認証の概要

BigQuery API を使用するには、まず認証を行い、クライアントの ID を検証する必要があります。検証された ID に基づいてリソースへのアクセスが承認されます。これらの入門ガイドでは、クライアントを認証して BigQuery API にアクセスする方法を示しています。

クライアントを認証して GCP API にアクセスする方法について詳しくは、Google Cloud Platform(GCP)API 認証ガイドをご覧ください。

サービス アカウント

サービス アカウントは、GCP プロジェクトに関連付けられた Google アカウントです。アプリケーションで、バッチ処理パイプラインなどのエンドユーザーの認証情報ではなく、サービスの認証情報に関連付けられたジョブを実行できる場合は、サービス アカウントを使用して BigQuery API にアクセスします。

ユーザー アカウント

エンドユーザーに公開されている BigQuery テーブルにのみ、アプリケーションからアクセスできるようにするには、ユーザー認証情報を使用します。ユーザー認証情報でクエリを実行できるのは、エンドユーザーの Cloud Platform プロジェクトに制限され、アプリケーションのプロジェクトに対しては実行できません。つまり、ユーザーはアプリケーションではなくクエリに対して課金されます。

API リクエストの承認

クライアントを認証したら、リクエストされたリソースへのアクセスをクライアントが承認されていることが認識されるために、アクセス トークンを BigQuery API に渡す必要があります。これは、BigQuery クライアント ライブラリを使用している場合は自動的に行われます。

  • クライアント ライブラリを使用していない場合は、承認ガイドでアクセス トークンの使用方法を確認してください。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。