コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
ジャンプ先

Cloud FinOps とは

技術、財務、ビジネスを一体化する運用フレームワークであり、組織文化を変革するものです。クラウド変革を通じて財務のアカウンタビリティを高め、ビジネス価値の実現を推進します。

・FinOps により、企業は財務のアカウンタビリティを高め、ビジネス価値を最大化できる

・FinOps は、従来の IT 財務管理における複雑さと課題の理解に役立つ

・FinOps がビジネス価値の実現に向けた構成要素と主要な成功指標を特定するのに役立つ

Cloud FinOps の価値

1. ビジネス価値の実現とイノベーションの促進

2. 財務のアカウンタビリティと可視性の向上

3. クラウドの使用量と費用対効果の最適化

4.組織をまたいだ信頼関係と協力関係の実現

5. クラウド利用の拡散を防ぐ

Cloud FinOps の 5 つの主要構成要素

クラウドの FinOps 設計の原則を採用することで、自律性とコスト意識の文化を確立し、クラウドでの財務説明責任とビジネスのアジリティの両方を促進します。

アカウンタビリティとイネーブルメント

この柱は、リーンや一元化されたクロスファンクショナルなチーム(エンジニアリング、アーキテクチャ、財務、運用、アプリオーナーなど)の編成に重点を置き、ガバナンスを確立してクラウド費用を管理するための基準を設定することです。

測定と実現

この軸は、トランスフォーメーションの成功を測定する主要なビジネス価値指標と KPI の開発に重点を置いています。多くの場合、最初は費用最適化の指標から始め、最終的には単位エコノミクスやビジネス価値の指標(トランザクションあたりの費用や顧客サービスあたりのコストなど)に移行しています。

費用の最適化

この軸は、主要なコスト最適化要因の特定に重点を置き、クラウドコストを最も費用対効果の高い方法で管理できる、一貫した手法を提供する反復的かつ継続的なプロセスです。

最適化の主な領域は次の 3 つです。

  1. リソースの最適化
  2. 価格の最適化
  3. アーキテクチャの最適化

計画と予測

クラウドで適切な計画と予測を行うには、組織は費用要因を理解し、支出を割り当て、効率をベンチマークに沿って評価する必要があります。

ツールとアクセラレータ

最後に、これをまとめて、クラウド費用を効果的に管理し追跡するには、適切なツールとアクセラレータを導入することが重要になります。以下が該当します。

  1. Google Cloud の費用管理ツールをデプロイして、リアルタイムの課金データと費用データを分析する
  2. クラウド費用と価値のトラッキングを管理するレポート ダッシュボードを開発する
  3. アカウントのガードレールと予算アラートを設定する自動化スクリプトを実装する

文化的原則

文化的原則は、クラウド FinOps プログラムの成功において重要な役割を果たします。

組織の規模やクラウドの経験にかかわらず、クラウド FinOps の取り組みを成功に導くためには以下のような指針が重要です。

説明責任

明確に定義された一連の KPI と指標を使用して、アプリケーション チームに価値実現レポートとコストの最適化を任せます。

アジリティ

予算割り当て、IT 支出、予測の反復的実施を促進することで、IT 部門内でのアジャイルな予算編成および計画策定のプロセスを推進する。

責任を追及されないこと

失敗を、誰も責めることのない、既存のプロセスについて学習し改善する機会と考える。

ビジネス価値の実現

FinOps の成功は、ビジネス価値の観点から意思決定が行われる場合に実現する。

コラボレーション

クラウド財務管理のために、IT 財務、アプリケーション開発、インフラストラクチャ チームと提携する。

費用の透明性

組織内のすべてのレイヤでリアルタイムの請求 / 費用データにアクセスする。

クラウドの変動性

クラウドの従量課金制の性質を活かし、変化し続けるニーズの中でお客様に動的にサービスを提供することにより利益を獲得する。

Cloud FinOps の影響を測定するための 5 つの重要な成功指標

影響を測定するには、明確に定義された成功指標が重要です。

アカウンタビリティとイネーブルメントに関する指標

この柱は、コストと価値を意識する文化を醸成し、クラウド FinOps でプロセスと文化に変革を起こす取り組みにおいて指針となるものです。この主な目標は、IT の財務プロセスを合理化してスムーズなクラウド ガバナンスを実現することで、財務アカウンタビリティを向上させ、ビジネス価値の実現を推進することです。

測定と実現に関する指標

優れたプロセスに欠かせないのが正確なデータと効果的な指標です。まず、クラウドコストを把握、追跡する必要があります。それを支えるのが適切なリソース階層とプロジェクト構造の標準です。また、組織におけるクラウド リソースの使用状況を明らかにする、ラベル付けおよびタグ付けデータ アーキテクチャも威力を発揮します。  

コストの最適化に関する指標

クラウドコストを最適化するには、コストを削減するだけでなく、ビジネス価値を最大化するにはどこに投資すればよいかを把握する必要があります。これは、一貫性のある方法を用いて、最も費用対効果が高い方法でクラウド使用量を可視化、管理する反復的かつ継続的なプロセスです。

計画と予測に関する指標

企業におけるクラウド コンピューティングの予測精度に直接影響するため、財務計画は財務組織に欠かせない能力です。企業の財務目標の指針となる、年単位で設定される財務指標の正確な予測に財務計画では力を入れます。

ツールとアクセラレータに関する指標

FinOps のプラクティスを最大限に活用するには、適切なツールとアクセラレータを導入することが重要になります。初期段階では、クラウド支出の詳細な分析をフル活用できないこともあります。

FinOps 用の 5 つの主要な指標のブログ投稿をご覧ください。

クラウド FinOps のメリット

以下は、FinOps のベスト プラクティスとプロセスに沿って企業が達成できるいくつかのハイレベルなメリットです。

費用対効果

インフラストラクチャの節約、移行、サポート費用による費用対効果を測定します。

インフラストラクチャ、サポート、実装に重点を置きます。

復元性

サービス品質とセキュリティ リスクの向上とともに、業務の復元力を高めます。

サービス品質、セキュリティ対策、運用の安定性に重点を置いています。

速度

プロダクトやサービスの流動性を加速することで、製品化までの時間を短縮します。

デベロッパーの生産性、リリース頻度、ビジネスのアジリティに重点を置きます。

Google Cloud でビジネスの課題を解決する

新規のお客様には、Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。
使ってみる
お客様独自の課題については、Google Cloud のセールス スペシャリストまで詳しくご相談ください。
お問い合わせ