BigQuery Data Transfer Service の有効化

BigQuery Data Transfer Service を使用するには、プロジェクトのオーナーとして次の手順を行う必要があります。

  • プロジェクトを作成して BigQuery API を有効にする
  • BigQuery Data Transfer Service を有効にする

Cloud IAM の役割について詳しくは、Cloud IAM ドキュメントの役割についての理解をご覧ください。

プロジェクトの作成と BigQuery API の有効化

BigQuery Data Transfer Service を使用する前に、プロジェクトを作成し、通常はこのプロジェクトで請求を有効にする必要があります。BigQuery Data Transfer Service で既存のプロジェクトを使用することも、新しいプロジェクトを作成することもできます。既存のプロジェクトを使用する場合は、BigQuery API を有効にする必要があります。

プロジェクトを作成して BigQuery API を有効にするには:

  1. Cloud Console で、[VM インスタンス] ページに移動します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  2. Cloud プロジェクトを選択または作成します。

  3. 次のいずれかのソースからデータを転送する場合は、プロジェクトで課金を有効にする必要があります。 課金の有効化が必要になるのは、プロジェクトごとに 1 回のみです。複数のソースからデータを転送する場合も同様です。BigQuery でデータをクエリする必要がある場合も、課金を有効にしなければならない可能性があります。
  4. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  5. 新しいプロジェクトでは、BigQuery が自動的に有効になります。既存のプロジェクトで BigQuery を有効にするには、 BigQuery API を有効にします。

    API を有効にする

BigQuery Data Transfer Service の有効化

転送を作成する前に、BigQuery Data Transfer Service を有効にする必要があります。BigQuery Data Transfer Service を有効にするには、プロジェクトのオーナーの役割が付与されている必要があります。

BigQuery Data Transfer Service を有効にするには:

コンソール

  1. API ライブラリの BigQuery Data Transfer ページを開きます。

  2. プルダウン メニューから、適切なプロジェクトを選択します。

  3. [有効にする] ボタンをクリックします。

    Data Transfer API を有効にします

従来の UI

  1. 従来の BigQuery ウェブ UI に移動します。

    従来の BigQuery ウェブ UI に移動

  2. [転送] をクリックします。

  3. [Enable] をクリックして、BigQuery Data Transfer Service へのアクセス許可が付与されるようにします。プロジェクトで初めて転送を有効にする際には、BigQuery Data Transfer Service へのアクセス許可の付与が必要ですが、付与後は、再度プロンプトが表示されることはありません。

    転送を有効にする

bigquery.admin アクセス権の付与

転送を作成するすべてのユーザーに、事前定義された Cloud IAM の役割 bigquery.admin が付与されている必要があります。bigquery.admin の役割には、次の BigQuery Data Transfer Service の権限が含まれます。

  • bigquery.transfers.update
  • bigquery.transfers.get

bigquery.admin の役割には bigquery.datasets.update 権限も含まれます。転送の宛先データセットにデータを書き込むには、bigquery.datasets.update 権限が必要です。

bigquery.admin 役割を付与するには:

Console

  1. Cloud Console で Cloud IAM ページを開きます。

    IAM ページを開きます

  2. [プロジェクトを選択] をクリックします。

  3. プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  4. [追加] をクリックしてプロジェクトに新しいメンバーを追加し、その権限を設定します。

  5. [メンバーの追加] ダイアログで、次の操作を行います。

    • [メンバー] で、ユーザーまたはグループのメールアドレスを入力します。
    • [役割を選択] プルダウンで [BigQuery] > [BigQuery 管理者] の順にクリックします。
    • [追加] をクリックします。

      管理者権限を付与する

CLI

gcloud コマンドライン ツールでユーザーまたはグループに bigquery.admin 役割を付与できます。

プロジェクトの Cloud IAM ポリシーに単一のバインディングを追加するには、以下のコマンドを入力します。ユーザーを追加するには、フォーマット user:user@example.com--member フラグを指定します。グループを追加するには、フォーマット group:group@example.com--member フラグを指定します。

    gcloud projects add-iam-policy-binding project_id \
    --member group/user:address \
    --role roles/bigquery.admin
    

ここで

  • project_id は、プロジェクト ID です。
  • group/userは、group または user です。
  • address は、ユーザーまたはグループのメールアドレスです。

例:

gcloud projects add-iam-policy-binding myproject \
    --member group:group@example.com \
    --role roles/bigquery.admin
    

コマンドから更新したポリシーが出力されます。

        bindings:
        - members:
          - group:group@example.com
            role: roles/bigquery.admin
        

BigQuery での Cloud IAM の役割については、事前定義された役割と権限をご覧ください。

次のステップ

BigQuery Data Transfer Service を有効にしたら、データソースの転送を作成します。

Google Software as a Service(SaaS)アプリケーション 外部クラウド ストレージ プロバイダ データ ウェアハウス また、Google Cloud Marketplace では、いくつかのサードパーティ転送を利用できます。