Data Studio での一定期間の利用額情報の可視化

Google Cloud Platform の請求を BigQuery にエクスポートする機能と Google Data Studio を組み合わせることにより、終日にわたって請求金額の最新のグラフを表示し、ラベルを使用して GCP 請求を任意の方法で分析することができます。

Google Data Studio ダッシュボード

BigQuery への課金データのエクスポート

課金データを BigQuery データセットにエクスポートするには、BigQuery への課金データのエクスポートの手順に従ってください。この手順を実行してから、データセットに課金データが取り込まれるまで、約 1 日かかります(ネットワーク下り料金が最初に表示されてから順に、VM の料金、Cloud PubSub の使用量などが表示されるはずです)。データセットでデータを取得したら、次のようにクエリを実行できます。

Google Cloud Platform 課金クエリ

請求レポートのサンプルでの作業

請求レポートのサンプルを表示してコピーするには、請求レポートのデモをご覧ください。左側のナビゲーション ペインで [コピーを作成] をクリックし、画面の指示に従って Data Studio での作業を開始します。

Google Data Studio ダッシュボード

ラベルを使用した課金レポートの詳細な分析

ラベルを使用すると、「Sevice X にはどのような費用がかかるか」や「開発環境と本番環境の利用額の違いは何か」といった複雑な質問に回答することができます。キーと値のペアであるラベルを GCP リソースに適用します。ラベルの一般的な使用方法は次のとおりです。

  • チームまたはコストセンターに基づくラベル。これらのラベルにより、各チームが所有するプロジェクトを区別することができ、原価計算や予算編成に役立ちます。ラベルの例: team:marketingteam:research
  • コンポーネントに基づくラベル。ラベルの例: component:rediscomponent:frontend
  • 環境またはステージに基づくラベル。ラベルの例: environment:prodenvironment:test

サンプルのレポートとデータセットでは、ラベル service を使用してさまざまなアプリのリソースを整理しています。このラベルを設定し、[リソースの課金] ページでフィルタを使用すると、単一のサービス、すべてのサービス、またはそれらの任意の組み合わせの費用を割り出すことができます。

Google Data Studio リソースの課金