データセットの概要

このページでは、BigQuery のデータセットの概要について説明します。

データセット

データセットは、特定のプロジェクト内に含まれています。データセットは、テーブルビューへのアクセスを整理して制御するために使用されるトップレベル コンテナです。テーブルまたはビューはデータセットに属していなければなりません。したがって、データを BigQuery に読み込む前に、1 つ以上のデータセットを作成する必要があります。

データセットの制限事項

BigQuery データセットには次の制限があります。

  • 地理的なロケーションは作成時にのみ設定できます。データセットが作成されると、そのロケーションは不変になり、BigQuery ウェブ UI、コマンドライン ツール、または patch API メソッドや update API メソッドを呼び出して変更することはできません。
  • 1 つのクエリで参照されるすべてのテーブルは、同じロケーションにあるデータセット内に保存されている必要があります。

  • テーブルをコピーする場合、コピー元とコピー先のテーブルが同じロケーションに存在する必要があります。

  • データセット名はプロジェクトごとに一意である必要があります。
  • プロジェクトで何千ものデータセットにアクセスすると、ウェブ UI のパフォーマンスが低下し、データセットのリスティングが遅くなります。

データセットの割り当て

データセットの割り当てと制限の詳細については、割り当てと制限をご覧ください。

データセットの料金

データセットの作成、更新、削除については、課金されません。

BigQuery の料金の詳細については、料金をご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。