認証のスタートガイド

アプリケーションのデフォルトの認証情報を使用すると、アプリケーションで独自の ID としてサービス アカウントの認証情報を使用して Google BigQuery のリソースにアクセスすることができます。

始める前に

アプリケーションのデフォルト認証情報

クライアント ライブラリは、アプリケーションのデフォルト認証情報を使うことによって、Google API で簡単に認証を行い、これら API にリクエストを送信することができます。アプリケーションのデフォルト認証情報により、ローカルでアプリケーションのテストを行い、基本となるコードを変更することなくアプリケーションを導入できるようになります。コードのサンプルを含む、詳しい情報は、Google Cloud Platform Auth ガイドをご覧ください。

BigQuery クライアント ライブラリを使用してサービス オブジェクトを作成し、明示的な認証情報を渡さない場合、アプリケーションはアプリケーションのデフォルトの認証情報を使用して認証されます。

C#

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

using Google.Cloud.BigQuery.V2;
using System;

public class BigQueryCreateDataset
{
    public BigQueryDataset CreateDataset(
        string projectId = "your-project-id",
        string location = "US"
    )
    {
        BigQueryClient client = BigQueryClient.Create(projectId);
        var createDatasetOptions = new CreateDatasetOptions()
        {
            // Specify the geographic location where the dataset should reside.
            Location = location
        };
        // Create the dataset
        return client.CreateDataset(
            datasetId: "your_new_dataset_id", options: createDatasetOptions);
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Sample bigquery-quickstart creates a Google BigQuery dataset.
package main

import (
	"fmt"
	"log"

	// Imports the Google Cloud BigQuery client package.
	"cloud.google.com/go/bigquery"
	"golang.org/x/net/context"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Sets your Google Cloud Platform project ID.
	projectID := "YOUR_PROJECT_ID"

	// Creates a client.
	client, err := bigquery.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}

	// Sets the name for the new dataset.
	datasetName := "my_new_dataset"

	// Creates the new BigQuery dataset.
	if err := client.Dataset(datasetName).Create(ctx, &bigquery.DatasetMetadata{}); err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create dataset: %v", err)
	}

	fmt.Printf("Dataset created\n")
}

Java

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

public static void implicit() {
  // Instantiate a client. If you don't specify credentials when constructing a client, the
  // client library will look for credentials in the environment, such as the
  // GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS environment variable.
  BigQuery bigquery = BigQueryOptions.getDefaultInstance().getService();

  // Use the client.
  System.out.println("Datasets:");
  for (Dataset dataset : bigquery.listDatasets().iterateAll()) {
    System.out.printf("%s%n", dataset.getDatasetId().getDataset());
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');

async function createDataset() {
  // Creates a client
  const bigqueryClient = new BigQuery();

  // Create the dataset
  const [dataset] = await bigqueryClient.createDataset(datasetName);
  console.log(`Dataset ${dataset.id} created.`);
}
createDataset();

PHP

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\BigQuery\BigQueryClient;

/** Uncomment and populate these variables in your code */
//$projectId = 'The Google project ID';

$bigQuery = new BigQueryClient([
    'projectId' => $projectId,
]);

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import bigquery

# If you don't specify credentials when constructing the client, the
# client library will look for credentials in the environment.
client = bigquery.Client()

Ruby

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

require "google/cloud/bigquery"

# This uses Application Default Credentials to authenticate.
# @see https://cloud.google.com/bigquery/docs/authentication/getting-started
bigquery = Google::Cloud::Bigquery.new

sql     = "SELECT " +
          "CONCAT('https://stackoverflow.com/questions/', " +
          "       CAST(id as STRING)) as url, view_count " +
          "FROM `bigquery-public-data.stackoverflow.posts_questions` " +
          "WHERE tags like '%google-bigquery%' " +
          "ORDER BY view_count DESC LIMIT 10"
results = bigquery.query sql

results.each do |row|
  puts "#{row[:url]}: #{row[:view_count]} views"
end

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。