BigQuery の Cloud Billing データテーブルについて

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、BigQuery の各テーブルへエクスポートされる Cloud Billing データのスキーマの参考情報を提供します。

課金データテーブル

BigQuery への Cloud Billing のエクスポートを有効にした直後に、課金データテーブルが BigQuery データセットに自動的に作成されます。

  • 標準の使用料金テーブル – BigQuery データセットでは、このテーブルには gcp_billing_export_v1_<BILLING_ACCOUNT_ID> という名前が付けられています。
  • 詳細な使用料金テーブル - 標準の使用料金テーブルのすべてのデータ項目に加えて、リソースレベルの費用データを提供する追加の項目(例: サービス使用量を生成する仮想マシンまたは SSD)が含まれます。BigQuery データセットでは、このテーブルの名前は gcp_billing_export_resource_v1_<BILLING_ACCOUNT_ID> です。
  • 料金データテーブル - BigQuery データセットでは、このテーブルには cloud_pricing_export という名前が付けられています。

データの読み込み頻度

標準の使用料金と詳細な使用料金のエクスポート:

  • BigQuery への標準の使用料金と詳細な使用料金のエクスポートを最初に有効にした際には、Google Cloud の費用データが表示されるまでに数時間を要する場合があります。
  • Google Cloud サービスは、Cloud Billing プロセスに使用量データと費用データについてさまざまな間隔で報告します。
  • Cloud Billing は、使用量と費用に関するデータを BigQuery データセットに定期的にエクスポートします(BigQuery へのエクスポートに対する配信やレイテンシの保証はありません)。
  • 使用状況レポートの頻度は Google Cloud サービスによって異なるため、最近使用した Google Cloud サービスの Cloud Billing の使用状況と費用のデータが表示されない場合があります。

料金のエクスポート:

  • BigQuery への料金データのエクスポートを最初に有効にした際には、Google Cloud の料金データが表示されるまでに最大 48 時間を要する場合があります。
  • 料金データのエクスポートを有効にすると、Cloud 請求先アカウントに適用される料金データが 1 日に 1 回 BigQuery にエクスポートされます。

データの可用性:

  • 標準の使用料金または料金データのエクスポートを有効にしているお客様の場合、BigQuery データセットには、最初にエクスポートを有効にした日以降に発生した Cloud Billing データのみが反映されます。Cloud Billing データは過去にさかのぼって追加されないため、エクスポートを有効にする前に使用した Cloud Billing データは表示されません。

  • 詳細な使用料金データを初めて有効にされるお客様の場合:

    • たとえば、マルチリージョン ロケーションを使用するように BigQuery データセットを構成すると、前月の初め以降の Cloud 課金データが利用可能になります。たとえば、9 月 23 日に詳細な使用料金データのエクスポートを有効にすると、エクスポートには 8 月 1 日以降のデータが含まれます。
    • リージョン ロケーションを使用するように BigQuery データセットを構成する場合、詳細な使用料金データは、Cloud Billing エクスポートを有効にした日付以降で利用できます。つまり、Google Cloud の課金データは、非マルチリージョン データセット ロケーションに対して遡及的に追加されることはありません。したがって、エクスポートを有効にする前の Cloud Billing データは表示されません。
    • 詳細な使用料金データのエクスポートを有効、無効、その後に再び有効にした場合、明示的に無効にされた期間の Cloud Billing データを使用できなくなる可能性があります。
  • エクスポートされたデータ(BigQuery エクスポート レコードなど)を削除した場合、削除されたレコードをバックフィルすることはできません。

  • BigQuery の読み込みは ACID に準拠しているため、データの読み込みが完了する前に BigQuery Cloud Billing のエクスポート データセットにクエリを実行しても、読み込み途中のデータが取得されることはありません。

  • 顧客管理の暗号鍵(CMEK)が有効になっているデータセットなど、BigQuery への課金データのエクスポートに影響する可能性のある他の制限事項をご覧ください。

制限事項

Cloud Billing データを BigQuery にエクスポートする場合、次の制限があります。

  • 標準使用料金と価格データを含むお客様の BigQuery データセットには、Cloud Billing のエクスポートを設定した日以降に生成された Google Cloud Billing データのみが反映されます。すなわち、Google Cloud の課金データが過去にさかのぼって追加されることはありません。エクスポートを有効にする前の Cloud Billing データは表示されません。詳細については、データの可用性をご覧ください。

  • 詳細な使用料金データを含む BigQuery データセットについては、サポートされているロケーションを使用するようデータセットを構成できます。データセットに構成するロケーションの種類は、Google Cloud Billing のデータをデータセットにエクスポートするタイミングに影響します。

    • データセットがマルチリージョン ロケーションを使用するように構成されている場合、エクスポートの再有効化を実施しない限り、データセットにはエクスポートを最初に有効にした時点を含む、前月の始め以降に発生した Google Cloud 課金データが反映されます。つまり、Google Cloud の課金データは、当月と前月について遡及的に追加されます。
    • データセットがリージョン ロケーションを使用するよう構成されている場合、詳細な使用料金データは、Cloud Billing のエクスポートを有効にした日付以降に発生した Google Cloud の課金データのみを反映します。つまり、Google Cloud の課金データは、非マルチリージョン データセット ロケーションに対して遡及的に追加されることはありません。したがって、エクスポートを有効にする前の Cloud Billing データは表示されません。
    • 詳細については、データの可用性をご覧ください。
  • 詳細な使用料金データをエクスポートする場合、Compute Engine に関するリソースレベルの情報も自動的にエクスポートされます。詳細なデータ エクスポートで Google Kubernetes Engine(GKE)クラスタの費用の内訳を表示するには、GKE の費用割り当ても有効にする必要があります。

  • BigQuery に課金データをエクスポートする場合、顧客管理の暗号鍵(CMEK)はサポートされません。課金データのデータセットに対して CMEK を有効にすると、Cloud Billing はデータセット内の適切なテーブルに課金データを書き込むことができなくなります。代わりに、データセットを構成して、Google が管理する鍵の暗号化を使用する必要があります。

  • タグは Compute Engine インスタンスに制限されており、BigQuery のエクスポートが反映されるまでに最大で 1 時間かかることがあります。1 時間以内にタグが追加または削除された場合、あるいはリソースの存在時間が 1 時間未満の場合は、エクスポートに表示されない可能性があります。

Google Cloud コンソールで利用可能な費用と料金のレポート