2. 右側の [割り当ての編集] パネルで、[名前]、[メール]、[電話] などの詳細をフォームに入力し、[次へ] をクリックします。
  3. [割り当ての編集] パネルで、サービスを選択してビューを展開し、そのサービスの割り当てを編集して、目的の制限に設定します。[完了] をクリックします。
  4. 選択した各サービスで同じ手順を繰り返して割り当てを編集します。
    • アラート アイコン(error)が表示されているサービスはまだ編集されていないか、入力されていないフィールドがあります。
    • 編集する割り当てを追加するには、左側のリストから割り当てを選択します。
    • 削除アイコン(delete)をクリックすると、[割り当てを編集] パネルからサービスを削除できます。
  5. 割り当ての編集が完了したら、[リクエストを送信] をクリックします。

GCP の割り当てリクエストは通常、2 営業日以内に迅速に処理されます。リクエストの確認メールが GCP サポートから送信されます。不明な点がある場合は、そのメールに返信してください。割り当て量の増加が大きい場合は、承認に時間がかかることがあります。

使用量の上限を設定する

割り当ての上限を独自に設定することで、特定のリソースの使用量を制限できます。たとえば、無料枠の使用制限を超えた使用量について課金されるのを防ぐために、1 日あたりのリクエスト数の上限を設定できます。割り当ての上限を設定する最も簡単な方法は、API 固有の割り当てページで制限を編集することです。

  1. 使用量を制限する API のコンソールの割り当てページに移動します。
  2. 割り当てを変更する行で編集アイコンedit)をクリックし、Google が指定する上限以下の任意の合計割り当て量を入力します。
  3. [保存] をクリックして、変更を保存します。

このページに表示されていない割り当ての上限を設定する場合、または指定されている最大量よりも高い上限を設定する場合は、割り当ての増加をリクエストするで説明した割り当ての編集プロセスに従って制限を編集する必要があります。

割り当て指標のモニタリング

GCP では、Google Cloud Console で基本的な割り当て情報を表示する以外に、Stackdriver API と UI を使用して、Metrics Explorer に表示される割り当て指標によって、割り当て使用量、制限、エラーをより詳細にモニタリングできます。これらの指標を使用してカスタム ダッシュボードを作成し、割り当て使用量の変化をモニタリングできます。また、割り当ての上限に近づいたときにアラートを受信できます。

Stackdriver はさまざまな指標をサポートしています。これらの指標とフィルタや集計を組み合わせることで、割り当て使用量を詳しく分析できます。たとえば、Cloud TPU で数量に基づく割り当て使用量カウント指標を quota_metric フィルタと組み合わせることができます。

Metrics Explorer に移動

Metrics Explorer で割り当て指標を表示するには、リソースタイプとして [Consumer Quota] を選択します。次に、[Allocation quota usage] または [Rate quota usage] を選択して、数量または割合に基づく割り当ての使用量をモニタリングします。その後、フィルタと集計オプションを使用して、データをさらに絞り込みます。必要な割り当て使用量の情報が見つかったら、Stackdriver を使用して、堅牢なアプリケーションのモニタリングと維持に役立つカスタム ダッシュボードとアラートを作成します。同様に、割り当て制限または超過エラーを表示するには、まずリソースタイプとして [Consumer Quota] を選択し、次に [Quota limit] または [Quota exceeded error] を選択します。手順については、次のページをご覧ください。

割り当て指標に関する詳細なリファレンスについては、Stackdriver Monitoring ドキュメントをご覧ください。

割り当てのエラー

サービスの使用中にプロジェクトで特定の割り当てを超えた場合、プラットフォームからエラーが返されます。

一般に、HTTP/REST を使用してサービスにアクセスしている場合は HTTP 429 エラーコードが返され、gRPC を使用している場合は ResourceExhausted が返されます。このエラーがどのように表示されるかは、サービスによって異なります。

Stackdriver を使用している場合は、Stackdriver を使用してエラーに関連付けられている割り当て特定し、割り当てエラー発生時に表示されるカスタム アラートを作成できます(割り当て指標のモニタリングを参照)。プロジェクトの割り当て超過エラーが発生すると、Stackdriver カスタム ダッシュボードの選択項目として、割り当てエラー指標のみが使用可能になります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...