BigQuery API とライブラリの概要

概要

このページでは、BigQuery に関連するさまざまな API とライブラリの概要について説明します。Google Cloud 内のクライアント ライブラリの一般的な概要については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

使用可能な API

BigQuery には複数の機能があります。単一の API サービス内にすべての機能が存在するのではなく、いくつかの機能が異なる API 内に存在し、別々のライブラリを使用してアクセスされます。

BigQuery API

これは、主要な操作に使用される中心的な API です。この API には、データセット、テーブル、ジョブ、ルーティンなどの主要なリソースを操作するためのリソースがあります。

このライブラリと使用方法の詳細については、BigQuery クライアント ライブラリのページをご覧ください。

BigQuery Data Transfer API

この API は、マネージド取り込みワークフローに使用されます。ワークフローの例としては、Cloud Storage からのスケジュールされている定期的な取り込み、YouTube などの他の Google サービスからの分析データの自動取り込み、サービスと統合するパートナー事業者からのデータ転送などがあります。

この API では、BigQuery 内でスケジュールされたクエリの定義と管理もできます。

このライブラリと用途の詳細については、Data Transfer クライアント ライブラリのページをご覧ください。

BigQuery Connection API

この API は、BigQuery で Cloud SQL などのリモート データソースを操作できるように、リモート接続を確立するためのコントロール プレーンを提供します。一部の連携クエリ機能は、BigQuery API とライブラリ内で公開されています。

このライブラリと用途の詳細については、BigQuery Connection クライアント ライブラリをご覧ください。

BigQuery Storage API

この API は、独自のアプリケーションやツールから大量のマネージド データをスキャンする必要があるお客様向けに、高スループットのデータ読み取りを可能にします。この API はストレージのスキャンの並列メカニズムをサポートし、列プロジェクトやフィルタリングなどの機能の活用をサポートします。

このライブラリと用途の詳細については、BigQuery Storage クライアント ライブラリのページをご覧ください。

BigQuery Reservation API

この API は、企業ユーザーがスロットや BigQuery BI Engine のメモリ割り当てなどの専用リソースをプロビジョニングし管理するためのメカニズムを提供します。

このライブラリと用途の詳細については、BigQuery Reservation クライアント ライブラリをご覧ください。